単価高めのコーヒーをお得に飲む方法 | コーヒーチェーン別に解説

単価高めのコーヒーをお得に飲む方法 | コーヒーチェーン別に解説

今やコーヒーは、コンビニで手軽においしいものが買える時代。わざわざスターバックスやタリーズなどのカフェに入って高いコーヒーを頼むのは少しもったいない!と考えてしまう方も多いのではないでしょうか?

しかし、やはりお店で提供されるコーヒーは一味違うもの。たまには、できたての一杯を飲みたいという気分になることだってあります。そんな価格がちょっと高めのお店のコーヒーを、お得に飲める方法をお店ごとにご紹介します!

目次

1.スターバックスコーヒー編

1-1.手軽に割引!タンブラーの持ち込み

1-2.「本日のコーヒー」2杯目以降はワンコイン!

1-3.レアケースだけにお得感が強い「カスタマーボイスクーポン」

1-4.頻繁に利用するならポイント制度に登録しよう

2.タリーズコーヒー編

2-1.タリーズカード+タンブラー持ち込みでドリンク40円引!

2-2.まとめて大量に頼むなら「ポットサービス」を利用しよう

3.その他

3-1.他店でもお得なサービスがたくさん!

スターバックスコーヒー編

手軽に割引!タンブラーの持ち込み

最も手軽に受けられる割引は、タンブラーの持ち込みでしょう。ドリンクを購入する際に、タンブラーやマグカップを持ち込むと、20円値引きされます。店頭に行くと様々なオリジナルのタンブラーが売っていますが、持ち込むのは他社のタンブラーでもOK。飲み終えた際にはすすいで洗ってくれるサービスもありますので、飲んだ後の汚れが気になる方は利用してみてもよいでしょう。

また、スターバックスで販売されているタンブラーを購入すると、ドリンク1杯分の無料券をもらうことができます。この無料券は、別の日でも使えますが購入したタンブラーに入れてもらわないと無料にならないので、タンブラー持参することを忘れずに。

「本日のコーヒー」2杯目以降はワンコイン!

本日のコーヒー(カフェミスト、もしくはドリップコーヒー)を購入した場合、当日のうちであればレシートの持参で2杯目のコーヒーを150円(税抜)で飲むことができます。さらに、スターバックス ジャパン 公式モバイルアプリ、Web登録済みのスターバックスカードで購入した場合には100円(税抜)で飲むことができるので、ぜひ利用するとよいでしょう。ただし、2杯目は同じサイズのドリンクが提供されるので、大きなサイズの方がよりお得と言えます。また、このサービスは店舗問わず利用できるので、朝の1杯目は自宅近くの駅の店舗で、お昼の2杯目は会社の近くの店舗で、といったように利用することもできます。コーヒーが習慣になっている人にはとてもありがたいサービスですね。

レアケースだけにお得感が強い「カスタマーボイスクーポン」

購入した後に受け取るレシートには、ごく稀にアンケートのついたレシートが出現することがあります。レシートに書かれたQRコードを読み込んで、簡単なアンケートに答えると、無料のドリンクと引き換えられるID番号が表示されるというものです。滅多に当たるものではありませんが、その分棚からぼた餅感も強いですよね。レシートは確認せずにすぐにしまってしまうという方も、今後は確認するようにすると良いことがあるかもしれません。

頻繁に利用するならポイント制度に登録しよう

スターバックスには、ポイント制度である「スターバックスリワード」という仕組みがあります。Web登録済みのスターバックス カードで決済すると、54円(税込)につきStarと呼ばれるポイントが1つ集まります。このStarを合計で400集めると、無料券である「リワードチケット」を手に入れることができます。ポイントを貯めるまでに時間はかかりますが、頻繁に利用するのであれば登録しておいて損はないでしょう。無料券の他にも、モバイルアプリからのオーダーで待ち時間なくドリンクを受け取れたり、会員限定の体験ができたりするなどの特典がつきます。

タリーズコーヒー編

タリーズカード+タンブラー持ち込みでドリンク40円引!

タリーズカードは、好きな金額をチャージして繰り返し使えるプリペーイドカードです。取扱店舗で無料で発行することができ、カードで決済するとドリンク類を10円引きで購入することができます。クレジットカードと合わせて登録すればオートチャージもできるので、支払いがより便利になりますよ。

上記のタリーズカードと併用して、タンブラー・マグカップの持ち込みでさらに割引を受けることもできます。このサービスを利用して購入した場合、価格から30円引きでドリンクを購入することが可能。カードの割引と合わせると、40円引きで購入できるので、お得感は強めです。

まとめて大量に頼むなら「ポットサービス」を利用しよう

個人では利用が難しいかもしれませんが、オフィスなどで利用するコーヒーを安く頼みたい!という場合には「ポットサービス」を利用してみるのも良いでしょう。本日のコーヒー(ショートサイズ)約10杯分のコーヒーをポットに入れた状態で購入できるサービスです。普通に1×10杯を購入すると3300円になりますが、ポットサービスは同じ量で2600円と、合計700円もお得になります。少し高くはなりますが、3000円でデリバリーも可能。こちらもややお得に頼むことができます。まとまった量が必要な時にはぜひ利用してみてください。

その他

他店でもお得なサービスがたくさん!

ここでは、2つのカフェチェーンを紹介しましたが、他のカフェチェーンでも同じようなワンモアコーヒーサービスやポットサービス、会員向けサービスを実施している場合が多くあります。たとえば、上島珈琲ではタンブラーを持参することで50円引きの価格でドリンクを購入できます。ドトールコーヒーでは、ドトールバリューカードにチャージして購入すると、100円毎に1ポイントがたまってそのポイントで、ドリンクや、商品の購入ができます。ポイントは、チャージ時にもためることができ、2000円以上のチャージをすると、金額の5%のポイントがたまります。さらに、毎月1日のチャージの日に1000円以上チャージをすると、チャージボーナス10ポイントがもらえます。ドトール系列のお店どこでも使えるので、ドトール系列をよく利用しているという人なら、お得に利用できるので使うと便利かもしれません。

他にも店舗によっては、無料のWi-Fiを提供しているところもあるので、勉強やちょっとしたお仕事ならできることもできます。コンビにコーヒーの登場で、コーヒーは安く買って手軽に飲むものという形が定番化しつつありますが、各店舗が提供しているお得なサービスをうまく使うと、ちょっと価格が高めのコーヒーでも総合的にはお得に利用できることあります。自分がよくいくお店のサービスをいまいちどチェックしてみて、より有効に利用してみてくださいね。

プロフィール

回遊舎(かいゆうしゃ)

"金融"を専門とする編集・制作プロダクション。お金に関する記事を企画・取材から執筆、制作まで一手に引き受ける。マネー誌以外にも、育児雑誌や女性誌健康関連記事などのライフスタイル分野も幅広く手掛ける。
近著に「貯められない人のための手取り『10分の1』貯金術」、「J-REIT金メダル投資術」(株式会社秀和システム 著者酒井富士子)、「NISA120%活用術」(日本経済出版社)、「めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作った世界で一番わかりやすいニッポンの論点10」(株式会社ダイヤモンド社)、「子育てで破産しないためのお金の本」(株式会社廣済堂出版)など。