仕事のストレス解消方法!<br> 原因を知ってストレス対策をしよう

仕事のストレス解消方法!<br> 原因を知ってストレス対策をしよう

毎日の仕事の中で避けて通れない「ストレス」。休日に思う存分だらだらする、親しい友人や家族に相談したり愚痴を言って発散する、スポーツに打ち込んだり買い物をするなど、人によってストレスの解消方法はさまざまかと思います。

しかし、そもそも「なぜ」仕事でストレスが溜まるのでしょうか?ストレスを緩和するためにできることはないのでしょうか?

また、うまくストレスを解消できない...という方もいらっしゃるかもしれません。日々のパフォーマンスを高めるためにも、自分に合ったストレス解消法を知っておくことが大切です。

ここでは、仕事のストレスの原因と解消方法をご紹介します。

1. まずはストレスの原因を知ろう

ひとくちに「ストレス」と言っても、その原因や程度は人それぞれ違うもの。まず大切なのは、そのストレスの原因がどこにあるかを知ることです。

では、ストレスの原因としてはどんなものが考えられるのでしょうか。

1-1. 職場での人間関係

仕事のストレスとして非常に多く挙げられるのが「人間関係の悩み」です。チーム内でそりが合わない人とのやりとりや、上司との関わり方など、仕事の中で避けにくい人との関係性がストレスにつながることは十分に考えられます。

1-2. 将来に対して漠然とした不安がある

入社当初は情熱を持って仕事に取り組んでいたものの、仕事に慣れてくると「このままでいいのだろうか?」と漠然とした不安に駆られることがあります。自分の将来を考えた時の不安も、ストレスの要因の一つとなる可能性があります。

1-3. 労働時間が長い

与えられた業務をどんなにスピードを上げてこなしていても終わらない、終わったと思ったら次のタスクを渡されて残業が続くなど、仕事が途切れずに続くことはありませんか? 働き過ぎは、多くの人々にとってストレスの大きな要因となっています。

1-4. 目標やミッションが達成できない

働く上で目標やミッションを与えられることは不可欠です。しかし、その目標値が高すぎたり、ミッションがうまく遂行できないなどがストレスになることがあります。

1-5. 自身の成果に対して給与が低いと感じる

誰よりも積極的に業務をこなし成果もあがっているはずなのになかなか認めてもらえない、また評価はされても給与や報酬に反映されないといった場合に、その不満がストレスに発展する可能性があります。

1-6. 仕事内容があわない

自分なりに将来性や適性を考えたうえで選んだはずの仕事なのに、実際に働いているうちに「こんなはずじゃなかった」、「思っていた仕事と違った」といったミスマッチを感じるようになったり、部署の異動によって業務内容が変わったりした時にストレスを感じることがあります。

2. ストレスを感じやすい人の特徴

同じ状況に置かれていても、ストレスの感じやすさには個人差があります。では、どういった人がよりストレスを感じやすいのでしょうか。

2-1. 負けず嫌いな人

負けず嫌いな人は、つい誰かと自分を比べてしまいがちです。目標に向かって頑張ることは良いことですが、競争心が強すぎるとそれがストレスに繋がってしまう可能性が高いです。

2-2. 責任感が強く、完璧主義な人

責任感が強い人や完璧主義な人はリーダー向きで、チームメンバーを率いる立場にいる方が多い傾向にあります。しかし、プロジェクトを任された時など「全て完璧にこなさなくては」と、その生真面目さからついつい一人で全てを背負い込みがちです。また、少しのミスも許せず自責の念に駆られてしまったり、完璧にこなそうと思ったりするあまり、必要以上にプレッシャーを感じてしまうことも。

2-3. 心配性で、小さなことも気になってしまう人

失敗やトラブルに敏感な人は、仕事の完成度は高いものの代わりに自分自身がストレスで潰れてしまう...ということがあるのではないでしょうか。
こうした心配性タイプの方は、行動を起こす前に頭で考えすぎてしまう傾向があります。慎重であることは長所ですが、常に不安を抱えてしまったり着手する前から失敗するところを想像してしまったりするなど、ストレスが生じやすい気質といえます。

