第二新卒のコミュニケーションを応援するメディア

DAY 2019.02.28 マネー

埼玉県が"翔んだ"試み!
スマートフォン(QRコード決済)による公金収納を開始

埼玉県は27日、スマートフォン(QRコード決済)による公金収納を開始すると発表しましたた。行政のキャッシュレス決済への試みとして、全国に先駆けた"翔んだ"試みといえます。

QRコード決済が利用できる施設は以下の通りです。

美術館や博物館では入場料全般、加須げんきプラザでは施設使用料の一部で利用できます。

-----------------------------------------------------------------------------

(1)歴史と民俗の博物館(さいたま市大宮区)

(2)さきたま史跡の博物館(行田市)

(3)嵐山史跡の博物館(比企郡嵐山町)

(4)自然の博物館(秩父郡長瀞町)

(5)近代美術館(さいたま市浦和区)

(6)川の博物館(大里郡寄居町)

(7)加須げんきプラザ(加須市)

-----------------------------------------------------------------------------

利用できるQRコード決済会社は、

-----------------------------------------------------------------------------

(1)LINE Pay株式会社

(2)PayPay株式会社

-----------------------------------------------------------------------------

となっています。

QRコード決済の利用の開始時期は、2019年3月1日より順次開始となります。

-----------------------------------------------------------------------------

※「CANVAS」に掲載のこのほかの「キャッシュレス」関連記事は以下からご覧ください。

-----------------------------------------------------------------------------