インタビュー 末村まどか|求人・転職エージェント

ご紹介企業情報

マイナビエージェントから提案する求人企業の一例をご紹介します

株式会社アグレックス

 インタビュー

デジタルトランスフォーメーション事業本部
クラウドソリューション事業部
クラウドソリューション第2部
末村まどか
単にPCに向かって開発するのではなく、
お客様とのコミュニケーションの中で、
エンジニアの視点から提案できることにやりがい

単にPCに向かって開発するのではなく、お客様とのコミュニケーションの中で、エンジニアの視点から提案できることにやりがい

お客様のところに週4日赴き、現場でヒアリングすることも

私の所属するクラウドソリューション事業部では、セールスフォースのクラウドアプリケーションやシステムの構築を行なっています。私はその中でSEとして、顧客折衝および開発業務を担当しています。

セールスフォースの主な用途は、顧客関係管理(CRM)と営業支援システム(SFA)で、さまざまな業種、企業で使われているため、私自身もさまざまな業種のお客様と関わることができて、学ぶこと、気づかされることが多く、それが刺激的で楽しいですね。

どのような顧客情報を管理したいのか、それをどのように活用したいのかは、お客様の業種、企業によってまったく違います。例えば、ある小売業のお客様は、顧客の住所氏名といった基本情報の他に、顧客の趣味、関心のある分野、ペットの有無、さらには独自にカラー診断などのイベントを行ったら、その結果などを記録していきます。それをどのように接客に活かしていくのかについても戦略的に考えています。

そういうことまで理解をした上でないと、アプリケーションの開発はできません。ですので、お客様と対面して打ち合わせをするというのはとても重要な作業で、アジャイル開発案件の立ち上げ時は、週のうち4日はお客様のところに行き、現場でヒアリングをするということもあります。

単にPCに向かって開発だけをしているのではなく、営業担当者と一緒にお客様のところに行って、エンジニアの視点からこういうことも実現できますと提案する。私たちのチームでは、そういう動きをする社員が多く、私にとってはそこにやりがいを感じています。

プライマリーベンダーとして活躍している事に魅力を感じ入社

以前勤めていた企業では、新人研修が終わったらすぐにテストの現場に出されました。でも、テストの経験しか積めないので、次もやっぱりテストの現場に出される。そこで出会った入社10年目の先輩が、テストの現場しか経験していないという話を聞いて、転職を考えるようになりました。

色々な案件に関わっている先輩も、話を聞いてみたら、公共機関の案件ばかりを十何年もやっていますという専門家になっていました。私個人としては、特に若い間は、いろいろな業種の案件を上流工程から開発、納品まで経験したかったのです。

その会社で、たまたまセールスフォース関連の案件を担当したことがあって、技術もある程度は身についたので、それを活かして、セールスフォースの開発ができて、さまざまな業種の案件があり、プライマリーベンダーとして活躍している企業を調べてみたら、アグレックスの名前が浮かび上がってきました。それでアグレックスに転職しました。

お客様との認識のすり合わせのプロセスを楽しめるように

確かにお客様とのコミュニケーションは簡単ではありません。まったく知らない業種の方ともお話をしなければならないので、初めての打ち合わせの前には、その業種、その企業に対する下調べをして、予備知識を頭に入れておく必要があります。また、そのお客様がなぜセールスフォースに興味を持たれたのかを把握しておくことも大切なポイントです。その他、普段から関連するニュースには気をつけておき、広く浅くではあるけど、業界知識を身につけておくようにしています。

それでも、お客様の話を聞いてみると、最初は何の話をされているのか、理解が追いつかないことも多々ありました。私も100点満点の答えをしなければいけないと思い込んでいたので、緊張の連続でした。でも、お客様と長い間話していると、わからないことは何度でもお客様に確認をすればいいんだということがわかってきます。「この認識で合っていますか?」と聞いていいんだ、そうやってお互いの認識をすり合わせていけばいいんだとわかってからは、ものすごく仕事を楽しめるようになりました。

お客様の業務の中に入り込んで、業務の背景を理解する。そうすると、お客様から「こういう課題もあるんだけど」と相談されるようになります。それに対して、エンジニアの視点から「セールスフォースの機能をうまく使えばこういう解決ができます」と提案をして、それが受け入れられて、新しい案件につながっていく。お客様から信頼される、感謝されるということも人として素直に嬉しいですし、エンジニアとして自分の引き出しが増えて、成長できたという実感を得られます。

新しい技術を面白いと感じることが重要、自分を速く成長させたい人に最適の環境

アグレックスに入社をして2年になりますが、多くの経験を積ませてもらって、こんなに速く自分が成長できていることに驚いています。前の会社では、経験をする機会がやはり足りなかったと改めて思います。

将来のキャリアプランは、私個人の人生設計との関わりがあるので、具体的に計画を立てているわけではないですが、徐々にマネージメントの仕事が増えていくのだろうなとは思っています。アグレックスは、女性が働きやすい職場で、産休、育休、復帰後の時短勤務などの制度も整っているため、女性の管理職も多く、私もいずれそういうポジションにつけたらいいなとは考えています。

でも、まだ先のことすぎて、想像が追いつかないですね。当面は、もっとセールスフォースを追求していきたいですし、他に気になるソリューションプラットフォームもあるので、そちらも積極的にチャレンジしていきたいという気持ちもあります。

お客様の話をしっかりと聞いて、課題を解決する提案をして、開発をし、お客様に喜んでいただく。今は、案件の最初から最後まで関われるということにやりがいを感じているので、そこをまだまだ追求していきたいと思います。

業務に必要なスキルは、基本的なエンジニアリング知識があることも大切ですが、私たちのチームでは、セールスフォースに対する知識も大切です。セールスフォースはどんどん進化して、さまざまな機能が追加されていっているので、お客様の課題が、標準機能で対応できるものか、それとも新たな開発が必要なのかを瞬時に判断して、お客様に適切な提案をする必要があります。

もうひとつは、新しい技術を、面白いと感じて、自分で興味を持って調べていけることも重要です。自分が知っている機能だけで仕事をしていると、提案できる幅が狭まってしまい、エンジニアとしての価値は上がらないと考えています。

私たちのクラウドソリューション事業部は、開発エンジニアといっても、コンピューターの前でプログラムを書いているだけでなく、積極的にお客様のところに行って、課題を伺って、提案をして、それに基づいて開発をする機会の多い事業部です。さまざまな業種のさまざまな案件に、最初から最後まで関われる機会がとても多い。自分を速く成長させたいと考えている人には、ものすごくいい環境だと思います。

facebook
twitter
hatena
pocket

この企業について問い合わせる

株式会社アグレックス インタビュー 末村まどかページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。