中四国地方へのUターン、本当に必要な年収を計算して合理的判断|転職成功ポイント|求人・転職エージェント

転職成功ポイント

マイナビエージェントを通してステップアップした転職成功者をご紹介

関西エリア

年齢
33歳
性別
男性
転職活動期間
2ヵ月半

中四国地方へのUターン、本当に必要な年収を計算して合理的判断

  • 前職

    業種
    IT_通信
    業務内容
    業務系ソフトウエアエンジニア
    年収
    550万円
  • 現職

    業種
    IT_通信
    業務内容
    業務系ソフトウエアエンジニア
    年収
    420万円

転職へのご志向、転職経緯

求職者様は、ご結婚、お子様の出産を機に東京から中国地方へのUターンをご検討されていました。転職をお考えになる前は、前職の企業には新卒で入社してから10年間、転職は考えず一社で頑張られ評価も受けていらっしゃり、リーダーを任されるまでになっていました。ご結婚をされ、お子様もお産まれになったというタイミングで、今後、お子様を育てる地として、ご夫婦の出身地でもある中四国エリアが相応しいのではないかと考えられ、転職を検討されていました。ただ、地方のため求人数も多くはなく、多忙ということもありなかなか転職活動がうまく進みそうにないため、転職活動の進め方のご相談に来られました。

転職活動中の不安、不安へのアドバイス

転職活動で大きく悩んだことは2点あるようでした。

1点目は仕事を続けながらの転職活動の進め方への不安でした。具体的には、面接のために東京、中四国の間の行き来をすることが想定されますが、リーダーを任されていることもあり何度も休暇を取ることが難しいご様子でした。

2点目は現在の条件面(年収550万円)を維持したまま転職できるのかということでした。 こちらからのアドバイスとしては、休暇を取ることは難しいと考え、Webでの面接が可能な求人の選考を受けていただくようにご提案いたしました。最近では、U・I・Jターンが活性化していることもあり、Webでの面接(自宅での受験)が可能な企業も出てきました。

もう一方の課題に対しては、希望年収の整理をしていただきました。東京で収入を得ていた方が、地方で就業すると年収がダウンしてしまう場合が多くあります。東京と地方では市場の大きさや会社規模などに差があり、年収の差にもつながってしまいます。ただ、家賃や物価を考慮すると、一見年収がダウンしたように見えても生活水準は変わらないといったことも多いため、本当に必要な年収を計算していただいた上で、希望年収を算出いただきました。実際計算してみると、必要な年収はそこまで高くはなく、今募集のある求人でも十分希望に叶うことがわかりました。

内定までの流れ

応募先は4社のみでした。一見少ないように感じますが、中四国のマーケット、前職の忙しさなどを考慮すると、妥当な社数でした。Web面接や東京での面接などを経て、結局中四国には一度しか行くことなく、転職活動を終えることができました。東京でご活躍されていたこともあり、内定を取ること自体は難しくありませんでした。提示年収は現在の年収から100万円以上ダウンする420万円でしたが、元々中四国で住むことを想定した年収を試算していたこともあり、大きくは悩むことなく承諾の御返事をいただけました。

キャリアアドバイザーから見る転職成功ポイント

最初に年収などご希望の整理をしていただけたことが転職成功の理由だと思います。 もし今回ご希望を整理せずに転職活動していたとしたら、本来入社承諾してもいい内定も、見た目の年収の大幅ダウンに気をとられて辞退していた可能性がありました。その後転職活動を続けられても、全ての希望を満たした内定を獲得するのは難しいのではないかと思いますので、最初が肝心だったのだと思います。

転職成功ポイント 関西エリア 中四国地方へのUターン、本当に必要な年収を計算して合理的判断 ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。