スーツについて|求人・転職エージェント

面接対策完全ガイド

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

スーツについて

面接対策完全ガイド 転職成功ノウハウ

新卒採用であれば、着用するスーツはリクルートスーツで大丈夫ですが、転職活動には不向きです。それは、転職活動では社会人としての経験をもっていることが期待されているからです。服装もそのひとつなので、ある程度スーツにも気を遣う必要があります。ビジネスマナーに則っているかを意識して選ぶようにしましょう。

転職者におすすめのスーツはこれ!

ビジネスマナーにふさわしいものと言っても、では面接にどのようなスーツを着て行けばいいのでしょうか。
スーツの面接で必要なのは、清潔感とビジネスマナーに則った節度ある服装です。「ありのままの自分を見てほしい」「ファッションセンスの高さをアピールしたい」などといった個人の好みをアピールすることは指定されている場合を除き求められていません。ビジネスの場に合っていて、かつ自分を出せるスーツを選びたいものです。

リクルートスーツは20代後半からは着用しないようにする

新卒採用のときに着るリクルートスーツは転職活動の際には着用しないようにしましょう。頼りなく見えてしまったり、印象が薄くなったりするので20代後半からは一般的なスーツを選ぶようにします。30代になってもリクルートスーツを着ていると、かえって年齢が出てしまうのでふさわしくありません。自分に似合うスーツを選べるということも、社会人経験をもつ転職者ならではの求められる要素になっているのです。

臨機応変さが求められる

社会人経験のある転職者には、その場に合わせるという臨機応変さが求められています。自分の好みや気分ではなく、その日に会う人や、所属する会社の社風、業界に合わせて自分の装いを選ぶことで、ビジネスマナーを守り環境に適応する能力を持っているとみなされます。また、会社では幅広い年齢層のさまざまな考えをもった人たちと一緒に仕事をします。世代を問わず受け入れられるデザインのものを選びましょう。

無難だが個性も出せることをアピール

リクルートスーツは誰が来ても同じように見えるのでそれほど個性を出すことができません。転職志望者で個性を出しても良いからといって何でもOKではありませんが、一緒に働く人やビジネスパートナーが不快に思わないことを大前提に、少し自分らしさをプラスしてみましょう。

男性の転職者のスーツ

男性の転職者におすすめのスーツ選びについてご紹介します。さまざまなポイントがありますが、あくまでも着る人に似合うもの、サイズがぴったりのものであることが条件です。

スーツはベーシックな色を選ぶ

黒色や紺色のスーツはどの業界や職種であっても清潔感があるので、好印象を与えることができます。また紺色以外なら、明るすぎないライトグレーのスーツもおすすめです。

生地やデザインの注意点

定番の黒や紺やライトグレーなどどの色のスーツであっても、個性を出したいからといってはっきりとラインが入ったものや光沢がありすぎる生地は避けるようにしましょう。面接官によっては「派手すぎる」という印象を受ける可能性があるためです。また、たとえばクリエイティブだからといってチェック柄のスーツにしたり、くっきりと白のラインが入ったスーツにしたりするなど、この業界・職種なら大丈夫だろうと自分で判断するのも危険です。あくまでもシンプルで万人受けするものを選びましょう。

ネクタイ選び

スーツ全体の印象を左右するネクタイは派手すぎないようにし、全体のバランスを考えて取り入れるようにします。派手なピンクや赤、ブランドのロゴが大きく入ったものはもちろん避けましょう。また、黒と白は冠婚葬祭用のものですので決して身につけないようにしましょう。

靴選び

靴は黒もしくはこげ茶の革靴にしましょう。極端に細いラインのものや先がとがったものは、かえって印象を悪くしてしまう可能性があるので避けましょう。また、必ず面接前には靴を磨いて艶を出しておきましょう。もし、かかとが極端にすり減っていたり傷がついていたりする場合は事前に修理に出し、間に合わない場合は新調するようにしましょう。