2-4. 気が短くせっかちな人

社内でのコミュニケーションや会議・プロジェクトなどで、結論や結果を早急に求めていませんか? 気が短いタイプの人は、自分が考えるスピードと周囲の人々のスピードが合わず、そのことからストレスを抱えてしまっているかもしれません。

2-5 感情を表に出すのが苦手な人

性格的におとなしかったり、控えめで感情をあまり表に出せなかったりするタイプの人は、周りの意見に合わせてしまいがち。断りたくても断れない、嫌なことを嫌と言えないなど、小さな積み重ねがストレスにつながります。

3. ストレスを感じたら?おすすめ発散法

3-1. 体を思い切り動かしたり、普段できないことをやったりする

体を思いっきり動かして頭の中を空っぽにするのもストレス発散にはおすすめです。
また、いままで挑戦してみたいと思っていたけどできなかったことなどに挑戦してみるのもいい刺激になり気持ちのリセットにも繋がります。

3-2. アロマや好きな音楽を聴く

香りでストレスを和らげるアロマテラピー。好きな香りの精油をバスタイムに使用したり、お部屋でアロマキャンドルやアロマ加湿器を使ってみたりするとリラックスできます。ハンカチに1滴垂らして持ち歩くこともおすすめです。

また、好きな音楽を聴くことで気持ちをリセットすることもストレスの緩和になります。

3-3. 旅行やショッピングをする

休日にショッピングを楽しんだり、給料日に自分へのご褒美を買ったりするのもおすすめ。連休や有休を利用して日常から離れた自然あふれる場所や温泉などへ旅行することでもリフレッシュできます。

3.4. 美味しいものを食べる

話題のカフェに行ってみたり、いつもよりワンランク上のレストランに行って贅沢な食事を味わったりすることで、お腹も心も満たしてあげましょう。「お給料日には贅沢する」といった目標を持っておくとモチベーションも上がります。

4. ストレスになる前に!ストレス対策法

発散して解消できるストレスならいいですが、ストレスの根本を見直さないと解決しないような場合は下記を参考に対策していきましょう。

4-1. やりたい事の優先順位をつける

仕事でやるべきことに優先順位をつけ、計画を立てたうえで取り組むと、今まで何時間もかけていた仕事の時間を短縮できる場合があります。与えられた仕事をただ流れ作業で行うのではなく、1日単位・1週間単位・1か月単位などのサイクルでやるべきことに優先順位をつける癖をつけてみましょう。

4-2. 自分で目標を決めてから取り組む

締め切りのある仕事や与えられたプロジェクトがある場合、期日を逆算したうえで達成の目標期日を定めておきましょう。また「この仕事プロジェクトが達成出来たら美味しいものを食べに行く」といった個人的な目標を持っておくことで、よりモチベーションが上がります。

4-3. 友達ではなく対等な立場で接する

同期入社の同僚や同じ世代のスタッフがいる場合、つい友達感覚で接してしまっていることはありませんか? お互いに支え合う関係や気を許せる関係の仲間がいることはメリットでもありますが、職場はあくまでも仕事を遂行する場所。社会人として対等な立場で接することが大切です。

4-4. 日記やノートに書き出す

職場に信頼のおける先輩や上司がいれば仕事の悩みやストレスを相談できるかもしれませんが、やはり話しづらいこともあるでしょう。そんな時には、寝る前にその日の出来事や、仕事の中で上手くいったこと、嫌だったことをノートに書き出してみると良いでしょう。書くという行為が心を落ち着け、気持ちの整理につなります。また、客観的に自分を見つめ直すことで、ストレスとの向き合い方のヒントが見つかるかも知れません。

5. まとめ

仕事上でのストレスは、避けて通れないからこそ早めに原因を摘み取って解消することが大切です。

ストレスを溜めておくことは、仕事へのパフォーマンスに直接影響してしまいます。自分の性格や癖を理解したうえで、1日の終わりのリラックス方法や休日の楽しみなどを見つけ、上手に解消していきましょう。