女性だからこそ聞かれやすい面接での質問一覧|求人・転職エージェント

女性の転職

専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

30代女性の転職
~その現実と
成功のカギ~

女性向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

女性の30代は、非常に実りのある年代ではないでしょうか。
ファッションやライフスタイルも洗練されてきますし、ある人は家庭を持ち、妻として、母として忙しくも充実した日々を送っているでしょう。また、ある人は仕事に打ち込み、経験と知識を積んで職場で華やかに活躍し、さらなる飛躍を夢見ているのではないでしょうか。そこまで上昇志向の強くない人でも、職場で経験豊富なベテランとして、部下や後輩の面倒を見ながら、頼られる上司、先輩として一目置かれるポジションに就いていることと思います。

このような状況の中で転職を決意した場合、「同い年の社員と同様に活躍できるだろうか」「また一から実績の積み直しは大変そうだな」など、不安に思うことがあるかと思います。
ここでは、そんな不安を抱える30代女性のために、30代女性の転職の実情と、30代性が転職を成功させる秘訣をご紹介します。

30代女性の転職の現実

一般的に、転職は年齢が上がれば上がるほど難しいとされています。これは、女性に限った話ではなく、男性でも同じです。
難しいとされる理由は簡単で、「年齢が上になれば、採用側は相応のポジションを用意しなくてはならないが、上のポジションになればなるほどポジション数そのものが限られてくる。よほど優秀で、その会社の人材ニーズに適合した人材でないと採用できない」ということです。
30代、特に30代後半にもなれば、漠然と「働きたい、やる気はある」という気持ちだけでは、企業からは相手にされません。もし、転職できても、あなたの望むような待遇や働きがいは期待できないでしょう。
「若い人と同程度の給料・待遇でいい」という条件であれば、キャリアが長い分、20代の人よりも有利かもしれませんが、それでは転職する意味がありません。これが30代の転職の難しさです。

「出産を機に退職」という現実

30代の女性の中には、結婚、出産、子育てという、人生の大きな節目を迎える人も多くいます。
2015年に国立社会保障・人口問題研究所が調査した結果、出産前に働いていた人の中で、出産後、退職する女性の割合は46.9%となっています。実に、半数近い女性が出産を機に仕事のキャリアをいったん中断していることになるのです。

第1子出産前後の妻の就業変化

第1子出産前後の妻の就業変化

※国立社会保障・人口問題研究所「第15回出生動向基本調査」(2015年6月)

ちなみに、厚生労働省の「平成28年人口動態統計月報年計」によれば、第1子を出産する母の平均年齢は30.7歳となっていることから、まさに30代女性の約半数が出産に伴う退職を経験しているといえます。

第1子出生時の母の平均年齢の年次推移

  1975年 1985年 1995年 2005年 2013年 2014年 2015年 2016年
平均年齢 25.7歳 26.7歳 27.5歳 29.1歳 30.4歳 30.6歳 30.7歳 30.7歳

※厚生労働省「平成28年人口動態統計月報年計」(2017年9月)

「子育てしながらの転職」という現実

子供の出産とともに退職をした女性は、その後どうなるのか…。実は、ほとんどの女性が末子を出産したあとに就業を希望しており、特に末子が3~5歳になったときに希望する人が最も多くなっています。

末子年齢別 現在無職の妻の就業希望

末子年齢 人数 就業を希望する   今後も仕事をするつもりはない その他 不詳
すぐにでも働きたい しばらく間をおいてから働きたい 特に時期の希望はないがいずれ働きたい
0~2歳 268人 91.4% 12.4% 35.6% 43.4% 4.9% 1.5% 2.2%
0~5歳 202人 92.1% 17.8% 27.7% 46.5% 6.9% - 1.0%
6~8歳 170人 85.6% 22.8% 13.8% 49.1% 12.0% 1.2% 1.2%
9~14歳 270人 76.3% 24.4% 9.3% 42.6% 20.7% 1.5% 1.5%
910人 86.0% 19.1% 22.0% 44.9% 11.4% 1.1% 1.5%

