YouTuberになるには何が必要? 会社員と両立していくために注意すべき点

YouTuberになるには何が必要? 会社員と両立していくために注意すべき点

会社員とYouTuberを両立させるためには、会社のルールと社会規範を侵さない範囲で活動することが前提になります。YouTuberになるには、撮影機材や動画を編集するスキルのほかに、コンプライアンスの理解、企画力、構想力などが必要です。(Misa)

1.YouTuberになるために必要なもの

YouTuberになるには、YouTubeで公開する動画を撮影し、編集しなければなりません。YouTubeのアカウントは、Googleアカウントがあればすぐに作成できますので、こちらは問題ないでしょう。YouTuberになるためには、撮影機材と撮影した動画を編集する最低限のスキルが必要です。

・撮影機材

動画が撮影できるデジタル一眼レフやビデオカメラのような 本格的なカメラがあればベストですが、スマートフォンでも撮影できます。カメラを固定する三脚や照明、マイクによって、クオリティが変わってきますので、撮影場所の状況などに応じて揃えていくとよいでしょう。

・編集ソフト

編集作業は、動画のクオリティを左右する重要なステップです。YouTubeにも編集機能がありますが、画像と音声を編集できるソフトがあるとより高度な編集ができます。

post489_img1.jpg

2.会社員がYouTuberとして活動するときの注意点

YouTuberとして広告収入を得ることは、副業にあたる可能性があります。YouTuberは個人の活動であっても、組織の一員としての責任や会社のルールを優先しなければなりません。会社員がYouTuberとして活動するときの主な注意点を挙げます。

・副業・兼業やSNS使用に関する会社のルールを確認する

従業員の副業を認める会社は増えていますが、会社によっては副業・兼業の禁止や報告義務などのルールを設けている場合がありますので、会社のルールを確認しましょう。また、副業・兼業はOKでもSNSの使用を制限している会社もあります。こちらも確認が必要です。

・守秘義務およびコンプライアンス遵守を徹底する

YouTuberとしての活動で、業務を通じて得た情報を使用するのは"絶対にやってはいけない"ことです。また、違法行為、迷惑行為についても自己判断ではなく、法制や行政の条例などを確認する習慣をつけましょう。法令に触れなければ何をしてもよいということではありませんので、公開する前に自分の動画が与える影響を検証することが大切です。内容に問題があると感じたときに、「せっかく撮ったのだから」と公開する人は、おそらくYouTuberとしては成功できないタイプです。

【関連記事】「【コンプライアンスとは】法令遵守にとどまらない理由とコンプラ違反の対策」

・収入があった場合は確定申告を行う

広告収入を得た場合は、確定申告が必要になります。会社の給与とは違って、すべて自分の責任で申告しなければなりませんので、注意しましょう。

【関連記事】「スマホで確定申告が飛躍的に進化!2019年度分からは副業も対象に」

post489_img2.jpg

3.誰でもなれるYouTuber、しかし・・・

YouTubeに動画を公開すれば、誰でもYouTuberを名乗れます。しかし、高収入を得るような人気YouTuberとなるには、マーケティング視点や企画力、分析力、戦略性など、さまざまな能力と努力が必要です。会社の仕事で身につけたスキルを活かして成功する人もいれば、YouTubeのために勉強したことが仕事のスキルアップにつながる人もいるかもしれません。

その一方で、再生数にこだわりすぎて社会のルールを踏み外したYouTuberが逮捕された例もあります。逮捕されるような事態になれば、会社から解雇されても受け入れざるを得ません。

こういったケースは稀ですが、YouTuberとしての成功を求めるあまり自制できなくなったり、モラルを見失ったりする人はいます。常に、YouTuberとしての活動を客観視できるよう心がけましょう。

原稿:Misa

ITベンチャーで企画、人材開発、広報などを経て独立。現在はコンサルタント、ときどきライター。ライターとしては、IT系以外、アニメ・マンガ、車から美容・健康まで何でもチャレンジ中。