【キャリアコンサルタントとは】求められている理由と国家資格取得のメリット

【キャリアコンサルタントとは】求められている理由と国家資格取得のメリット

キャリアコンサルタントは、民間資格を経て2016年に国家資格となりました。しかし、何となくイメージはつくものの実際に何をするための資格なのか分からないという方もいらっしゃると思います。

ここでは、キャリアコンサルタントとはどのような仕事なのか、また資格取得のメリットや、キャリアコンサルタントに向いている人などについて解説していきます。

1.キャリアコンサルタントの役割とは

キャリアコンサルタントとは、労働者一人ひとりが最適な環境で自分らしく働くための支援をする「キャリアコンサルティング」を行う国家資格保有者です(2016年4月1日に職業能力開発促進法に規定)。

キャリアコンサルタントの役割としては、

・相談者が豊かでいきいきと、納得したキャリアを歩めるよう支援や助言をすること

・相談者が心に秘めている「やりたい」「なりたい」への気づきを促し、それを実現するための手段や選択肢を共に考え実現していくパートナーであること

などが挙げられます。職業紹介のように求職者と企業とをマッチングするだけにとどまらず、相談者の人生の本質的な部分や人生そのものと向き合うことにもなります。

また、キャリアコンサルタントとは、新卒・第二新卒の若年者からキャリアアップを図るミドル層、第二の人生を迎えるシニア層まで、性別や年齢、経歴、就業状況を問わずキャリアをより良い方向に導きたい人を支援する存在です。そのため、相談者の悩みや不安を真摯に受け止め、一人ひとりに最適なアプローチ方法をカスタマイズするスキルが求められます。

post471_img1.jpg

2.キャリアコンサルタントはなぜ求められているのか

近年、働き方改革をはじめとした多様な働き方が浸透し始めています。かつての日本は終身雇用が当たり前で、企業の従業員は今所属する会社以外での新しいキャリアの可能性と向き合う機会が少ない状況でした。

しかし現在の日本では、経済や社会状況の変化を受け、一つの企業や組織で定年退職まで勤めあげる終身雇用の考えは過去のものとなりました。もう「会社という大船に一度乗れれば安泰」という時代ではありません。

それにより、被雇用者は自らのキャリアを「自分事」としてより真剣に捉え、どうしたら納得のいくキャリア形成ができるかを考えるようになりました。また、働き方改革に付随し「ワークライフバランス」という言葉も生まれ、仕事だけでなく家庭や趣味など人生をより楽しみ充実させる時間を確保し、仕事とそれ以外との調和を図ろうとする動きも活発になっています。

そうした背景のもと、働く人たちのキャリア形成を支援する役割であるキャリアコンサルタントの必要性が高まっているのです。

post471_img2.jpg

3.キャリアコンサルタントの資格を取得するには

キャリアコンサルタントの資格取得には、受験資格を満たして受験、合格した後、キャリアコンサルタント国家資格に登録を完了することが必要です。以下、その流れを順番に解説していきます。

3.1.受験資格について

キャリアコンサルタントの試験は、以下いずれかに該当する人が受検を認められています。

1.厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了した方

2.労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力開発及び向上のいずれかに関する相談に関し3年以上の経験を有する方(経験に該当するかは個別判断)

3.技能検定キャリアコンサルティング職種の学科試験又は実技試験に合格した方

4.平成28年3月までに実施されていたキャリアコンサルタント能力評価試験の受験資格である養成講座を修了した方(平成28年4月から5年間有効)

3.2.受験内容について

キャリアコンサルタント試験は大きく分けて学科と実技の2つで構成され、学科・実技共に合格する必要があります。

【学科】

・問題数:50問
・試験時間:100分
・出題形式;マークシート(四肢択一)
・合格基準:70点以上の得点(100点満点中)
・受験料:8,900円(税込)

【実技:論述】

・問題数:1~2問
・試験時間:50分
・出題形式: 記述式(逐語記録を読み設問に解答)

【実技:面接】

・問題数:1ケース
・試験時間:20分(ロールプレイ15分・口頭試問5分)

