【職場に嫌いな人がいてもいい】苦手な人への対処方法と根本的な解決方法

【職場に嫌いな人がいてもいい】苦手な人への対処方法と根本的な解決方法

会社員の離職理由のひとつに「職場の人間関係」があります。もし、嫌いな人が同じ職場にいたら、あなたならどうしますか? 職場の人間関係でストレスをためこまないために、苦手な人への対処方法と付き合い方をご紹介します。(Misa)

1.嫌いな人がいてもいい!職場の人間関係

職場の人間関係は、働く人にとっては永遠の課題であり、悩みの種といってもよいでしょう。そもそも学校や友人関係とは違い、職場では交流する相手を選べません。仕事上、関わらなければならない人が苦手なタイプだったり、何らかの理由で嫌いになってしまったりしても、自分の都合で相手を取り換えることができません。それもストレスの原因のひとつでしょう。

職場はあくまでも仕事をする場であり、従業員が仲良くなるために集められているわけではありません。つまり、仕事の範疇を超えて無理に親しくなる必要はないのです。

もちろん、人間関係が良好であれば仕事も円滑に進みやすくなりますので、従業員同士の交流を促進する会社は多いです。それで勘違いしがちですが、仲良くすることが目的ではありません。仕事に必要なコミュニケーションがとれて、仕事の成果に影響しないかぎり、職場の誰かを嫌っていたとしても何も問題はないのです。あえて繰り返しますが、仕事に支障をきたさないことが前提です。

【関連記事】「職場の人間関係で悩んでいる方へ--対処方法や無理な場合の転職について」

post460_img1.jpg

2.嫌いな人との付き合い方

嫌いと感じている相手と上手に付き合うには、適度な距離を保つことが大切です。仕事に必要最低限の距離感を測りましょう。そもそも嫌いという気持ちは、相手を強く意識することにつながります。嫌いであることを意識しすぎると、逆に嫌いな人の存在感が増してしまいます。「嫌い」という感情を切り離せると、相手を意識せずに済み、距離をとりやすくなります。

そして、社会人として守らなくてはいけないポイントが3点あります。難しく感じるかもしれませんが、仕事に向き合う姿勢として身についてくると、嫌いな人と向き合うことも楽になるはずです。

・仕事中は好き嫌いの感情を出さない。

 仕事に対する熱意や達成感、周囲への感謝など、フラットでポジティブな感情以外は、表に出さない習慣をつけましょう。

・相手によって対応を変えない。

好き嫌いや仲が良い悪いで、仕事上の対応が違うことがあってはいけません。

・仕事上の役割に徹する。

 職場で期待されているのは仕事上の役割です。その責任を果たすことが最優先です。

3."嫌い"を根本的に解決する方法

「嫌いな人」に対する根本的な解決は、嫌いでなくなることです。人となりを知ることで好きにはなれなくても、マイナスの感情をなくせるかもしれません。うまくいかない可能性はありますが、良い経験になることは間違いありませんし、挑戦してみる価値はあります。

まず、嫌いになった原因や理由を分析してみましょう。つきつめてみると自分の思いこみや誤解、相手にもやむを得ない事情があるといったケースもあります。

嫌いになった理由を踏まえて、嫌いな人の長所を探してみましょう。少しずつでも肯定できる部分が増えていけば、好きにはなれなくても嫌いという感情が和らいでくるかもしれません。

最後に、相手に対する働きかけをご紹介します。相手の態度が軟化してくることが期待できます。「ペーシング」というコミュニケーションの技法で、自分と共通点がある、もしくは自分に似たものに親近感・安心感を抱くという類似性の法則に基づくものです。

比較的、簡単にできることですので、対面で話をするときに試してはいかがでしょうか。

  • 話すスピード、テンポ、声の大きさ、抑揚を合わせる
  • 相手と同じ姿勢で、同じ身振り手振りをする
  • 相手が笑ったら笑うなど、表情を合わせる
  • 同じタイミングで相槌をうつ

原稿:Misa

ITベンチャーで企画、人材開発、広報などを経て独立。現在はコンサルタント、ときどきライター。ライターとしては、IT系以外、アニメ・マンガ、車から美容・健康まで何でもチャレンジ中。

この記事をシェアしよう!