面接時にふさわしい髪型・メイクは?男女別、身だしなみのマナー|求人・転職エージェント

面接対策完全ガイド

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

面接時にふさわしい髪型・メイクは?男女別、身だしなみのマナー

面接対策完全ガイド 転職成功ノウハウ

初めての人に会うときに大切なのが第一印象です。特に、企業の面接では、限られた時間で自分を精一杯アピールして、面接官に好印象を抱いてもらうことが重要です。また、新卒採用とは異なり、転職の面接では志望者に社会人としてのビジネスマナーが備わっていることが期待されるため、身だしなみがきちんと整っていることは最低条件といえます。
ここでは、髪型やメイクといった、面接時にふさわしい身だしなみのマナーを、男女別に解説します。

男女共通・面接の髪型で大切な3つのポイント

まずは男女ともに重要な、面接の際の髪型のポイントを見ていきましょう。

1.顔・表情が見えるか

面接の際には、顔がはっきりと見えるヘアスタイルを心掛けます。
面接では自己PRや志望動機など、様々な質問に答えていきますが、その内容は全てエントリーシートや職務経歴書、履歴書に記載されています。そして、採用担当者は、事前にそれらを確認しています。 そのため、面接では話す内容よりも、実際は話している人の雰囲気や態度を重視しているケースもあるのです。

いくら熱意を持って話していても、顔が見えないとそれが伝わりませんし、表情がよく見えないと、「この人は暗い人だ」「自信がなさそうだ」といった印象を与えてしまうこともあります。

2.清潔感があるか

面接で好印象を持ってもらうには、服装と同様に、髪型も「清潔感」が重要です。
顔が見えるように前髪を短くしたりサイドの髪の毛をまとめたりしても、スタイリング剤が髪にべっとりついてテカテカしていたり、おくれ毛が目立ってボサボサしていたりすると清潔感に欠け、印象は良くありません。

髪色は、できる限り黒または自然に近い色にしましょう。
志望先の業界や職種によっては、髪色をそれほど重視しないところもあるかもしれませんが、確証が持てないのであれば、無難な落ち着いたカラーを選びます。

3.ビジネスの場面にふさわしいか

面接における身だしなみは、面接官に好印象を持ってもらうことが重要ですが、根本的には「実際に応募先企業で働くのにふさわしいか」を見られていることを忘れてはいけません。 社風や業界に合わなかったり、そのままクライアントへ出向くのにふさわしくなかったりする髪型は避けるようにしましょう。

面接を受ける前に、一度鏡で自分を見て、一緒に働きたいと思える髪型や身だしなみかどうかチェックします。自分ではわからないという場合は、友人や家族、先輩に聞いてみるのもおすすめです。

面接時にふさわしい髪型(男性編)

ここからは、男性の面接時の髪型のポイントを見ていきましょう。

ショートや刈り上げがおすすめ

男性の場合、基本的にはショートカットや刈り上げのような、清潔感のある髪型を心掛けます。耳に髪がかからないようにして、襟足もすっきり整えましょう。

NGな髪型

面接に不向きな男性の髪型には、次のようなものがあります。

・金髪など派手な髪色
・ロン毛
・パーマ
・ツーブロック

普段、働いているときにパーマをかけていても、問題ない職場もあります。
しかし、転職であってもクリエイティブ系やデザイン系など、一部の業界を除いて、パーマのかけすぎは「不真面目である」「清潔感がない」とった印象を与えてしまうため、注意が必要です。

男女問わず、どうしてもパーマスタイルの髪型がいいという場合は、スタイリングする際にすっきりとした印象になるようにまとめましょう。

ワックスは使ってもOK?

ワックスなどのスタイリング剤は、清潔感やフレッシュ感を出す程度であれば、使用しても問題ありません。つけすぎてテカテカしたり、清潔感のない見た目になったりしないように気を付けます。

面接時にふさわしい髪型(女性編)

続いて、女性の面接時の髪型のポイントを見ていきましょう。髪型別のポイントの他、ヘアアイテムの選び方についてご紹介します。

髪型別のポイント

男性と比べ、様々な長さがある女性の髪型。長さごとのポイントは次のとおりです。

・ショートの場合

ショートであっても、サイドの髪や前髪で顔が隠れてしまうことがあるため、表情がよく見えるようにスタイリングするよう心掛けます。サイドの髪は、耳にかけるとより明るい印象になります。

・ミディアム・ロングの場合

ミディアムやロングの場合は、サイドの髪をすっきりとまとめるようにしましょう。後ろでひとつにまとめることができる場合は、できるだけまとめるようにします。
ポニーテールにする場合は、位置が高すぎると幼稚な印象になるため、耳の延長線の高さまでがベターです。ハーフアップにするのも好印象ですので、試してみるのもひとつの手です。

・スーパーロングの場合

スーパーロングの場合、そのままにしておくと見た目はきれいかもしれませんが、お辞儀をする度に髪がだらりとぶら下がったり、髪をかき上げたりしなければならないため、面接にはふさわしくありません。
長い髪は、後ろでお団子にすると清潔感が出ます。なお、サイドにまとめるのはカジュアルすぎる印象になってしまうため、面接では避けたほうが無難です。

ヘアアイテムの選び方

女性は、髪の毛をまとめるために様々なヘアアイテムを使います。
ヘアゴムやバレッタを使う場合は、暗めの色のアイテムを選びましょう。黒やこげ茶、紺色などの落ち着いた色がおすすめです。特にバレッタの場合、様々なデザインやサイズのものがありますが、派手すぎず、ビジネスシーンに合う物を選びます。

・ヘアゴムは髪で巻いて隠すのがベター

ヘアゴムを使う場合は、少量の髪の毛で巻いて、ゴムの部分を隠すのがベターです。
落ち着いた色のヘアゴムを使うことはもちろんですが、可能であれば、周りの髪を少量取って巻き付け、ピンで止めるとより好印象な髪型になります。

・シュシュや大きなヘアアクセサリーはNG

気軽に髪の毛をまとめることができるシュシュですが、面接に臨むスタイルとしては不向きです。
落ち着いた色やデザインだとしても、どうしてもカジュアルすぎる印象を与えてしまうため、できれば避けるようにしましょう。
シュシュだけでなく、相手がパッと見たときに視線に入ってしまうような、大きくて目立つヘアアクセサリーは避けてください。

メイク・ネイルのポイント

女性の場合、メイクやネイルといった身だしなみも、髪型と合わせて整えたいところです。

まずはメイクですが、基本的には派手すぎず、顔色がよく見えるようにします。顔色や表情を明るく見せるためにもノーメイクは避けて、最低限のメイクはしたほうがいいでしょう。

また、ネイルは、業界や会社のルールや傾向にならいます。禁止ならしない、OKでも薄いベージュかピンクの一色塗り程度が品のある印象となります。派手すぎる色や装飾は避け、爪の長さも短めに整えます。

面接時の身だしなみは重要な評価ポイント

髪型やメイクは、面接での第一印象を左右する重要な評価ポイントです。服装や持ち物がきちんと整っていても、髪型がだらしなかったり清潔感がなかったりすると、マイナスな印象が強くなってしまいます。ビジネスシーンにふさわしい髪型を意識して整えましょう。
髪型やメイクをきちんと整えることで、自然と自信がつき、面接でも緊張しすぎず、落ち着いて臨むことができるようになる効果も期待できます。

面接対策完全ガイド 面接時にふさわしい髪型・メイクは?男女別、身だしなみのマナーページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。