【論述・面接共通】

・合格基準:90点以上(150点満点中)
※論述は配点の40%以上、かつ面接は評価区分「態度」「展開」「自己評価」のすべてが満点の40%以上得点しなければならない

・受験料:29,900円(税込)

3.3.資格取得の流れについて

キャリアコンサルタントの資格取得の流れは以下のようになります。

1.受験資格に該当するか確認

2.受検申請期間中にWEB、もしくは郵送で必要書類を提出

3.受験票の発行、記載の日時・場所で試験実施

4.合格後、キャリアコンサルタント名簿に登録し、キャリアコンサルタント国家資格の登録が完了

キャリアコンサルタントは「名称独占資格」に分類されるため、資格取得前に「キャリアコンサルタント」を名乗り活動することは認められません。試験に合格後、名簿への登録が完了して初めてキャリアコンサルタントを名乗り、プロとして活動できるようになります。

4.キャリアコンサルタントの仕事内容

キャリアコンサルタントの仕事内容は多岐にわたります。相談者のキャリアの状況やタイプにもよるため一概に語るのは難しいですが、その大きな目的は「自分自身やキャリアとの向き合い方を共に考え実現を支援すること」だと言えます。具体的には以下のような内容が考えられます。

post471_img3.jpg

4.1.相談者のキャリアの方向性を明確にする

キャリアコンサルティングでは、相談者の不安や悩みと向き合い、キャリアの方向性を明確にしていきます。

ビジョンは持ちつつも実現の手段に悩んでいたり、日々目の前の業務にとらわれて漠然と「自分はこのままでも良いのだろうか」と不安を感じていたり、さまざまな境遇に立たされている方など、一人ひとりの悩みを傾聴し、性格や経歴、興味関心などを踏まえながら、向かう方向性や選択肢を共に考えていくのがキャリアコンサルタントの仕事、つまりキャリアコンサルティングです。

4.2.相談者自身の自己分析・自己理解を深める

カウンセリングを行うことで相談者の今までの経歴を振り返り、自己分析と自己理解を促します。

すでにある程度のキャリアを積んでいる相談者の場合、業界や自社における自らのニーズがあらためて明確化され、今後のキャリアをより主体的に描けるようになるでしょう。これに対し、人生経験が浅く社会人経験を積んでいない学生や第二新卒においては、相談者が自らの興味関心や向き不向きを理解することで、就職活動で効果的な自己アピールができるようになることが期待できます。どちらの場合においても、相談者を客観的視点や新たな気付きの獲得に導き、キャリアの可能性を広げていく効果があります。

4.3.目標達成のためのサポート

相談者のキャリアの方向性が明確化され自己分析・自己理解が深まると、現在地と目的地までの具体的な距離感が分かります。

キャリアコンサルティングでは、現在地から目的地に向かうために必要なスキルや経験を考え、実際の行動プランに落とし込んでいきます。この際、相談者が抱える不安に耳を傾け、目標達成に向けた行動を後押しする励ましをおこなったり、必要な情報を提供したりすることも大切です。

5.キャリアコンサルタントの資格取得のメリットとは

キャリアコンサルタントという職業にはどのような効果やメリットがあるのでしょうか。

5.1.国家資格であり、転職にも有利

キャリアコンサルタントは、資格保有者のみが名乗ることを認められています。そのため活躍の場は広く、人材関連の企業やハローワークなどの公的機関はもちろん、一般企業や組織、教育機関、就職や転職マーケット、自立支援施設、医療や福祉関連など多岐にわたります。また、対企業へのセミナー開催や職場環境改善の支援などもキャリアコンサルタントの仕事の一部であるため、個人への相談業務だけにとらわれずに幅広い働き方ができるでしょう。

厚生労働省の調査によると、正社員の55.3%がキャリアコンサルタントへの相談を要望しています。このことからも、キャリアコンサルタントのニーズは高く、転職に有利なことが伺えます。

5.2.資格をもつ側のメリット

キャリアコンサルタントとは名称独占資格であるため、資格を持たずにキャリアコンサルティングを行う人よりも権威性が高まります。相手からの信頼も獲得しやすくなるため、安心して心の内を話してくれるきっかけにもなるでしょう。

