【コミットとは】正確な意味やビジネスシーンでの使い方について徹底解説

【コミットとは】正確な意味やビジネスシーンでの使い方について徹底解説

ビジネスシーンはもちろんのこと、CMの影響などもあり、「コミット」という言葉は急速に耳慣れたものとなりました。

しかし、ポピュラーになった言葉だからこそ、しっかりとその意味を把握しておかなければ、上司や同僚との意思疎通に齟齬が発生してしまうかもしれません。

そこで今回は、コミットの正しい意味やビジネスシーンでの使い方などを、順番に解説していきます。

【関連記事】「コミュニケーション能力とは?その重要性や能力の高い人の特徴、スキルについて」

1.コミットとは

コミットとは、英語で「献身」や「委託」、「約束」といった意味を持つ「Commitment:コミットメント」を省略した言葉です。

日本においては、「コミットする」などといった形で、プライベート、ビジネスを問わず日常的に広く使われています。

ただし、コミットは複数の意味を持ち、使用する場面によって意味合いが変化する言葉でもあります。

正しく意味を理解しておかないと、相手との関係に誤解が生じる可能性があり危険です。ビジネスシーンにおいてそのような危険を回避するためにも、ビジネス用語としてのコミットについてしっかりと理解しておきましょう。

キャリアアップを考えている方は、無料で相談できる転職エージェント「マイナビエージェント」がおすすめです。

「マイナビエージェント」のご利用方法はこちら。

post591_img1.jpg

2.ビジネスシーンでの"コミット"の意味

ビジネスシーンにおいてのコミットとは、主に以下のような意味で使用されます。

  • 責任ある約束
  • 結果の保証
  • 責任を持って取り組む
  • 真剣に関わる
  • 積極的な関わり

上記から見て取れるように、コミットはカジュアルさよりも心意気や覚悟といった強い意志を示す印象が強い言葉です。

一方、コミットという言葉はIT業界でもよく使用されています。IT用語としてのコミットとは、「トランザクションが問題なく完結した」という意味を持つ言葉です。トランザクションとはデータベースの更新作業を指しています。

【関連記事】「【KPIツリーとは】KGI設定からKPIツリーを作るポイント、作成するメリット」

3.コミットはどんな時に使用するの?

「コミット」とは、自らの言動に対して決意や責任を持ち、覚悟を決めている状態を指しています。そのため、コミットを使用するのは、目指すゴールに向けて自分を律し、見合った言動を積極的に取ることを、周囲や自分自身に対して宣言、約束する場合などが当てはまります。

【関連記事】「できる営業マンになる!その特徴や実践すべきテクニックを紹介」

post591_img2.jpg

3.1.コミットの使用例

ビジネスシーンにおけるコミットは、具体的な数値や目標を添えて以下のように使用されます。

  • 来期は営業成績の前期比120%到達をコミットします。
  • 前年比で25%のコストダウンをコミットします。
  • プロジェクトメンバーとして認められるためには、最低限自らの結果にコミットできる人材でなければなりません。
  • 自分の現状と向き合い結果にコミットしなければ、さらなる成長は見込めません。
  • 今は新規よりも既存プロジェクトの拡大にコミットします。

3.1.1.コミットメントシートとは

コミットを確実なものにするために活用できるのが「コミットメントシート」です。コミットメントシートは、自らの思考や達成したいことと向き合い、コミットとして落とし込むために活用します。人事評価で使用する「目標管理シート」と同じようなイメージです。

さらに、コミットメントシートは、記載者側は自らの思いを伝え、実施者側はメンバーの思いを知る機会を創出します。内容をメンバー間で共有できれば、チーム内の他者への理解やコミュニケーションの促進にもつながり、円滑なチーム運営にも効果的です。

post591_img3.jpg

4.コミットと同じ意味を持つ「プロミス」との違いは?

「プロミス」もコミットと同じく「約束」という意味を持つ言葉です。表面的な意味は同じですが、厳密には責任感の程度や意思のあり方に違いが見られます。

コミットは、強い責任感や覚悟を含んだ約束を意味する一方、プロミスは感情の程度はあまり関係なく、形式的な約束といった意味で使用されることが多いものです。たとえば、待ち合わせなどの約束はプロミスに該当します。

ビジネスシーンで見てみると、アポイントはプロミス、目標設定はコミットという形で判断できます。

【関連記事】「仕事へのモチベーション、どうしてもやる気のない時はどうすればいい!?」

5.その他、コミットに関連する言葉

コミットに関連する言葉としては以下の2つが挙げられます。コミットと並んで耳にする可能性がある言葉なので、ぜひ正しい意味をおさえておきましょう。

5.1.フルコミット

フルコミットとは、英語の「full」と「commitment」の2つの単語を合わせた言葉です。「全面的に責任を背負う」「最大限の努力を惜しまない」といった意味があり、一般的にはコミットをさらに強調する形で使われています。強い意志を伝える言葉なので、多用すると逆に信憑性が疑われる可能性があるため、注意が必要です。

なお、フルコミットは和製英語のため英語としては意味が通じないということも覚えておきましょう。

5.2.オーバーコミット

オーバーコミットとは、自らが持つ権限の範疇を超える、いわゆる「越権行為」を意味する言葉です。

前提として理解しておきたいのは、オーバーコミットする側は必ずしも悪気や意図がない場合が多いということです。相手のことを思い善意で行動してくれているケースもあるため、一概に否定すべきではないこともあります。

6.まとめ

社会人として仕事をするうえで、コミットが必要となる場面はたびたび訪れます。そこで自らのコミットを確実に達成すれば、周囲から評価されるだけでなく、自信の構築にもつながるでしょう。

コミットをすることは大きな覚悟やプレッシャーが伴いますが、それらを乗り越えるごとに何らかの成果や成長が得られるはずです。ぜひその言葉の意味を正しく捉え、自らの活躍につなげていきましょう。

この記事をシェアしよう!