第二新卒のコミュニケーションを応援するメディア

DAY 2019.09.06 ライフ

一人暮らしの女性、「1日3食食べる」50%以下
ー空腹時は"マヨネーズ"食べる人も

エイブルホールディングスは、同社が運営する、「衣食住」で一人暮らしの女性を応援するブランド『MAISON ABLE(メゾンエイブル)』内で、10代~20代の女性を対象にライフスタイルに関するアンケート調査を実施いたしました。第2回目のアンケートテーマは「一人暮らし女性と実家暮らし女性の家計事情」で、一人暮らしの女性の過度な節約状況が明らかになりました。

節約の対象は「食費」が最多、一人暮らしの女性は電気代が続く

まず、「現在、生活の中で節約を心がけていますか?」と聞いたところ、2019年10月より予定されている消費税増税などの影響もあるのか、「節約を意識した生活をしている」と回答した人が、一人暮らし、実家暮らし女性共に全体の80%と、高い傾向になりました。特に一人暮らしの女性が、約2割程高く節約を意識した生活をしていると回答しました。「一人暮らしをする中で、賃料負担もあるため必然的に節約を意識せざるをえないことも要因として考えられますが、それだけ家計に対するやりくりの意識も高く、自身で家計管理をすることで自信や自立にも繋がり、"自活力"が培われやすいとも言えます」(エイブルホールディングス)。

続いて、「何に対して節約をしていることが多いですか?(複数回答可)」との質問には、一人暮らし、実家暮らし女性共に「食費」に対する節約意識が最も高く、実家暮らしの女性では次いでファッション費(30%)、コスメ・美容費(27%)が続くのに対して、一人暮らしの女性は電気代(43%)、ファッション費(36%)との回答結果となりました。

1日の食事頻度、実家暮らしの人ほど「1日3食きちんと食べている」

「1日の食事頻度」については、「1日3食きちんと食べている」と回答した人の内訳が、会社員・学生・パートアルバイト共に実家暮らしの人の方が高く、平均値比較では15%の差が出ました。これに対して、「食べたり食べなかったり、決めていない」と回答した人の内訳では、一人暮らしの方が圧倒的に多く、平均値比較では20%以上の差があります。特に、一人暮らしの会社員は4割が「食べたり食べなかったり、決めていない」と回答しており、仕事の忙しさと節約意識が相まってか、食事の頻度について消極的な回答となっています。

「ご飯を1日1食しか食べない」「お風呂は週2回だけ」など過度な節約方法も

また、節約方法の具体的な回答としては、「外食せず自炊する」や「スーパーの特売日に大量購入する」、「ポイ活(=ポイントを貯める)」などの回答が多い結果になりました。一方、「ご飯を1日1食しか食べない」や、「お腹が空いたら調味料(マヨネーズや醤油など)を摂取する」、「ノーメイクで過ごす」、「お風呂は週2回だけ」などの生活を非常に切り詰めた回答もありました。

中でも気になった回答が、「光熱費削減のため、遅い時間まで学校やバイト先にいる」や「家にいてもエアコンや電気は点けない」という回答でした。女性の遅い時間の帰宅は事件に巻き込まれるなどの危険もありますし、また、「電気を点けずに生活をしていて家の中で怪我をした」という回答もあり、危険性の高い過度な節約が伺える調査結果となりました。

副業として「パパ活などでの収益」との回答が4%、一人暮らし女性ほど危険な目に

副業や副収入を得ている人については、一人暮らしの女性が5%程多く、内容としては、「休日などでの短期アルバイト」(35.1%)、「物販やフリマサービスでの収益」(33.9%)、「アンケートモニター収益」(30.4%)と回答が続き、一人暮らし、実家暮らし女性共に差はない回答となりました。

中でも目を引く回答として、「パパ活などでの収益」との回答が4%あり、パパ活における毎月の収入平均は約15万円程でした。さらに、パパ活や夜のお仕事をする中で不安に感じたことの有無について聞いたところ、「ストーカーされた」という回答が多く、他にも「ホテルに連れ込まれた」や「拉致された」など、非常に危険な経験をしたことがあると回答した人もいました。尚、パパ活や夜のお仕事をする中で不安に感じたことがあると回答した人のうち、6割以上が一人暮らし女性という結果になりました。