データベーススペシャリスト試験に合格するとどんな転職で役立つ?|求人・転職エージェント

IT業界の転職

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

転職でも有利となる
データベース
スペシャリスト試験

IT業界向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

データベーススペシャリスト試験は、データベースの幅広い専門知識が問われる国家試験です。IT系資格の中でも難度が高く、インフラエンジニアやシステムエンジニアが取得することで、高いスキルレベルを持っている証明となり、転職でも大きな効果を発揮します。

ここでは、データベーススペシャリスト試験の概要や難度、資格の取得方法や効果的な学習方法などを紹介します。

データベーススペシャリスト試験とは?

データベーススペシャリスト試験とは、経済産業省が認定する国家資格である「情報処理技術者試験」の、試験区分のひとつです。データベースに関するプロフェッショナルとして、最適なシステム基盤の企画や要件定義、開発、運用、保守ができる人材であることを証明することができます。

高いレベルでのデータベース企画・要件定義・開発から、運用・保守までカバーするため、試験範囲は多岐にわたります。データベースのスペシャリストは、情報システムの企画から保守までの技術支援を行う立場ですので、システムエンジニア(SE)としての総合的な知識も問われます。

経済産業省が認定する国家資格「情報処理技術者試験」の中でも、レベル4として位置付けられている難関試験ですが、企業からの評価も高いのが特徴です。

データベーススペシャリスト試験合格が役立つケース

データベーススペシャリスト試験に合格すると、どのような場面で有利になるのでしょうか。データベーススペシャリスト試験合格が転職や仕事で役立つケースを2つご紹介します。

1.上級システムエンジニアである証明となる

データベーススペシャリスト試験は、情報処理技術者試験の中でも最難関のスキルレベル4に設定されており、非常に合格が難しい試験です。

システムエンジニアがこの資格を所有していると、上級システムエンジニアであることがアピールでき、企業からの評価を高めることができます。

2.専門性が高く転職時に有利となる

転職市場では、専門性がありスキルの高い即戦力人材が重宝されます。データベーススペシャリスト試験に合格していれば、転職活動を有利にすることができるでしょう。

さらに、データベーススペシャリスト試験を目指した目的を転職動機に絡めてアピールできれば、面接官からの評価はさらに高まるでしょう。

データベーススペシャリスト試験の出題内容

試験は午前I・午前II・午後I・午後IIの4項目となっており、午前は4つの選択肢から1つの回答を選択する多肢選択式、午後は記述式の試験が行われます。それぞれの試験時間と出題数、回答数は以下になります。

  • 午前I:50分/多肢選択式/30問
  • 午前II:40分/多肢選択式/25問
  • 午後I:90分/記述式/3問中、2問を選択して回答
  • 午後II:120分/記述式/2問中、1問を選択して回答

出題範囲

データベーススペシャリスト試験はデータベースに関する全般の知識・技能を問われます。出題には以下の項目が網羅されています。

  1. データベースの全体計画
  2. データベースの要件定義
  3. データベースの分析・設計
  4. データベースの実装・テスト
  5. データベースシステムの運用・管理

データベーススペシャリスト試験の難度

データベーススペシャリスト試験の難度は、具体的にどの程度のものなのでしょうか。効率的に学習するための方法と併せて見ていきましょう。

難度はやや高い

データベーススペシャリスト試験の難度は高く、合格率は2017年度実績で14.5%です。情報処理技術者試験の中でスキルレベル4とされている他試験と同様、難関試験であるといえるでしょう。

独学のための効果的な学習方法は過去問演習

データベーススペシャリスト試験は、選択式の午前と記述式の午後に分かれており、特に午後の記述式は難度が高くつまずく受験者も多いようです。記述式試験は回答時間が足りなくなりがちですから、いかに短時間で解決できるかが合格のためのカギとなります。

一方で、データベーススペシャリスト試験は、多くの問題に出題パターンがあるため、これを押さえることが合格の近道となるので、何よりも過去問演習の数をこなしていくことが効果的です。

知識習得に励み、万全な状態になってから過去問に取り組むのでは時間がかかりますので、効率良く試験範囲をカバーして実力をつけていきましょう。分野別に過去問を解いて答え合わせをし、模範解答への理解を深めていくことを繰り返すことが必要です。

データベーススペシャリスト試験の受験方法

データベーススペシャリスト試験は毎年4月に実施されており、申込み受付期間は1月中旬から2月初旬となっています。インターネットと願書郵送の、いずれかで申し込むことができます。試験の一部免除規定がありますので、事前にチェックしておくと良いでしょう。

受験料

5,700円(税込)

受験資格

データベーススペシャリスト試験には、年齢制限や受験資格はありません。

合格発表

6月下旬に合格者の受験番号が試験を主催するIPA(情報処理推進機構)のWebサイトに掲載され、同時に成績照会・および成績のPDFファイルが掲載されます。閲覧には受験番号とパスワードが必要です。

試験結果の通知はありませんので、自分でWebサイトを見て確認します。合格者の受験番号は後日、官報にも公示されます。

データベーススペシャリスト試験に合格して転職に活かそう

難度の高いデータベーススペシャリスト試験への合格は、システムエンジニアやインフラエンジニアとしての転職を有利にしてくれる可能性が高い資格です。

日常の業務では携わる機会の少ない分野にも精通できるため、試験勉強を通じた学びはエンジニアとしてのレベルアップにもつながることでしょう。

専門性の高いエンジニアとしてのキャリアアップを目指すためにも、データベーススペシャリスト試験にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 関連ページ

女性のための転職特集ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。