緊張緩和の方法について|求人・転職エージェント

面接対策完全ガイド

採用担当者がチェックするポイントをキャリアアドバイザーがお教えします

緊張緩和の方法について

面接対策完全ガイド FAQコンテンツ

緊張は、人によっては面接における一番の敵かもしれません。緊張をどのように緩和するかによって、面接のパフォーマンスが変わることがあります。ここでは、面接で緊張する理由や緊張緩和の方法について解説していきます。

緊張している応募者への面接官の評価は?

緊張していることで直接評価が下がることは考えにくいです。しかし、声が小さくなる、姿勢が悪い、回答が支離滅裂、表情がこわばっている、など緊張していることで起こるさまざまなことが原因で評価が下がることはあります。

緊張している=準備不足と捉える

応募者が緊張していたとしても、面接官は「緊張していて可哀想だから評価を下げることはやめておこう」などとはなりません。そして、緊張することは仕方がないと考える一方で、準備不足だから緊張するという考えを持っていることがあります。例えば、仕事をしていてプレゼンの機会があったとします。「緊張していたので上手くしゃべれませんでした」と言っても許されるものではありません。仕事も面接同様で、1回切りの勝負な案件がたくさんあります。緊張したから失敗した、というのは言い訳にしか聞こえません。緊張しないように、または、緊張したとしても最高のパフォーマンスが発揮できるように準備をするしかないのです。

なぜ面接では緊張するのかを考える

面接中に緊張してしまう理由を考えることで、緊張を和らげる解決策を見いだせる可能性が出てきます。自分がどのような理由で緊張するのか、まずは理由を突き止めましょう。

面接官が初対面の人だから

面接の練習の際も、初対面の人に面接官をしてもらうのと、気心の知れた友人にしてもらうのとでは、緊張感が違います。初対面の人にしてもらう場合はやはり緊張してしまいます。面接官は初対面ですし、普段足を運ばないような空間で面接が行われます。そのような要素が緊張を誘発するのではないでしょうか。

普段話さないようなことを話すから

志望動機や自己PR、長所・短所、退職理由など、普段、仕事中やプライベートでこれらを話す機会というのはほとんどないのではないでしょうか。普段話していることであれば、慣れていますので緊張することはそうありません。しかし、面接で話す内容は普段話さないようなことばかりです。そのため、聞き手がどんな反応をするのか、間違わないだろうか、などと心配してしまい緊張してしまいます。

人生が決まる重要なことだから

面接で緊張する最も大きな理由かもしれません。練習とは違い、本番の面接の出来次第で合否が決まり、その合否は人生にも大きな影響を及ぼします。転職して数年、もしくは定年まで働く企業が決まるわけです。そのため、志望度の高い企業ほど、多くの人が緊張してしまいます。

緊張するなかで面接を受けるデメリット

極度に緊張したまま面接を受けてしまうと以下のような症状が出る場合があります。これらの症状が出てしまうと、自分の力を発揮することは容易ではありません。自分に当てはまるものがないか確認していきましょう。

気分が悪くなり集中できない

緊張して、気分が悪くなってしまうことがあります。面接の際に気分が悪いと、集中することはできません。気分の悪さに気がいってしまい、頭で考えることが難しくなります。寒気に襲われ表情も覇気がなく暗く見えてしまい、自ずと姿勢も悪くなってしまいます。汗も出てくる場合がありますので、面接どころではなくなってしまいます。緊張してしまうと気分が悪くなってしまう場合は、面接において大きなデメリットになります。

頭が真っ白になってしまう

面接で緊張してしまうと、頭が真っ白になることがあります。面接以外の緊張した場で同様の経験のある方は少なくないかもしれません。本番の時間が近付くにつれ、どんどん緊張が増していき、いつの間にか頭が真っ白になってしまいます。こうなってしまうと、面接で話したいと思っていたことを思うように話せなくなります。