カバン

基本的には黒色で革製のものを選ぶようにします。もしこげ茶など他の色の靴を身につけるのであれば、カバンの色も揃えれば問題ないでしょう。素材は革がベストですが、社会人としてふさわしいようなものであればナイロンなどであっても大丈夫です。面接中はカバンを床に置くので倒れたりくたびれたりしないように底鋲がついていてマチが広い自立するタイプのものが最適です。

女性の転職者のスーツ

女性の転職者におすすめするスーツも男性と同様に、シンプルかつ清潔感のあるものにしましょう。派手すぎず地味すぎないようにコーディネートするようにします。

ベーシックな色を選ぶ

男性と同様に紺色のスーツはとても好印象です。新卒者と異なり、スカートやパンツのデザインが多少個性的なものを選ぶと面接官の目をひくことができます。ただ、個性的なものを求めるあまり極端にフリルがついたりした派手なデザインのものは避けましょう。スカートの丈は座った時に膝からの長さが5センチ以内になるようにします。パンツスタイルはNGではありませんが、営業職を志望しない限りは出来る限りスカートで臨んだ方が無難です。また、応募する業界にある程度合わせることも大切です。実際に働いている人の装いを参考にすると良いでしょう。

明るい色のスーツもOK

女性の場合は明るい色のスーツも良いとされています。おすすめの色はベージュとライトグレーです。薄いピンクやイエローに挑戦したいという人もいるかもしれませんが、ビジネスの場にはあまり合っていないので避けたい色です。また、白やはっきりした色のスーツも面接官からの印象が良くないことが多いため不向きです。カラースーツを着て面接に臨む時には袖口の汚れに注意しましょう。ダークカラーのスーツと比較するとどうしても汚れやすく、汚れが目立ちやすいためです。

インナーもシンプルに

ジャケットを脱ぐことは基本的にありませんが、インナーもカジュアルになりすぎないように気をつけます。白のシンプルなデザインのブラウスやシャツ、カットソーが良いでしょう。ただし、黒やチャコールグレーなど暗い色のスーツに白いシャツを合わせると新卒社員のように見えてしまうことがあるので注意しましょう。

靴も華美になりすぎない

足元の靴ですが、ヒールは7センチぐらいまでのものにします。あまりヒールが高すぎると歩くたびに音が響き渡ったり慣れていないと歩き方がぎこちなくなったりするので、面接当日に何度も座ったり立ったりを続けるのが大変になります。歩きやすく身動きが取りやすいものが良いでしょう。また、オープントゥやストラップがついたサンダルタイプなどの汚れが気になりやすいものは避けましょう。

夏場の面接のスーツ、どうする?

暑い夏、どうしても炎天下の中志望企業に向かう中で汗をかいてしまいます。面接への印象を考えると汗だくで面接に挑むのは避けたいものです。しかし、面接を受けるときには年中同じ服装であることが望ましいとされています。基本的にはジャケットを着用するのがビジネスマナーです。ときには志望企業によって服装の指定がある場合もあります。指定があるときはその指定の服装に合わせるようにしましょう。

基本的にクールビズはNG

クールビズはあくまでも社内の制度であって、志望者は社外の人なので基本的にはスーツで面接に臨みます。暑いですがジャケットとネクタイを着用するようにします。しかし、企業からクールビズで来社するようにと指定がある場合はそれに従っても問題ありません。会社からの提案を受け入れそれに合わせられるという柔軟性を見られていることもありますので注意しましょう。

クールビズの基本形を間違えないように

徐々に認知されるようになってきたクールビズですが、ノージャケット、ノーネクタイ、半袖シャツが基本のスタイルです。アロハシャツやチノパン、ポロシャツ、スニーカーなどを取り入れたスーパークールビズはまだ一般的でないので、面接の服装としては特別な指定がない限りは避けるようにしましょう。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

面接対策完全ガイド スーツについてページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。