髪型について|求人・転職エージェント

面接対策完全ガイド

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

髪型について

面接対策完全ガイド 転職成功ノウハウ

新卒、転職問わず、初めての人に合う時に大切なのが第一印象です。特に企業の面接では限られた時間で自分を精一杯アピールして、面接官に好印象をもってもらうことが最重要ポイントとなります。また新卒採用とは違い、転職の面接では志望者に社会人としてのビジネスマナーが備わっていることが期待されているので、身だしなみはきちんと整っていることが最低条件とされています。ここでは、第一印象の中でも大きな影響を与える髪型で気をつけたいことを解説していきます。

身だしなみの印象で大切なポイント

身だしなみを整えるのが大切だということは知っていても、特にどのようなポイントに気をつければ良いのか不安に思うこともあるでしょう。身だしなみの印象で大切なポイントは3つあります。

顔が見える

面接では自己PRや志望動機などさまざまな質問を受けそれに対して答えていきますが、その内容は全てエントリーシートや職務経歴書、履歴書に記載されています。そして採用担当者は事前にそれらを確認しています。そのため、面接では話す内容よりも話している人の雰囲気や態度を重要視しているといえます。そのため、いくら一生懸命熱意を持って話していても顔が見えないとそれが伝わりませんし、反対に「この人は暗い人だ」「自信がない」という印象を与えてしまうことにもなります。面接のときには顔がはっきり見えるヘアスタイルを心がけましょう。

清潔感がある

顔が見えるように前髪を上げたりサイドの髪の毛をまとめたりしても、ヘアスタイル剤がべっとりついてテカテカしていたり、おくれ毛が目立ってボサボサしていたりすると印象はよくありません。面接で好印象をもってもらうには「清潔感」がとても重要となります。一生懸命いろいろなテクニックを施して髪をまとめるよりも、シンプルな髪型の方が面接官からの印象が良く、志望者自身も落ち着いて面接に臨むことができます。

ビジネスの場面にふさわしいか

面接は確かに面接官から好印象をもってもらうことが、身だしなみにおいて大切なポイントです。しかし、根本的なこととして、「実際に志望企業で働くのにふさわしいか」ということがあります。いくら面接官が個人的に好みの髪型であっても、社風や業界に合わなかったりそのままクライアントへ出向くのにふさわしくない髪型であったりするのはよくありません。これから面接というときに鏡の中の自分を見て、自分が一緒に働きたいと思える髪型かどうかチェックしてみましょう。自分ではわからないという人は友人や家族、先輩に聞いてみるのも良い方法です。

長さ別に解説、髪型のポイント

髪の毛の長さ別に押さえておきたい髪型のポイントについてご紹介します。

ショート

男性であれば基本的に清潔感の出せるショートカットが良いでしょう。耳に髪がかからないようにし、襟足もすっきり整えましょう。女性のショートは、短すぎるとボーイッシュで強気な印象を与えてしまうので、女性らしさを残した長さが良いでしょう。サイドの髪は耳にかけるとより明るい印象になります。男女共にショートカットの人の中には、前髪をとても短くすることを好むことがあります。短すぎる前髪は面接には不向きですので、上に上げるか、眉毛にかからない程度までの適度な長さに伸ばすようにしましょう。

ミディアム・ロング

男性の場合は、基本的に避けましょう。女性でも、そのままだとビジネスシーンには少し不向きだといえます。サイドの髪をすっきりとまとめるようにしましょう。また、後ろでひとつにまとめることができる場合はまとめるようにします。ポニーテールにする場合は高くなりすぎると幼稚な印象になるので耳の延長線の高さまでにするようにします。ハーフアップにするのも好印象ですので試してみましょう。

スーパーロング

スーパーロングでそのままにしておくと見た目にはキレイかもしれませんが、お辞儀をするたびに髪がだらりとぶらさがったり、髪をかきあげたりしなければならないので面接にはふさわしくありません。後ろでお団子にすると清潔感が出ます。なお、サイドにまとめるのはカジュアルすぎるので面接に臨む時には避けましょう。

髪型の細部ではここに気をつけよう!

