Sky株式会社 企業情報|求人・転職エージェント

ご紹介企業情報

マイナビエージェントから提案する求人企業の一例をご紹介します

Broad Horizon
Skyでのエンジニアの活躍

Theme01

「入社14年目」と「入社1年目」の
女性エンジニアに聞きました!
Skyで手に入れた「働き方」と
「環境」とは?

2018.07.13
profile
クライアント・システム開発事業部
技術部 MFPグループ チーフ
H.M
クライアント・システム開発事業部
技術部 ビジネスソリューショングループ
T.H
株式会社マイナビ
転職情報事業本部
K.E

ワークライフバランスが大きく向上。
まだまだ改善は続いています!

QH.Mさんは入社されて14年目。
前職から組込み系一筋ですね。
Skyに入社された経緯を教えてください。

H.Mさん:通信機器メーカーで5年間、組込み系開発をしていましたが、開発拠点が他県に移転することになったのをきっかけに転職しました。Skyを選んだのは、まず組込み系に強いから。そして当時、休日出勤・徹夜は当たり前という勤務状態だったため、ワークライフバランスを改善したかったという理由もありました。

QT.HさんはSkyに入社されてまだ1年目。
半年ほど前に転職されたばかりですね。

T.Hさん:前の会社では8年間、Webアプリケーションの開発に携わっていました。二次請けだったため、手がけられるのは詳細設計以降で、それ以上の成長がイメージしにくい環境でした。そこで、上流工程に取り組めて、もっとスキルの幅を広げていける環境を求めて転職を考えました。Skyを選んだのは、元請けで上流工程から携われることと、幅広い分野のシステムを経験できるからです。女性エンジニアの数も徐々に増え、定着率も高いというのも聞いて、きっと働きやすい会社だろうと期待して転職を決意しました。

Q実際にSkyに転職されて、
働き方や環境はどう変わりましたか?
T.Hさんはつい最近の話なので、
前職との違いが新鮮ですよね?

T.Hさん:入社前の期待どおり、大きく変わりました。一番大きな変化は、前職ではできなかった基本設計にさっそく携われたことですね。さらに今、開発している医療系のシステムは、今まで経験したことのない初めての分野です。環境面では、残業が減ったのを実感しています。前職では月30~40時間は残業をしていましたが、波はあるものの最近では10時間程度になりました。業務面でも環境面でも、いい意味で一変しました!

QH.Mさんの転職は14年前の話になりますが、働き方などは変わりましたか?

H.Mさん:もちろんです。過度な働き方とは無縁になり、土日も普通に休めるようになりました。働く環境については、私がSkyに入社した以降も、着々と改善されてきています。残業はどんどん削減できていますし、「定時退社日」も徹底されています。今ではマネジメントする立場ですので、メンバーがワークライフバランスを大切に、楽しく働けるよう、常に改善を進めています。

Skyには
「女性エンジニアが長く輝ける理由」
が揃っています!

Q多くの女性エンジニアがSkyに転職して、長く活躍していますね。
最近入社されたT.Hさんは、Skyでの女性エンジニアの活躍ぶりについて、どんな印象を持たれていますか?

T.Hさん:前の会社では、女性エンジニアの方々は結婚を機に退職してしまうことが多く、長く働いている女性エンジニアというロールモデルが身近にいませんでした。ですから自分としても、将来像が描きにくかったのは事実ですね。それも転職を考えた理由の1つでした。その点、Skyには、女性エンジニアの先輩もおります。結婚されていたり、子育て中だったり、そうした女性エンジニアが身近にいるだけで安心できますね!

H.Mさん:女性エンジニアは男性エンジニアに比べて、まだまだ少数だとは思います。でも着実に増えているのは確かですね。結婚して、産休・育休を取得して復職するというサイクルは、もう当たり前のことになっています。2回目の産休に入っていたり、時短勤務で子育てと両立している女性エンジニアもいるくらいです。

QなぜSkyでは女性エンジニアが長く活躍できるのでしょうか?
H.Mさんは、ご自身を含めて多くの例をご存知ですよね。

H.Mさん:まず男性・女性以前に、何より大事なのは、エンジニアとしてやりがいのある仕事ができて、成長し続けられること。これが大前提ですよね。大手クライアントのプロジェクトに一次請けで携わることができますし、組込み系でいえば、技術的に最先端の領域に関われます。そして、大切なのが男女関係なく、実力があれば、プロジェクトやチームをリードできるポジションに就けること。その上で、産休・育休や時短勤務の制度が整っているからこそ、ぜひ復職して、さらにキャリアを積み上げたいと思えるんです。

T.Hさん:Skyでは、産休・育休を経て復職した女性エンジニアが、きちんと実力を評価されて、リーダーなどをされている方もいます。そうした先輩がいるのは、女性エンジニアとして心強いですね。会社として男女関係なくフェアに評価するという姿勢がしっかりカタチになっていますし、実際に先輩たちに相談することだってできます。自分の少し先のイメージを描きやすいのが、Skyの良さだと思います。

女性エンジニアが活躍するために
必要な「理想の環境」とは?

Qもっと女性エンジニアが活躍するために何が必要だと思いますか?
「理想の環境」とは何でしょう?

H.Mさん:「産休・育休や時短勤務などの制度が整っている」とか「パワハラ・セクハラを防げる体制になっている」といったことは当然として、やはり男女に関係なく、実力が評価される環境が欠かせないと思います。Skyでは実力が正当に評価され、責任ある仕事・ポジションを任されるので、ライフステージの変化を大きなハンデと感じることなく、しっかりキャリアを築いていくことができます。会社が率先して「女性の活躍」を打ち出してきたこともあり、男女関係なく評価するマインドがマネジメント層に浸透しているのを実感しています。

T.Hさん:結婚や出産といったライフステージの変化や、それによる働き方の変化を「当たり前」のことだと受け入れられる周りの意識が欠かせないと思います。産休・育休や時短勤務といった制度自体は、どこの会社にもあるはずですが、身近な経験がないと、社員の間に受け入れる意識がなかなか育たないかもしれません。そもそもこの業界に女性自体が少ないので、女性エンジニアがいない会社も少なくありませんよね。Skyのように前例があれば、周りもスムーズに受け入れられるようになると思います。

Qチームワークを大切にするSkyの社風も、女性エンジニアの活躍に一役買っているかもしれませんね。

T.Hさん:そうですね。社内ツイッター「Skyなう」などのツールも含めて、日頃からコミュニケーションは非常に密接で、チームで働くことを重視する社風はSkyならではです。「ALL Sky」という全社で協力しながら仕事を進める考え方があり、チームの中でも普段から自然に助け合える体制ができています。「子どもが急な病気で…」といったときの対応もスムーズなんです。

Q女性エンジニア同士の結びつきも強いと聞きました。
先日は「女子会」が開催されたんですよね?

H.Mさん:前回は関東エリアの女性エンジニアだけで30人ほど集まって大盛況でした!

T.Hさん:私は参加できなかったのですが、こういったイベントを呼びかけようという先輩たちがいるのも嬉しいですね。次回こそは必ず参加したいです!