声が震えてしまう

緊張してしまうと声が震えてしまう場合があります。一度震えてしまうと、震えた声に自分自信が反応し、さらに萎縮して、余計に震えた声が強調されることがあります。こうなってしまうと、大きな声でゆっくりと話そうと思ってもなかなかできません。震えた声であれば、相手に緊張感が伝わるだけでなく、内容はとても聞きにくく、熱意や想いはほとんど伝わらない可能性があります。言葉で自分の気持ちを伝えないといけない面接の場で、伝わりにくいというのは大きなデメリットです。

面接で緊張しない方法・取り組み

面接での緊張を和らげるために、以下の方法を試してみるようにしましょう。確実に緊張が取れるわけではありませんが、多少なりとも緊張が和らいだり、緊張との距離感が保てたりする可能性があります。面接で自分の力を最大限発揮するためにも、一つひとつ確認してみてください。

何度も初対面の人や緊張する人を相手に模擬面接をしておく

面接本番で緊張しないためには、何度も同じような環境を体験しておくことが有効的です。面接で緊張するのは、初めての場所で初対面の面接官と、普段話さないようなことを話すためです。面接官同様、初対面やあまり面識のない相手に模擬面接を何度もしてもらうことで、環境や雰囲気に慣れ、だんだんと緊張しなくなっていきます。同じような緊張感を味わうことで、自然と適応できるようになっていくのです。そこで、マイナビエージェントを利用し面接対策をすることも一つの方法です。

完全に記憶するまで言葉に出して練習しておく

面接本番では、頭で考えることが最低限しかできない可能性があります。また、極度の緊張感のなか、記憶していた言葉が出てこなくなることもあります。本番で練習通りの成果を出すには、徹底して練習を積むしか方法はありません。練習量が乏しく記憶が曖昧だと、本番では通用しない可能性があります。本番は練習よりも緊張感が高い可能性がありますので、「志望動機は?」「自己PRは?」「長所・強みは?」などを聞かれた時に、考えなくても言葉がスラスラ出てくるようになるまで練習をするようにしましょう。その場で考えないといけない質問もありますが、それ以外の質問に関しては、徹底して完全に覚えるまで言葉に出して練習すると良いでしょう。完全に体に染み込んで、条件反射的に答えられるまで練習が必要です。

さまざまな企業で面接を受けてみる

場数を踏んで経験を積むことと、イレギュラーな質問にも慣れておくために、多くの企業の面接を受けることは有効です。いきなり志望度が一番高い企業を受けてしまうよりも、何社かで面接の経験を積むことで、面接で話す内容も仕上がってきますし、緊張への対策もできます。
また面接を実際に受けてみると「もっと◯◯はこう話せばよかったな」「△△の質問の回答が弱いな」など、面接官の反応をダイレクト見ながら改善点を知ることができます。準備している段階で、いくら完璧だと思うような内容に仕上がっていても、良いか悪いか判断するのは面接官です。面接官は、どんなことを話せば良い反応をするか、どんなことを話すと悪い反応をするのか知ることができます。企業によって面接官が求めるものは異なりますが、大きな参考になることは間違いありません。

無理に良く見せようとしない

面接なのでありのままの自分を話すことには勇気が必要です。また、本音で話してしまうことが必ずしも良い結果を招くわけではありません。しかし、実際の自分よりも大きく過剰に表現しないことが大切です。自分のことを背伸びして過大に見せようとすると、その理想と現実の差がありすぎて緊張してしまいます。それは、本当の自分のことではなく、面接用に格好つけた内容を話そうとしているためです。「演じる」ことは労力を伴い、気づかれないように取り繕うので細部にまで注意することで緊張します。等身大の自分を表現することで、緊張は取り除かれ、自信を持って面接に臨めるでしょう。

緊張することは悪くないことと意識的に考える

そもそも面接において緊張=悪いこと、というイメージを取り払ってしまいましょう。緊張によって、適度な集中力が保たれ、思わぬミスは減るかもしれません。そのような考えを意図的に持つことで、緊張することを悪く考えないようになります。緊張を悪くとらえなければ、不安になることもないので、自分の本来の力を発揮できるようになるでしょう。発想の転換で、緊張を味方につけてみてください。

その他のFAQ

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

面接対策完全ガイド 緊張緩和の方法についてページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。