注:対象は末子年齢が15歳未満で子供の追加予定がなく、妻が現在無職の初婚同士の夫婦(現在妊娠中の妻を除く)。
※国立社会保障・人口問題研究所「第15回出生動向基本調査」(2015年6月)

30代女性の多くは出産を機に退職し、そして子供の成長のタイミングで転職を希望していることがわかりました。

企業が欲しがる人材になるために

企業が30代を採用するメリットは、以下のとおりです。

  • 経験豊富で仕事内容を熟知しており、特定の仕事をすぐに任せられる即戦力がある
  • 後輩(部下)を教育し、面倒を見てくれる指導係を任せられる
  • チームリーダーまたはプロジェクトリーダーとして、マネジメントを任せられる

以上のような企業側の立場を理解し、しっかりアピールすることが必要です。

企業が30代女性を採用検討する際のネガティブな印象

企業が30代女性を評価するとき、人事からは次のようなネガティブな印象を受ける可能性があります。

すぐに辞めるのではないか

採用した人がすぐに辞めるのではないかというのは、男女・未婚既婚を問わず、企業が真っ先に心配する点です。人材採用には大きなコストがかかります。すぐに辞められたのでは、コストが回収できません。未婚女性であれば「年齢的にもすぐに結婚して辞めるんじゃない?」、既婚であれば「子供ができたら辞めるんじゃない?」といった心配は必ずされるでしょう。

プライドが高すぎるのではないか

仕事ができ、上昇志向の強い女性の中には、「プライドが高すぎて周囲の言うことを聞かない」「同僚や先輩、あるいは上司まで見下す」「職場の和を乱す」といった欠点を持っている人がいます。
キャリアやスキルをアピールするのはいいのですが、それが過剰になって自ら墓穴を掘る…といったことも起きかねません。

今までの仕事のやりかたにとらわれるのではないか

「前の会社ではこうやっていました」「この会社のやり方は間違っています」など、前職を引き合いに出して今の会社のやりかたを否定するような言動は慎みましょう。非常に頭の固い人、柔軟性に欠ける人というマイナス評価をされるおそれがあります。

ネガティブなイメージを払拭し、転職を成功させるためのポイント

30代女性が転職を成功させるためには、前掲のネガティブなイメージを払拭することが絶対条件です。
具体的には、大人の女性らしい柔軟性と包容力、理解力、細やかな心遣いなど、仕事の能力だけでなく「人間力」の高さをさりげなくアピールすることで、評価を大幅に高めることができます。
また、「すぐに辞めるのでは?」という疑問を払拭するためには、ビジネスパーソンとして自分の将来ビジョンを語れるかどうかが大きなポイントになるでしょう。
「○年後、自分はどんな働き方をしていたいか。どのように成長し、この会社にどんな貢献をしたいか」といったビジョンを、自分目線だけではなく会社目線で語れるよう、準備してください。

じっくりと時間をかけて理想的な転職を

ここまで、30代女性の転職に関する現実を紹介してきました。確かに難しい側面もありますが、そうした現実を受け止め、じっくりと時間をかけて理想的な転職を実現しましょう。
そのためには、できるだけタイムリミットに追われない転職スケジュールを立てることが重要です。
今の会社を辞めなくてはならなくなってから慌てて転職先を探すのではなく、現職を続けながら理想的な会社との出会いがあるまで、ゆっくり自分のスキルやキャリアを磨きながら転職活動を続けるのがベストではないかと思われます。

また、マイナビエージェントが提供しているような、転職エージェントサービスを受けてみるのもいいでしょう。業界専任のキャリアアドバイザーがあなたの人材的魅力や強みを客観的に評価し、転職に際しての条件や事情などを考慮した上で、ベストな会社を紹介してくれます。また、転職に有利になるよう、さまざまなアドバイスやサポートも受けることができます。

自分の一番いいところは、なかなか自分ではわからないものです。一人でやみくもにがんばるよりも、転職の専門家と相談しながら二人三脚で転職活動を進めていったほうが気も楽ですし、より良い結果が得られやすいのではないでしょうか。

 関連ページ

女性だからこそ聞かれやすい面接での質問一覧ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。