夏ボーナス、東京都民間企業の平均77万6,077円--前年比では4年ぶり増、中間集計

夏ボーナス、東京都民間企業の平均77万6,077円--前年比では4年ぶり増、中間集計

夏のボーナスが支給されるという方もいらっしゃるかと思います。今回は、東京都が発表した「2022年の夏季一時金要求・妥結状況の中間集計結果(6月9日現在)」から、東京都内にある民間企業の夏ボーナスの状況を見ていきます。

【関連記事】「夏・冬のボーナスの支給はいつ? 会社員と公務員の支給日・平均額など紹介」

調査対象は都内に所在する1,000の民間労働組合。要求提出は300組合で、うち妥結は228組合、回答は10組合(いずれも集計可能数)となっています。

1.平均妥結額は77万6,077円、前年比4.75%増

既に妥結した労働組合のうち、前年妥結額と比較可能な228組合の平均妥結額は77万6,077円でした。

同一労組の前年妥結額74万868円と比べると、金額で3万5,209円増率で4.75%増となりました。増加するのは、金額では2年ぶり、前年比では4年ぶりです。

post737_img1.jpg

(【画像出典】東京都プレスリリース)

【関連記事】「【ボーナスの査定期間とは】査定前に退職を申し出る場合の注意点などを解説」

2.業種別の最高額は「建設業」の118万7,790円

産業別・業種別(5組合以上、17業種)の平均妥結額をみると、最高額は「建設業」の118万7,790円。以下、「情報制作(出版等)」110万6,532円「鉄鋼業」99万647円「食料品、たばこ」93万5,713円と続きました。

最低額「卸売・小売業」56万4,765円で、次に低かったのは「道路貨物運送」57万4,470円でした。

post737_img2.jpg

(【画像出典】東京都プレスリリース)

【関連記事】「夏ボーナスの使い道、例年トップの"貯金"減・"外出関連"増--円安・物価高はどう影響!?」

3.前年比の増加率が最も大きいのは「鉄鋼業」

前年比では、増加率が最も大きかったのは「鉄鋼業」72.49%増。次いで「機械器具製造業」14.99%増「輸送用機械器具」14.20%増と続きました。

減少率が最も大きかったのは「パルプ、紙、紙製品」の5.81%減。以降、「情報通信機械器具製造業」4.90%減「道路貨物運送」2.13%減となりました。

要求を提出した労働組合のうち、前年要求額と比較可能な300組合の平均要求額は81万3,158円でした。同一労組の前年要求額78万5,243円と比べると、金額で2万7,915円増、率で3.55%増となりました。

【関連記事】「【ベースアップ(ベア)とは】定期昇給との違いや実施企業が減少している理由」

4.まとめ

今回の調査では、都内民間企業の夏ボーナス平均が前年より増加したことがわかりました。コロナ禍の影響で業績が落ち込んだ企業が、少しずつ回復しつつある可能性があります。

ただ、急激に進む円安や、株価下落物価高など不安要素もありますので、早くも冬のボーナスを気にする方もいるかもしれません。

【関連記事】「急激な円安、半数近い企業が「マイナスの影響」--コスト増で打撃」

(【記事出典】東京都2022年夏季一時金要求・妥結状況(中間集計)プレスリリース)

(記事執筆:御木本千春)

この記事をシェアしよう!