20代で未経験業界への転職を成功させる5つのポイント|求人・転職エージェント

転職成功ノウハウ

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

20代で未経験業界への転職を成功させる5つのポイント

転職ノウハウ
最終更新日:2020/12/15

20代は、未経験分野への転職も十分可能な年代です。しかし、何の準備もないままでは、転職を成功させることはなかなか難しいでしょう。

転職での「成功」とは、単に転職できたということではなく、転職した後、後悔せずに働き続けられるかどうかも含まれています。転職を後悔することがないよう、未経験分野に挑戦する際に心得ておきたいポイントをまとめました。

20代なら未経験転職も十分狙える

若ければ若いほど、ポテンシャルの高さを評価してもらいやすいため、20代前半であれば、未経験職種への転職も十分可能です。

20代後半の場合は、20代前半に比べ条件が厳しくなりますが、それでも、30代や40代よりはスムーズに転職活動を進められます。20代前半よりも社会人経験が長い分、基本的なビジネススキルを身に付けた若手である点を評価してもらえる可能性も高くなります。

異業種とはいえ、それまでの仕事で培った実績もありますから、自信を持って転職活動に挑みましょう。

未経験転職を成功させる5つのポイント

未経験分野への転職も狙いやすい20代とはいえ、何の準備もしないで転職活動を始めると、思わぬ壁にぶつかったり、転職後に後悔をしたりすることになりかねません。

未経験転職を成功させるために、これからご紹介する5つのポイントをしっかり押さえておきましょう。

1.転職理由を明確にする

未経験分野への転職を志す際は、「なぜその業種・職種を選ぼうとしたのか」を考える必要があります。「なんとなく別の仕事をしてみたかった」といった曖昧な理由や、「今の仕事が嫌だから」といったネガティブな理由では、面接官を納得させることはできません。どうしてこれまでのキャリアを捨てて新しい仕事にチャレンジしようと思ったのか、これまでの仕事についてはどう思っているのかをあらためて整理し、説明できるようにすることが大切です。

自分自身のキャリアプランを考える上でも、転職をなぜするのかについて掘り下げて考えるのは、とても重要です。転職に踏み切る前に、自分の人生にとってこの選択が本当に有益であるといえるのか、考える時間を持ちましょう。

2.業界・職種研究を行う

これまでとはまったく異なる仕事への転職を希望する場合、実態がよくわからないままでは、転職した後で理想と現実のギャップに苦しむことになるリスクが高まります。具体的な仕事内容や業界のルール、働き方などについて、あらかじめ調べておきましょう。

自分の知人や友人がその業界で働いているケースでも、良いところやおもしろいエピソードだけを話されている可能性もあります。「転職を考えているが、実態はどうなのか」ということをあらためて質問してみると、違った話が聞けるかもしれません。

3.未経験転職を積極採用している業界を狙う

20代であれば、どこの業界でも比較的転職は狙いやすい状況にあります。しかし、特に未経験者の転職を歓迎している企業が多い業界もあります。このような業界を狙うのであれば、よりスムーズに転職できるでしょう。

ただし、「未経験者を歓迎しているから」という理由だけで、業界を決めてしまうのはおすすめできません。あくまでも自分自身のやりたいことや目指す理由が固まった上で業界選びをすることが、転職の成功につながります。

4.実績の活かし方を考える

たとえ、業界や職種が未経験であっても、入社後にこれまで培ってきたスキルや知見を活かすことは不可能ではありません。

「コミュニケーション能力」や「問題解決能力」などは、どのような業界や職種でも必要とされるスキルです。面接や応募書類で、積極的にアピールしていきましょう。

5.勢いで転職を繰り返さない

「20代のうちならまだ新しい仕事にチャレンジできる!」といった思いから勢いで転職を進めてしまうと、再び「この仕事は合わないから転職したい」と考えるようになる可能性が高くなります。いくら20代であっても、一貫していない職種を転々としているようでは、有利な転職をするのが難しくなってしまいます。

「20代のうちにいろいろな経験をしてみたい」と思っている方も、自分の軸をしっかり定めて、なぜ転職するのか、転職先で何がしたいのかを一つひとつ説明できるようにしておく必要があります。 また、自分の中にしっかりしたビジョンがあったとしても、短期間で転職を繰り返している場合、「うちの会社もすぐに辞めてしまうのではないか」と思われるリスクがあることは理解しておきましょう。

自己分析と業界研究が20代の未経験分野への転職のカギを握る

未経験職種への転職も十分狙える20代ですが、だからといって、若さだけで押し切ろうとすると、転職失敗のリスクが高くなります。転職は、失敗を繰り返せば繰り返すほど悪循環に陥って、条件の悪い企業にしか就職できなくなってしまいます。

そのようなことにならないためには、日頃から自己分析をして自分の働き方を見つめておくことと、転職前の業界研究を怠らないことが大切です。しっかり準備をして、希望どおりの転職を目指しましょう。

この記事の監修者


この記事の監修者

万澤 勁太

株式会社マイナビ所属。転職エージェント歴3年。東海圏でメーカー・ITを中心に様々な業界で支援実績有。前職は大手自動車部品メーカーで生産管理を経験。業界知見や自身の経験を活かした転職支援を心がけています。

株式会社マイナビ所属。転職エージェント歴3年。東海圏でメーカー・ITを中心に様々な業界で支援実績有。前職は大手自動車部品メーカーで生産管理を経験。業界知見や自身の経験を活かした転職支援を心がけています。

 サービス紹介

20代で未経験業界への転職を成功させる5つのポイントに関するコラムページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。