第二新卒のコミュニケーションを応援するメディア

DAY 2019.04.22 ライフ

社会人の"水分補給"調査、
自由に使える金額の1割を飲料代が占めることが判明!

ドイツ生まれの家庭用浄水器メーカーBRITA Japan(以下BRITA)は、あらゆる人の多様なライフスタイルにおける快適な水分補給をサポートする製品を展開しています。通勤時などの外出時の水分補給にも最適な、持ち運びができる浄水フィルター付きボトルfill&goシリーズを展開しているBRITAは、この度、新たな生活が始まる新生活シーズンに合わせて、全国の社会人男女計400人を対象に、社会人の水分補給に関する意識調査を実施しました。

増税で節約意識が高まる人は8割以上。節約したい出費の1位は「飲食費」

増税により節約意識が高まるかを聞いた質問で、「とても高まる」「高まる」と答えた人は合わせて83.5%おり、そのうち、節約したいと考えている項目として「飲食費」と答えた人の割合が76.0%で一番多い結果になりました。「飲食費」を節約したいと考える人が多い一方で、毎月自由に使える金額の平均36,374円のうち、飲料代にかける金額が平均3,353円という結果になり、飲料代だけで月に自由に使える金額の約1割も占めているという実態が判明しました。この結果から、「節約意向とは相反して月の飲料の出費は侮れないという結果が分かりました」(BRITA)。

7割以上の人がマイボトル・水筒購入経験あり。購入理由は「経済的」「エコ」が上位

マイボトル・水筒を購入(所持)したことがあるかという質問に対し、73.3%の人が「ある」と回答しました。購入(所持)の理由は「経済的だから」が1位で72.0%、次いで「エコだから」が54.3%という結果になりました。前述の節約したい項目のうち飲食費が1位であったことからも、マイボトル(水筒)は節約という観点で支持されているということが分かります。また、昨今のエコブームもあり、エコの観点からもマイボトル・水筒が購入(所持)を後押ししていることも分かりました。

(マイボトル・水筒を購入(所持)したことがある人に聞いた、購入(所持)した理由)

マイボトル・水筒を持ち運んでいるが、量が足りずに追加で飲み物を購入してしまう「にわかマイボトラー」が約8割

マイボトル・水筒を購入(所持)したことが「ある」と回答した人に対し、マイボトル・水筒を持ち運んでいるが、量が足りなくなって追加で飲み物を購入した経験があるかを尋ねた設問では、「よくある」「たまにある」と答えた人の割合が、合わせて78.2%という結果になりました。

また、マイボトル・水筒を購入(所持)したことがあると答えた人に対し、現在継続して利用しているか質問したところ、「あまり使っていない」「使っていない」と回答した人の割合が合わせて約4割いました。7割以上の人がマイボトル・水筒を購入(所持)したことがあると回答したほど、マイボトル・水筒に対する需要は高いが、利用をやめてしまう脱落者は約4割もいるという実情が判明しました。

「経済性・エコの観点からマイボトル・水筒を持っていても、追加で飲料を購入してしまったり、結局利用をやめてしまったりする人がいるという結果から、マイボトル・水筒の利点を活かしきれていない実態があるということが浮き彫りになりました」(BRITA)。

(マイボトル・水筒を購入(所持)したことがある人に聞いた、量が足りなくなって、追加で飲み物を購入した経験)

(マイボトル・水筒を購入(所持)したことがある人に聞いた、マイボトル・水筒の継続利用率)

社会人が感じる通勤ストレスの第1位は「荷物の重さ」!

普段の通勤にストレスを感じたことがある人にストレスの原因を質問したところ、「荷物が重い」ことを挙げた人の割合は30.3%で、一番多い結果となりました。「マイボトルや水筒は経済性・エコの観点から広く受け入れられている一方で、重いマイボトル・水筒を使用してしまうことで、社会人の通勤時のストレス要因になってしまうという課題があることが分かります」(同社)。

(普段の通勤にストレスを感じている人のストレス原因)

社会人には必要なときに継ぎ足して、必要な分だけ持ち運べる"リフィル型マイボトル"が求められている!?

BRITAでは、今回の調査結果を踏まえ、マイボトル・水筒が本来持っている「経済的」「エコ」などのメリットを兼ね備えつつ、持ち運び時に発生する「量が足りない」「重い」などの問題を解決するような、「どこでもつぎ足すことができて、必要な分だけ持ち運べる"リフィル型マイボトル"がこれからの社会人に必要なスマートなアイテムになると推測されます」としています。

BRITAが展開する「fill&go」「fill&go Active」は、ろ過フィルターである「マイクロディスク カートリッジ」をフタ部に装着し、水道水を飲む瞬間にろ過しておいしくする浄水フィルター付きボトル。「fill&go」は170g、「fill&go Active」は146gと一般的なステンレス製の水筒よりも軽く、さらに、水道水さえあればいつでもどこでも水を注ぎ足すことができるため、必要な量だけの水を入れて軽く持ち運んだり、移動中は空で持ち運び、オフィスに着いてから水を注いで飲んだりすることができ、「社会人の通勤のストレス原因となる荷物の負担も軽減できます」(同社)。

また、量が足りなくなっても、「水道水を注ぎ足せばいつでもおいしい水が飲めるため、ペットボトルなどの飲み物を追加購入する必要もなく、節約にも繋がります」(同)。また、ろ過フィルター1枚で150L分の水をろ過することができ、「fill&go」「fill&go Active」で水を飲めば、1Lあたり約4.5円と経済的ということです。また、「ペットボトルごみを大幅に減らすことができるエコなマイボトルです」(同社)としています。