短所・弱みの回答例|求人・転職エージェント

面接対策完全ガイド

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

短所・弱みの回答例

面接対策完全ガイド 転職成功ノウハウ

面接では自分の短所や弱みについて聞かれることがあります。応募者にとっては、何を言っても面接官にマイナスなイメージを与えるのでは、と危惧してしまうような質問ですが、述べる内容やアピールの仕方によっては、マイナスにもプラスにも評価をされます。ここでは、面接の際に短所や弱みについて聞かれた場合の回答例や評価の高い回答を準備するポイント、気を付けるべきポイントなどについて解説します。

面接の際の短所、弱みの回答で採用結果が変わる可能性も!

面接官は何か意図がある質問しか行いません。自己PRや志望動機同様、弱みや短所に関する質問も同じです。この質問を通して、どんな応募者かを把握し評価するために聞いています。そのため、答える内容や答え方も細心の注意を払わなければなりません。まずは、なぜ面接官が短所や弱みについて質問するのか、その意図を理解した上で、効果的な回答内容を準備するようにしましょう。

●面接官がなぜ短所、弱みについて質問をするかの理解する

面接官が応募者に対して短所や弱みについて質問するのには、主に3つの理由があります。
1つ目は、企業の社風に合うかどうかを知るためです。例えば短所が「チームプレーが苦手なところ」なのに、企業は「チームワークを重んじる人材」を求めていたとしたら、企業に合う人物とは思えません。社風が合わないことで、早期退職にも繋がります。応募者の述べる短所や弱みが企業風土と異なる場合は、高い評価を得られない場合が多いです。
2つ目は、自己分析をしっかりとできる人かどうかを知るためです。本来、自分の短所や弱みは、認めたくなく考えたくもないものですが、自己分析のしっかりとできている人であれば、短所、弱みに関して的確に把握しています。的確に把握できているということは、どうしたら弱みや短所を改善出来るか、という対策にもつながります。つまり、自分のことをしっかりと分析できるということは、仕事にも生きる可能性が高いということです。どのような仕事が得意で、どのような仕事が苦手で、なぜその仕事が苦手で、どうしたら得意になるかなど、都度対応していくことができます。
3つ目は、物事を前向きに捉えられるかどうかを知るためです。ビジネスの現場では、日々課題や困難が現れ、苦しくても乗り越えて行かなければいけません。どんな厳しい状況でも前向きに捉えて取り組む姿勢が必要です。自分の短所や弱みについて前向きに捉えることは、自分自身と向き合うことでもありますし、ビジネスをやっていく上で必要な要素になります。これらの理由から、面接官は応募者に対して、短所や弱みを聞くことが多いです。

面接の際に短所、弱みを効果的に回答する際のポイント

面接で短所や弱みについて述べる準備をする際に、以下のポイントにも考慮した上で考えるようにしましょう。ただ短所や弱みを述べただけでは、高い評価を得ることはできません。少しでも面接の合格確率を上げるためにも、一つひとつ見ていきましょう。

●人からも言われる客観的な内容にする

弱みや短所は、客観性のあるものを答えるようにしましょう。そうすることでより説得力が増します。主観的な内容よりも、客観性のあるエピソードなどを交えてアピールすることで、「人の意見に耳を傾ける人」「よく自分のことを分かっている人」という印象を面接官が持ってくれる可能性があります。客観性のない主観的な内容ばかりであれば、本当に自分のことを分かっているのか、面接官は不安になってしまいます。良い印象を持ってもらうためにも、回答に説得力を付けるためにも、客観性を交えた回答でアピールするようにしましょう。

●前向きな言葉にする

自分の弱みや短所を述べるからこそ、後向きな言葉ではなく、前向きな言葉を使ってアピールすると効果的です。例えば「チームワークを尊重できなくて衝突する」など、後向きな言葉で述べてしまうと、聞いている側は「改善する気はないのかな」と思ってしまいます。しかし、「自分の意見が強くて衝突する」と言い換えれば、前向きに捉えられることも可能です。

●長所の裏返しで考えてみる

長所と短所、強みと弱みは表裏一体です。短所や弱みを述べる際は、長所や強みの裏返しになるようにしましょう。短所が我が強いことであれば、長所はリーダーシップがあることかもしれません。短所が引っ込み思案な方は、協調性があることが長所かもしれません。短所や弱みを長所や強みの裏返しにすることで、整合性もとれますし、長所や強みを述べることで、弱みや短所をカバーすることができます。

短所、弱みを回答する際に気を付けるべきポイント

どんなことを答えるか決めたら、次に以下の気を付けるべきポイントを参考に準備し、当日を迎えるようにしましょう。せっかく良い内容を準備していたつもりでも、注意点に触れるような内容であれば、高い評価を得ることはできません。

●応募企業、職種に該当するようなことは言わない

例えば、企業の求める人材像としては「チームワークを重視する仕事が多いので、協調性のある人材」だとします。しかし、面接で述べた自分の弱みが「頑固な性格なので協調性を求められる仕事に向かない」では、企業としては、採用するメリットがなく、採用される可能性は極めて低くなります。自分から評価を下げないように、応募している企業や職種が求める人材を把握した上で答えを準備するようにしましょう。

●嘘はつかない

アピールする際に、嘘の短所や弱みを言うことは止めましょう。面接官も多くの面接を行っているため、嘘には気付きますし、説得力のない薄いアピールになってしまいます。また、短所は長所の裏返しでもあるため、整合性が取れなくなる場合もあります。どちらにせよ、嘘を付いても高い評価を得ることは難しいので、本当の短所や弱みの内容について述べるようにしましょう。

●短所、弱みがない、というのは絶対に避ける

面接の質問の一つなので、「短所や弱みはありません」という回答は絶対にすべきではありません。どんな人でも、短所や弱みは必ずあるはずです。自分で見つけきれない場合は、人に聞いてでも自分の弱み、短所を把握するようにしましょう。「短所や弱みはありません」と答えると、質問に対して答えるのを放棄しているようなものです。これでは、評価が下がってしまい、面接に不合格になる可能性があります。長所の裏返し、もしくは人に聞いて短所や弱みを見つけましょう。

●お金や体型のことなど仕事に直接関係ないことは避ける

自分の短所、弱みだからと言って、何でも答えて良いわけではありません。「体型が太っていることが短所です」「お金使いが荒いとこです」「短所は身長が低いところです」など、仕事とまったく関係のないことを短所や弱みとして話しても意味はありません。むしろ、面接官の求めていることが分かっていないと、評価が下がる可能性があります。先述した通り、面接官は企業に合うかどうかなどを、短所や弱みを聞いて判断したいと考えています。仕事にまったく関係のないことを述べるのは避けるようにしましょう。

短所、弱みの回答例

面接での短所、弱みが心配性な時

私の短所は心配性なところです。私は、何をやる際も細かい部分まで気にしてしまいます。そのため、つい細かいところに気がいってしまうので、大局的な部分が見えなくならないように、気を付けるよう心掛けています。

面接での短所、弱みが頑固な時

私の短所は、何事にも責任感が強く妥協を許せないため、人には頑固という印象を与えてしまうことです。そのため、今まで以上に人の意見に耳を傾け、尊重し、協調性を持つことを心掛けるようにしています。

面接での短所、弱みが優柔不断な時

私の短所は優柔不断なところです。何事にも慎重になりすぎてしまい、判断に時間がかかることがあります。そのため、迷う時間を決めることや、すぐに判断すべきこととそうでないことを区別するように心掛けています。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

面接対策完全ガイド 短所・弱みの回答例ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。