キャリアコンサルタント資格は5年ごとの更新が必要です。そのため、技能や知識の継続的なアップデートが欠かせません。学び続けることがそのまま相談者を支援することにつながり、ひいては自分自身を成長させることにもつながる仕事だといえます。

5.3.企業側のメリット

キャリアコンサルタントの導入により、従業員の外部流出の防止やモチベーションや生産性の向上が期待できます。

厚生労働省の調査によると、キャリアコンサルティングを導入する企業は全体の9.8%と決して高くない状況です。しかし、実際にキャリアコンサルティングを受けた従業員への調査結果を見てみると、キャリアコンサルティングが役に立ったと答えた従業員のうち「仕事に対する意欲が高まった」と答えたのは正社員53.7%、正社員以外49.3%にのぼり、約半数が効果を実感しています。キャリアコンサルタントを導入するメリットは一目瞭然です。さらに、「上司・部下との意思疎通が円滑になった」という問いに対しては、正社員31.2%、正社員以外26.8%が肯定しています。

キャリアコンサルティングの導入により従業員がより熱心に仕事に打ち込めるようになれば、企業全体の生産性向上が見込めます。また、職場環境において重要な人間関係の改善に効果が発揮されれば、人間関係が理由の離職を防ぐことができます。居心地が良く安心して働ける環境を提供するためにも、キャリアコンサルティングの導入は非常に高い効果を発揮するものなのです。

6.キャリアコンサルタントに向いている人はどんな人?

相談者のみならず企業全体にもメリットをもたらす可能性を秘めたキャリアコンサルタント。いったいどのような人が向いているのでしょうか。

6.1.献身的な心やサポートが好きな人

キャリアコンサルタントは、相談者の苦悩や葛藤などさまざまな思いを受け止め、望ましい未来に向けて二人三脚で歩む存在です。人の感情に触れるためストレスや責任も伴いますが、献身的な思いでサポートし、相談者と深く関わり役に立ちたい、笑顔が見たい、幸せな未来に向かって進んでほしいと考えることができる人は、キャリアコンサルタントとしてきっと活躍できるはずです。

6.2.聞き上手で洞察力が鋭い人

キャリアコンサルタントの仕事の基本は、相談者の話を聞くことです。話を聞くことで、悩みや不安、スキル、興味関心、価値観、目標など、相談者自身についての振り返りを促す役割を担います。また、相談者の表面的な言葉だけから判断するのではなく、その裏にある感情や思いを見抜く洞察力も必要です。自覚はあるもののうまく言語化できていないことや本人が気づいていない潜在的に持っている思いをキャリアコンサルタントが見逃さずにすくい上げることで、相談者はより自己理解を深め、ミスマッチのないキャリア選択ができるようになります。

6.3.キャリアや仕事で悩んだ経験がある人

自分自身が仕事で壁にぶつかり悩んだ経験がある人は、相談者の悩みに共感し心に寄り添うキャリアコンサルタントになれるはずです。相手の気持ちを想像することは誰にでもできますが、それを自分事のように感じて相談者が言語化しきれない心の中の感情を引き出すことは、経験者でなければ難しいでしょう。

自分が悩んだ経験から、それをどう乗り越えたのか、何かきっかけはあったのか、その選択をして今何を感じるのかなど、相談者に伝えられる情報もよりリアリティあるものとなります。スムーズに社会人経験を積んできた人よりも、むしろ壁にぶつかった経験がある人の方が、キャリアコンサルタントには向いているかもしれません。

7.まとめ

キャリアコンサルタントとは、相談者に一方的な指示を与えたり指導したりするというよりも、相談者の隣に寄り添い、助言や支援を行いながら共に歩む「パートナー」のような存在です。

人のキャリアや悩みと向き合うということは相応のスキルや経験が求められるため、決して簡単な仕事ではありませんが、そのぶんやりがいを感じられるはずです。キャリアの領域で人の役に立ちたい、そして実践的なスキルを身につけて自分自身のキャリアも磨いていきたいという方は、キャリアコンサルタントとしての活躍を目指してみてはいかがでしょうか。