前日でも間に合う対策・練習について|求人・転職エージェント

面接対策完全ガイド

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

前日でも間に合う対策・練習について

面接対策完全ガイド FAQコンテンツ

面接に臨むにあたり、自己分析や企業研究をしたり、職務経歴書を考えたり、とさまざまな準備を行うはずです。しかし、面接が迫った前日にやれることは非常に限られています。とはいえ、この直前の準備によって、採用可否が変わる可能性もあります。ここでは前日にでも間に合う効果的な対策について解説していきます。

面接官が面接でチェックするポイント

面接官は、面接において、大きく以下の3つのポイントを見て評価を付けます。面接を受ける際は、それぞれのポイントを考慮した上で、臨む必要があります。

見た目

面接において、「見た目」はとても重要です。ここで言う見た目とは、外見のことではなく、身だしなみを指します。身だしなみが良くないと、第一印象も良くありませんし、「この人に仕事を任せて大丈夫だろうか」「この人はクライアントからどのような印象を受けるのか」など、社員や取引先企業などからの信用も得ることが難しくなってきます。身だしなみが整っていないと、多くの企業で良い評価をもらうことはできません。仕事をしていく上で、ひとつのマナーでもあります。

話し方

面接官は見た目や話す内容以外に、話し方もチェックします。例えば、当たり前のことですが、敬語を使うことができなければ、多くの企業で評価も合格も得ることは難しいでしょう。面接官は、面接でそのような話し方をする人は、採用後も取引先やお客さん相手に、同じような話し方をする可能性があると想定するからです。「〜です」「〜ます」「御社」「私」など、最低限の敬語が使えること、また、大きな声で明るく元気に話すことができる人に、高い評価がなることがあります。

話す内容

志望動機、自己PR、長所短所、退職理由、逆質問など、どんな内容を話すかによって面接の合否が変わってきます。面接官がこれらの項目を聞くのは、主に「企業に適正のある人材かどうか」「志望度が高いかどうか」を知り判断するためです。そうすることで、高いパフォーマンスを発揮し、長期にわたって働いてくれる人材を見つけることができます。特に回答の内容に関しては、しっかりと準備を行い臨む必要があります。

前日でも間に合う対策・練習

面接前日に何をするかで、当日の成果も変わってきます。すべての項目が大事ではありますが、特に直前ということで、難しくなく、優先的に行うべき項目について紹介します。

職務経歴書、履歴書に書いたことを確認する

面接前日に、改めて提出済みの職務経歴書や履歴書に書いていた内容を確認しましょう。面接官は、職務経歴書と履歴書を元に「こういう人だろう」という想定をし、面接を進めます。その質問に対する答えが、書いていることと相違があれば、面接官を困惑させてしまいます。その違いがあまりにも大きいと、「書類の内容は別の人に考えてもらったのかもしれない」「面接で言っていることは過剰なのかもしれない」など、印象が悪くなってしまいます。面接は事前に提出している書類の内容を踏まえて、回答する必要性があるので、提出済みの履歴書や職務経歴書は暗記するまで読み返しておくと良いでしょう。特に面接が連日続いている場合は、企業ごとに変えている部分を入念に確認してください。誤って他の企業のために準備していた内容を話してしまうと取り返しのつかないことになるかもしれません。

企業や業界、時事ニュースの情報収集をする

面接の前日に、改めて応募企業の最新の情報収集を行うようにしましょう。ホームページや新聞、ニュースなどから確認をします。志望している企業なので、企業の資本金や社長の名前、業務内容、グループ企業、経営方針、売上高、利益、社員数、店舗数(支社数)などは把握しておきましょう。ほとんどがホームページから得られる情報です。情報は常に更新されていくので、2〜3週間前や1ヶ月以上前に確認したとしても、前日や当日の面接前にチェックすると良いでしょう。念のため株価なども確認すると良いでしょう。面接官は自社への志望度はどのくらい高いのか、自社に対してしっかり研究をしてきたかなども評価する可能性があります今日の株価など、何気ないことがもしかすると採用につながるかもしれません。知っていても損はしませんので、面接へ向かう途中などにチェックするだけでも効果的です。

逆質問を準備する

この時点ですでに準備している場合も多いですが、改めて逆質問を考えるようにしましょう。準備した頃と、企業の情報なども変わっている可能性があります。最新の情報を踏まえて、逆質問を準備することにより、良い評価をもらえる可能性があります。また、面接の際は緊張しますので、すべての準備していた逆質問を思い出せるかは分かりません。そのため、少しでも多くの質問を準備し、前日まで考えることにより、忘れにくくもなります。またこの項目は企業によって変わる内容が高いものです。面接に向かう企業によって、最適の逆質問をしっかり準備しておきましょう。

スーツや靴、カバンの汚れをチェックする

身だしなみはとても大切です。スーツにシワや汚れがあったり、カバンや靴が汚れたりしていると、第一印象は良くありません。第一印象は面接においてはとても重要です。前日までにクリーニングに出している場合は良いですが、そうでない場合は、スーツとシャツにアイロン掛けと消臭スプレーをするようにしましょう。カバンも糸のほつれや汚れがないかをチェックして、キレイに手入れをします。靴は、専用のクリームを使い磨くようにしましょう。ビジネスマンとして、清潔感のある身だしなみをすることは最低限のマナーです。前日までにシャツやスーツをクリーニングしておき、鞄の汚れを落としておきましょう。靴は磨いた状態で風通しの良いところに置いておくと良いでしょう。出発前に再度確認し、面接に向かいましょう。

体調管理や自分自身の身だしなみも

身だしなみは、自分が身につける物だけでなく、髪型や髭などについても確認しましょう。髪型に関しても前日であれば、間に合う可能性はあります。長すぎてだらしないと感じるのであれば、清潔になるようにカットへ行きましょう。
また当日の顔色や話し方も健康な状態でいられるように、前日の体のケアを怠らないようにしましょう。暴飲暴食や夜更かしは当日に大きな影響を及ぼす場合がありますし、面接官に気づかれてしまった場合、面接に対する準備が疎かであると思われるかもしれません。

その他のFAQ

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

面接対策完全ガイド 前日でも間に合う対策・練習についてページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。