在宅勤務時に化粧しない人が7割、化粧する人の理由1位は

在宅勤務時に化粧しない人が7割、化粧する人の理由1位は"モチベーションUP"

コロナ禍で在宅勤務する人も増えたかと思いますが、在宅勤務時の服装や化粧について他の人はどうしているか気になっている方も多いのではないでしょうか。今回、KUROCO株式会社で実施した服・化粧品に関するアンケートの中で、在宅勤務時の服装や化粧についての調査結果が発表されましたのでご紹介します。

【関連記事】「テレワーク時の自分の顔にドキッ!? メンズコスメ初心者へのおすすめアイテム」

アンケート調査はWebを使って2021年10月11日~10月22日にココワンリサーチ登録者を対象に実施され、有効回答者数は642名(男性310名、女性332名)でした。

1.在宅勤務時の服装で最も多かった声は「普段着」

これによると、在宅勤務時の服装について聞いたところ((n=642)複数回答)、在宅勤務時の服装で最も多かった声は「普段着」という結果になりました。「在宅勤務の場合特に服の指定がない場合が多いので、いつも通りの服で作業する人が多いのかもしれません」(KUROCO)。

post617_img1.jpg

(【画像出典】KUROCO株式会社プレスリリース)

2.在宅勤務時、化粧をしない人が全体の約7割

「在宅勤務時に化粧はしますか」との質問((n=217)単一回答)には、全くしない(46%)、あまりしない(23%)、たまにする17%、よくする(14%)という結果になり、7割近くの人は在宅勤務中に化粧をしないことが分かりました。

post617_img2.jpg

(【画像出典】KUROCO株式会社プレスリリース)

3.在宅勤務時に化粧をする理由、第1位は「自分のモチベーションを上げるため」

さらに、在宅勤務時に化粧をする理由についても聞いたところ、第1位は「自分のモチベーションを上げるため」、第2位は「仕事のスイッチを入れるため」となりました。

post617_img3.jpg

(【画像出典】KUROCO株式会社プレスリリース)

KUROCOでは、「化粧をすることで精神的な効果を得る目的が大きいようです」としています。

4.直近1年でよく使うようになった化粧品第1位は「化粧水」

「直近一年のよく使うようになった化粧品」についての質問((n=505)複数回答)では、第1位は「化粧水」となりました。全体的に上位はスキンケア用の化粧品が多くなっています。

post617_img4.jpg

(【画像出典】KUROCO株式会社プレスリリース)

KUROCOでは、「自宅で過ごす時間が多くなった人が多いので、その分休憩時間やスキマ時間などで肌の手入れをすることが出来るようになったのかもしれません」としており、コロナ禍の中での在宅勤務の拡大などが影響していそうです。

【関連記事】「コロナ禍で高まる健康意識、「肌のケアも意識するようになった」人が5割超」

また、「口紅や香水などのメイクアップ用化粧品やフレグランスをよく使うようになったと答えた人は少ない結果になっており、こちらも外出自粛の影響が考えられます」(KUROCO)。

(【記事出典】KUROCO株式会社プレスリリース「全国調査:在宅勤務時に化粧をする理由、第1位は「自分のモチベーションを上げるため」|服・化粧品に関するアンケート調査」)