Uターン転職におけるベストな年齢は何歳?年代別の転職事情を紹介

Uターン・Iターン・Jターン転職

大都会に疲れを感じているあなた、「Uターン」「Iターン」「Jターン」を
検討してみませんか?

Uターン転職におけるベストな年齢は何歳?年代別の転職事情を紹介

Uターン転職におけるベストな年齢は何歳?年代別の転職事情を紹介のイメージ

Uターン転職をする時期は人それぞれですが、多くの方が自分のライフステージの変化があった際にUターン転職を考えるのではないでしょうか。

  • 結婚、出産を機に地元に戻りたい
  • 両親が高齢になり、近くに住みたい

など、人生の大きな転機に決断されることが多いです。Uターン転職をすべきかどうか悩んでいる方は自分の今の状況を考えることが重要になるのです。

それでは、具体的に何歳ぐらいがUターン転職での適切なタイミングとなるのでしょうか。今回の記事では、地方転職を行う際の最適な年齢について解説していきます。

1.Uターン転職とは

そもそもUターン転職とは、出身地(故郷)を離れて仕事をしている方が、地元に戻り再度就職をすることをいいます。

最近では地方出身の方が大学時代を都市圏で過ごし、そのまま就職したものの、地元に戻るために転職するケースが多くあります。

1-1.Iターン・Jターン転職との違い

よく混同されがちなものに「Iターン」「Jターン」があります。それぞれUターンとは異なる用語になります。

Uターンは地元から進学などで都心に出たあと、転職や就職で地元に戻ることであり、Iターン・Jターンとの違いを表している図

・Iターン:都会に生まれ育ち、都心で就職した後、地方に移住して働くことを指します。
・Jターン:地方出身者が都会で就職し、その後生まれ育った故郷とは異なる地方で働くことを指します。

それぞれ、都会と地方で働く際の生活スタイルや環境、業務内容などが異なるため、様々な目的を持ち「U・I・Jターン」転職をされる方がいます。

2.年齢別Uターン転職事情

それでは、本題であるUターン転職の年齢について解説していきます。20代、30代、40代に分けて、それぞれの転職事情を見ていきましょう。

2-1.20代のUターン転職事情

20代でUターン転職をする人の転職理由は「もともと地元に帰るつもりだった」「都会の生活が自分に合わない」などが大半を占めています。

20代の場合、若手であれば第二新卒という枠で転職活動ができることや、若手を求めている企業も多いことなどから、比較的スムーズに転職が進む傾向にあります。

しかし、せっかく都会で就職をしているわけですから、一定のスキルが身につくまでは今の環境で働き続けることもおすすめできます。20代の前半であれば、そう急ぐ必要もないかもしれません。

2-2.30代のUターン転職事情

30代のUターン転職の多くは、「ライフステージの変化」という理由が多いのではないでしょうか。

様々なケースがあると思いますが、30代は社会人としての基礎能力もしっかり持っており、早い方ではマネジメント経験を積んでいる方もいる世代です。スキルさえ伴えば、比較的スムーズに転職活動を終えることが可能でしょう。

特にマネジメント経験は大きなポイントとなります。Uターン転職を考えている方は小さなプロジェクトなどでも構わないので、自分がリーダーとなりマネジメントの実績を積むことが重要です。

2-3.40代のUターン転職事情

40代のUターン 転職多くは、「親の介護」や「実家を継ぐ」などの理由が中心となってきます。自分も社会人として成熟したステージになり、今後のビジネスパーソンとしての在り方などを模索し始める時期と重なることも少なくありません。

40代の転職では、30代のときよりもより一層「マネジメント能力」を問われることになります。まず、マネジメント未経験では次の仕事に就くことは難しいと考えたほうが早いでしょう。

さらに、即戦力性も同時に求められているため、異業界や異業種への転職は困難となります。これまでの自分の経験を活かし、どのような職を探すべきか見極める必要があるでしょう。

3.最も適した年代は、「20代半ばから30代前半」

これはUターン転職に限ったことではないですが、転職市場における最も適した年代は20代半ばから30代前半となります。

社会人としての基礎はもちろん、1人のビジネスパーソンとして多くの経験を積み、まだまだ新しい知識やスキルを身に付けることのできる伸びしろも兼ね備えた世代だからです。

しかし、適齢だからといって誰もがスムーズに転職ができるわけではありません。これまでどのような経験を積み、どのような能力があるのか、またどのように次の会社で活かすことができるかなど。しっかりとしたキャリア構築が重要となるのです。

4.Uターン転職活動は在職中に行うべし

Uターン転職で1番の難関は「時間の捻出方法」になります。

Uターン転職での面接となると、地方の本社や支店などに面接に行かなければなりません。もちろん交通費の支給もないため、金銭面での調整も必要になります。

生活が苦しくなってきてしまうと、冷静な判断ができずに、焦って就職先を決めてしまうなどの失敗例もあります。そのため、可能な限り在職中に転職活動を行うようにしましょう。有給休暇をうまく利用することも重要です。

とはいえ、すべての企業で時間の融通が効くわけではありませんよね。在職中に転職活動を行うためのノウハウをご紹介します。

4-1.企業の人事担当者に相談してみる

企業へ直接コンタクトが取れる場合は、休日に選考ができないか、また交通費の支給有無などを確認すると良いでしょう。

考慮してくださる企業もありますので、最大限うまく活用するようにしましょう。

4-2.転職フェアに参加してみる

どうしても休暇の取得が難しく、何度も面接に足を運ぶことができない場合は、各地で開催される転職フェアに参加してみましょう。

1度に多くの企業と接点を持つことができるため、企業の比較検討を行うこともできますし、その場で1次面接をしてもらえるケースもあります。

4-3.転職エージェントに相談する

自分でのスケジュール調整が苦手な方や、企業と直接交渉することが苦手な方は転職エージェントの利用を強く推奨しています。

転職エージェントは、あなたの代わりに日程の調整を行います。たとえば休日に選考ができないかなどの交渉を行ってくれるのです。

また、求人情報だけではわからない情報を提供することができるため、「面接に行ったのに思っていた業務内容とまったく異なり、時間とお金が無駄になってしまった」といったことが起こりにくくなります。

エージェントを上手く活用することで、効率的かつストレスフリーに転職活動を行うことができるでしょう。Uターン転職をはじめとする地方転職を検討されている方は、ぜひ転職エージェントをご活用下さい!

>まずはキャリアカウンセリングでご状況をお聞かせ下さい!

マイナビエージェントでは、Uターン・Iターンを希望する皆様に、適切なサポートを行わせていただきます。

転職支援サービス申し込み

転職支援サービス申し込み