持ち物について|求人・転職エージェント

面接対策完全ガイド

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

持ち物について

面接対策完全ガイド 転職成功ノウハウ

面接の内容ばかりに気を取られて持ち物の準備を怠っていませんか?面接には必要な持ち物があるので忘れないように確認をしましょう。面接へ落ち着いて望むためにも重要な準備です。ここでは、面接に必要な持ち物について解説していきます。

面接に持参したい持ち物

面接中に使うものはほとんどありませんが、面接に臨む際に持っていきたいものはいくつかあります。

履歴書・職務経歴書

履歴書や職務経歴書など面接の参考にされる書類は、事前に志望企業にPDFなどで送付して当日提出する必要がないケースもあるでしょう。しかし面接当日も面接に関わる書類は紙媒体で持参するようにしましょう。持参することで、面接前に記載内容をチェックし面接に備えることができます。特に志望動機や自己PRはかならず見直して、質問の受け答えのシミュレーションを行うと良いでしょう。もし面接開始直後に緊張で内容が飛んでしまっても、直前に確認したことであれば思い出せる可能性が高いです。履歴書や職務経歴書は時間をかけて作ったもののはずですので、待ち時間に読むと自分を見つめ直すことができ、落ち着けることでリラックス効果も期待できます。

筆記用具・ノート

筆記用具やノートは、持っていくべき持ち物のひとつです。面接当日に会場で企業のアンケートに答えたり、重要書類への記入を求められたりすることもあります。また、それほど頻度は高くありませんが、メモ帳は面接中にも重要な話の聞き取りにも役立ちます。面接中にメモを取ることは非常識なのでは、と思われるかもしれませんが、その場で重要な連絡事項を告げられる可能性もあります。そういった時にメモを取れる準備をしておくのは、決して悪いことではありません。状況に応じて準備を念入りに行っているとも判断できます。

手帳・スケジュール帳

スケジュール管理をするためにスマホや携帯を使用している人も多いかもしれませんが、手帳やスケジュール帳などの紙媒体も持っていると役に立つことがあります。面接で今後のスケジュールを聞かれたときにスマホや携帯電話で確認するよりも、手帳などの紙媒体のほうが印象よく映る場合があるためです。

ポートフォリオ

ポートフォリオは一般的な転職の面接で必要とされることはほとんどありませんが、デザイナー職やクリエイター職の面接の場合、複数のプロジェクトや作品が自分をアピールするものとして必須になります。職種によっては非常に重要なものですので、しっかりと準備しておきたいものです。

ノートパソコン

WEBサイトや映像作品など、印刷したポートフォリオ以外でプレゼンをしたりアピールを行ったりすることが必要になる場合もあります。ノートパソコンは文章・画像・音楽・動画をひとつにまとめておけるので、荷物が多くなることを防ぐことができます。また、大量の作品を入れておけるので面接中に必要になった場合でもすぐに見せることができますし、面接官の希望に応じてデータを送信してコピーを渡すことも可能です。ただし、セキュリティの問題がある場合もありますので、面接会場に持ちこみ可能かどうかは事前に問い合わせておくようにしましょう。また、バッテリーは常に充電しておいて、会場で借りるようなことのないようする必要があります。

作品

デザイナーや建築家など自分の作品を通して面接官にプレゼンを行いたいときに持参します。ポートフォリオなど印刷物以外の具体的なもので自分をアピールしたいものがあり、面接でメリットがあれば持参しましょう。出来る限りすっきりとまとめた状態で持参するよう心がけましょう。

身だしなみを整える用品

社会人になってもティッシュ、ハンカチは必須です。また、スマホのインカメラで化粧や髪型などの身だしなみをチェックする人もいますが、面接会場でスマホに触ることは他のことをしているのではないかと誤解されてしまうこともあります。自分にとってマイナスになりうる行為は避けたいので、鏡を持参しておきましょう。

時計

ビジネスシーンでスマホや携帯で時間を確認するのは非常識だとされています。ときにはゲームをしている、社内の情報を持ちだそうとしているのでは、と誤解されてしまうこともあります。腕時計を身につけることは必須ではありませんが、時間を意識して動くことはビジネスにおいては重要です。いつもスマホで時間の確認をしている人も、面接時は時計をしていくようにしましょう。

カバンはスマートに

意外と増えてしまう持ち物ですが、荷物が多すぎてカバンがパンパンなのはもちろん印象が良くありません。いつ誰にカバンの中も見られても良いように整理整頓しておきましょう。細かいものはバッグインバッグを活用するとすっきりとまとめることができます。整理整頓されたカバンを持ち歩いていると、必要なときにサッと必要な書類を出すことができますし、気持ちに余裕をもって面接に臨むことができます。たかがカバンの中身なんて誰も見ないと思うかもしれませんが、面接官がさりげないタイミングで見ている可能性もあります。整理整頓ができないことで評価が下がることはあっても、上がることはないので、常に意識しておきましょう。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

面接対策完全ガイド 持ち物についてページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。