高いスキルと人間性で2社から内定、最後は原点に立ち返り決断|転職成功ポイント|求人・転職エージェント

転職成功ポイント

マイナビエージェントを通してステップアップした転職成功者をご紹介

ものづくり・メーカー

年齢
30歳
性別
男性
転職活動期間
2ヵ月半

高いスキルと人間性で2社から内定、最後は原点に立ち返り決断

  • 前職

    業種
    鉄鋼・金属
    業務内容
    生産管理・営業
    年収
    850万円
  • 現職

    業種
    経営・戦略コンサルティング 
    業務内容
    製造業向け経営コンサルティング
    年収
    800万円

転職へのご志向、転職経緯

今回の求職者様のケースは、内定を獲得することの難しさよりも、最終的に意思決定することの難しさが際立つ事例だったと言えます。求職者様は、大学を出て就職した大手鉄鋼メーカーで、8年あまり生産管理を中心とした業務経験を積んできました。経験、知識、スキルに加えて、ロジカルシンキングやお人柄の素晴らさも備えたとても優秀な方でした。現職でも十分にご活躍され、評価もされていて、何ら不満をお持ちではないようでしたが、30歳の節目にあたり「経営コンサルタントとして企業の成長に貢献し、日本全体を豊かにしたい」という目標をたて、転職を決意されました。

転職をなさる方は、人それぞれ、さまざまな不満から、会社・環境を変えることを望むケースが多いですが、今回の求職者様のように、不満から出発するのではなく、純粋に「自分が果たしたいことが明確にあり、それが現職の内容とは異なるから転職する」というケースもあります。素晴らしい計画、マインドをお持ちの方でした。私は全力で、その「メーカーでの生産管理からコンサルタント」に転身するためのご支援をさせていただきました。

転職活動中の不安、不安へのアドバイス

今回の求職者様の最大の不安・苦労は「選考スケジュール」に関するものでした。企業から内定をいただくと、承諾期限が設定されます。複数社の選考を受けましたが、最終的に競り合ったのは2社のコンサルファームでした。A社は電話面接を含む2回の接点でスムーズに内定に至り、オファーレター発行からちょうど1週間で回答期限がセットされました。B社は実は先行して面接が進んでいましたが、現場社員との面談を含め、全部で4回の接点が必要だったので、選考期間が長引き、足並みが揃わないリスクが浮上したのです。A社から内定が出て、回答期限が設定され、B社はそれを受けて慌てて現場面談・最終面接をバタバタと組んでなんとかA社の内定承諾期限内に採用オファーを間に合わせた形でした。スピードで採用を成功させたいA社と、接点回数を豊富にとって相互理解を丁寧に深めるB社。「志望順位が高い企業から順に最終フェーズを迎えよう」というのが私のアドバイスでしたが、選考中の各社様もぜひいい方を採用したいという思いがありますから、選考スケジュールはなかなか思い通りに進行しませんし、そもそも志望順位が入れ替わるという難しさもありました。

内定までの流れ

求職者様は素晴らしいスキル・経験と人間性をお持ちの方でしたので、A社もB社も、早い段階から「きっと順当に内定は獲得できそう」という見込みが立ちましたし、B社は途中でスケジュール調整的にもたついたところがありましたが、両社とも危な気なく内定獲得まではすんなりと進みました。30歳という年齢は、大手コンサルティングファームにキャリアチェンジで入るにはぎりぎりの年齢です(コンサルティング業界・職種いずれも未経験の場合)。ブランクのない大卒であれば、8年前後という豊富な社会人経験を持ち、本来であれば即戦力層であり、もはやポテンシャル採用などという言葉が似つかわしくないような年齢です。コンサルティングファームでは、クライアント側(=メーカー側)の在籍経験が「顧客理解」という即戦力性、武器になります。あとは何歳であろうと、コンサルタントに転身してキャッチアップする柔軟性や想像力、吸収力や覚悟が十分に備わっていれば内定をいただきやすいのです。今回の求職者様は想像力がたくましく、自分がいかにキャッチアップできるか、いかに現職の経験が異なる立場で活かせるか、アピールを重ね、見事に内定獲得しました。

キャリアアドバイザーから見る転職成功ポイント

選考スケジュールに関して課題もありましたが、2社からの採用オファーを、片方の承諾期限スレスレのタイミングでなんとか並べることができました。2社の比較検討は最後の晩、深夜の家族会議にまで及び、翌朝の最終意思決定のご連絡をいただく瞬間まで、もつれ込みました。A社もB社も手に汗握るデッドヒート。100%客観的な「どちらに入社すべき」という正解は存在しません。ただアドバイザーの筆者はA社の方が、より経験を活かすことができ、より求職者様の望むコンサル像に近い成長ができると考えていました。しかし、B社も、高い評価・ラブコールをされ、接点回数を多くもちコンサルへの転身をリアルにイメージできるよう相互理解を深めましたし、提示した年収はA社のそれを大きく上回る破格のオファーでした。求職者様は、最後はA社を選択しました。私は強い手応えを感じました。自身の深い納得に支えられた意思決定でしたし、ご家族も満場一致で祝福されました。ラブコールも、相互理解も、高年収ももちろん重要ですが、求職者様は、原点に立ち返り、自身が転職を通じて果たしたいと当初考えたことに従って意思決定をなさったのでした。

転職成功ポイント ものづくり・メーカー 高いスキルと人間性で2社から内定、最後は原点に立ち返り決断 ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。