転職におすすめ!女性の視点を活かせるファイナンシャルプランナー |求人・転職エージェント

女性の転職

専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

転職におすすめ!
女性の視点を活かせる
ファイナンシャル
プランナー

女性向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

転職する際、資格は大きなアドバンテージになります。

ここでは転職したい女性に向けて、ファイナンシャルプランナーの仕事内容と、ファイナンシャルプランナーに活かせる女性ならではの視点、メリット尽くしの業務環境やキャリアアップの可能性についてご紹介します。。

1. ファイナンシャルプランナー(FP)ってどんな仕事?

ファイナンシャルプランナー(FP)と聞くと「お金の節約について教えてくれる人」といったイメージを持つ方もいますが、精通しているのは家計の節約だけではありません。価値観や人生設計を踏まえたライフプラン設計をお金の面からアドバイスするのがファイナンシャルプランナーの仕事です。

ファイナンシャルプランナーの資格試験には中小企業の資金対策なども入っており、個人だけでなく企業からも求められることも大きな魅力です。資金調達や税の手続きの相談もできるため、相手のニーズに合わせたアドバイスが可能です。

お金は好景気であっても不景気であっても普遍的に必要とされるものなので、ファイナンシャルプランナーのニーズが下がることはまずないでしょう。

お金があれば実現できる夢も一気に増えるので、プロからお金のアドバイスを受けたいと考える人はたくさんいます。これから働き方が多様化すればさらにファイナンシャルプランナーの資格が価値を発揮するようになるでしょう。

2. ママとしての家計管理など、女性ならではの視点が活きる!

ファイナンシャルプランナーは家計簿診断コーナーで家計の節約についてアドバイスする姿がよく見られるとおり、「何かを購入したい」と思った時の優先順位付けなど、生活におけるお金の指針になる専門知識を習得できる資格です。

そのため、家計管理を担っている女性ならではの視点が活きる資格だといえます。

ファイナンシャルプランナーが設計する「ファイナンシャル・プランニング」にはライフデザイン・ライフプランが加味されており、経済的・文化的・道徳的な価値観の象徴である個人の生き方を設計します。

そしてそのライフデザインを具体化する生涯生活設計がライフプランです。ファイナンシャルプランナーの資格を取得すれば、計画的な人生設計や、さらには理想を叶えるためのお金の使い方も描けるようになります。

家計を管理する女性にとって、自分や家族にとってプラスになる資格のため仕事外でも役立つでしょう。

3. ワークライフバランスが保ちやすい業務環境が多い

ファイナンシャルプランナーが求められる業界は金融業界・保険業界・不動産業界など、市場が大きく比較的高給な業界が多い傾向があります。

そのため効率的に稼いで余暇を家事や育児などのプライベートな時間に充てるなどして、ライフワークバランスが保ちやすい業務環境に身を置きやすいです。

フレックス制やリモートワークなど、場所や時間に縛られない勤務形態を取り入れている会社も増えてきました。金融商品や保険商品を扱うファイナンシャルプランナーは個人宅や企業などに訪問して相談を受けるシーンが多く、自由な働き方をしやすいのがメリットです。

自由な働き方ができる会社に転職すれば、自分のペースに合わせて働ける業務環境を整えることが可能です。

プライベートの時間を確保してワークライフバランスを保ちたいと考えている方は、ファイナンシャルプランナーの資格を取るのも一つの方法です。

4. FPの資格を元にさらなるキャリアアップも可能

AI(人工知能)の導入が実現段階まで進むと共に、メガバンクでもIT技術の革新により人員削減が行われるようになり、これから金融業界で働き続けるには「人間ならではの強み」を発揮しなければいけない時代になりました。

現在の金融業界では、時代の変化を読み解きながら柔軟な戦略を立てることや、相手の意志を尊重しながら提案できることがもとめられています。

さらに、女性は柔軟な目線で企業や個人の目標や価値観に沿ったアドバイスができます。こうした技術が身に着けば、金融業界で働き続けられる人材としても、ファイナンシャルプランナーとしても大きな強みになるでしょう。

保険商品の売り込みも、保険会社のセールス担当が営業をするのではなく、ファイナンシャルプランナーが複数の保険会社の商品を比較検討しながらすすめる手法が主流になってきました。お金の専門知識を持っている人が、以前よりもさらに信頼される時代なのです。

こうした背景から、ファイナンシャルプランナーの資格を取得すればビジネスパーソンとして大きな付加価値を持って働けるので、キャリアアップを目指せるでしょう。

5. 仕事にもプライベートにも活きるファイナンシャルプランナーの資格

高いニーズを誇っているファイナンシャルプランナーの資格は、金融業界、保険業界、不動産業界と大きな業界から求められています。家計などお金の管理がしっかりできるマクロ的な視点を持つ女性は適性があるといえるでしょう。

これからキャリアアップを目指して転職したいなら、取得しておいて損はありません。公私ともに活きる資格なので、ぜひ転職の際には視野にいれて検討してみてはいかがでしょうか?

 関連ページ

転職におすすめ!女性の視点を活かせるファイナンシャルプランナー に関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。