面接官に良い印象をもってもらおうと思うがあまり、気がつかないうちにふさわしくないものになっていることがある髪型。気をつけたいポイントを挙げていきます。

サイドの髪はすっきりと

せっかく髪の毛を後ろにひとまとめにしているのに、小顔効果を狙ってサイドをおろしている人を見かけます。これは顔の表情が見えづらくなりますし、だらしない印象を与えてしまうことがあります。サイドの髪は耳にかけるか、他の髪と一緒にすっきりとまとめるようにしましょう。

ダウンスタイル

上品さを出したいという目的で、髪の毛を下ろしたままにして面接に臨む人がいます。特に女性で長い髪の毛の人に多くみられます。しかし、おじぎをしたときに長い髪の毛がたれてしまいますし、顔を上げたときに顔にかかってしまいます。面接中はおじぎをする回数が多いので、何度も手で触らないといけなくなります。ビジネスをする上で手は書類に触れたり、クライアントと握手したりするので清潔に保っておきたいもの。そのため面接中に髪の毛触るのは避けましょう。髪型やセットを決める時点で、髪に触れなくてもよいことを考えておきましょう。

前髪はすっきりと清潔感があるように

面接中に面接官は志望者の表情をよく見ています。表情がはっきりとわかるように前髪はすっきりとスタイリングしたいものです。すっきりとしておきたいからといって短すぎたり、ぱっつんになっていたりすると幼稚で不真面目なイメージを与えてしまいますので避けるようにしましょう。眉が少なくとも片方見えるようにして、できれば上に上げたりサイドに流したりして清潔感のあるものにします。

パーマはできれば避ける

転職者は新卒者と違って普段働いているときにパーマでも構わない職場であることもあります。しかし、転職であってもクリエイティブ系やデザイン系など一部の業界を除いて過度のパーマは「不真面目である」、「清潔感がない」との印象を与えてしまいます。特に男性のパーマには気をつけましょう。男女問わずパーマスタイルの髪型がどうしても良いという場合はスタイリングする際にすっきりとした印象になるようにまとめましょう。

カラーは黒または自然に近い色に

転職活動を始めたとたんに髪の毛の色を黒にすると「この人は転職活動をしているのだ」と明らかにわかってしまうのが嫌だという人もいるでしょう。しかし、面接を受けるからには面接官からの印象を見た目だけで下げるのはもったいないことです。出来る限り黒または自然に近い色にしましょう。志望する業界や職種によっては髪の毛の色をそれほど重視しないところもあるかもしれませんが、確証が持てないのであればリスクを伴う行動は避けるべきです。中には洗い流せる黒髪にできるスタイリング剤もありますので、面接の際に活用するのもおすすめです。

面接にぴったりのヘアアイテムを選ぼう

女性は髪の毛をまとめるときにさまざまなヘアアイテムを使います。転職だからある程度のものは許されると思うかもしれませんが、面接ではその企業に合う人材かどうかを見られているので何でも良いというわけではありません。

暗めの色のアイテムを選ぶ

ファッションのアクセントにと思ってゴールドやシルバー、鮮やかな色をヘアアイテムに取り入れたいと思うかもしれませんが、できるだけ暗めの色のものを選ぶようにしましょう。後ろ姿まで面接官は見ていないと思うかもしれませんが、見ているかどうかではなくビジネスシーンにふさわしいかどうかで判断しましょう。黒やこげ茶、紺色など落ち着いた色を選ぶと良いでしょう。

ゴムは少量の髪の毛で巻いて隠すのがベター

ポニーテールなど髪の毛をまとめるときにヘアゴムを使うことも多いでしょう。落ち着いた色のヘアゴムを使うことはもちろんのことですが、可能であれば周りの髪を少量とって巻きつけピンでとめるとより好印象の髪型になります。

バレッタは派手すぎないデザインを

髪の毛をひとつにまとめるアイテムとしてヘアゴムと同様よく使われるのがバレッタです。バレッタにはさまざまなデザインやサイズのものがありますが、派手すぎず、ビジネスシーンに合うものをチョイスしましょう。

シュシュは避けよう

気軽に髪の毛を纏めることができるシュシュですが、面接に臨むスタイルとしては不向きです。落ち着いた色やデザインのものもたくさんありますが、どうしてもカジュアルすぎる印象を与えがちです。できれば避けるようにしましょう。

大きくて目立つものは避ける

志望者を面接官がパッと見た時に目がいってしまうような大きくて目立つヘアアクセサリーは避けましょう。髪の毛をまとめるためのツールであって、華やかさをプラスする必要はありません。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

面接対策完全ガイド 髪型についてページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。