第二新卒のコミュニケーションを応援するメディア

DAY 2019.03.07 キャリア

7割以上の既婚男性が「妻に働いてほしい」、
うち半数が正社員としての雇用希望

ワタベウェディングは、女性社員の割合が7割を超える企業として、3月8日「国際女性デー」にあわせ、"女性の結婚とキャリア"について配偶者の立場である既婚男性を対象に実施した調査結果を発表しました。

調査期間は、2019年2月22日~2月25日、20~50代の既婚男性400名(20代100名、30代100名、40代100名、50代100名※各世代、子供あり50名、子供なし50名)が回答しました。

配偶者(妻)が働いている割合は9割超、雇用形態は「正社員(一般社員)」が最多

「配偶者(妻)は働いていますか? 働いているとしたら雇用形態は何ですか?」と問い、当てはまるものを選択してもらったところ、「働いている」と答えた割合が92.5%、「働いていない」と答えた割合が7.5%でした。続いて、「働いている」と答えた人に妻の雇用形態を尋ねたところ、「正社員(一般社員)」が62.8%で最多となりました。続いて「正社員(管理職)」が16.2%、「自営業フリーランス」が8.9%であることが分かりました。

7割以上が配偶者(妻)に「働いてほしい」、希望する雇用形態は「正社員」が半数

「配偶者(妻)に働いてほしいまたは働き続けてほしいですか?」という問いに答えてもらったところ、「はい」と答えた割合が71.5%でした。また、「はい」と答えた人を対象に、妻に希望する雇用形態について尋ねたところ、1位は「正社員(一般社員)」(50.2%)、2位は「アルバイト・パート」(31.8%)、3位は「自営業・フリーランス」(7.7%)という結果になりました。

先の問いで尋ねた"実際の妻の雇用形態"と今回尋ねた"夫の希望する雇用形態"を比較すると、「正社員(一般社員)」で実際に働く妻は62.8%に対して夫の希望は50.2%、「正社員(管理職)」で実際に働く妻は16.2%に対して夫の希望は2.4%と、実態として妻は夫の希望よりも高い割合で正社員として働いていることが判明しました。一方、「アルバイト・パート」で実際に働く妻は7.0%に対し、夫の希望は31.8%と大きく乖離していることが判明しました。

「妻がキャリアを積むことが"必要"は56.5%」、理由は「イキイキしてほしい」最多

「配偶者(妻)がキャリアを積むことは必要だと思いますか?」という問いに対し、56.5%の人が「必要」と答えました。

また、「キャリアを積むことが必要」な理由について尋ね3つまで選択してもらったところ、「イキイキしてほしいから」が1位(51.3%)で、2位に「生活水準を向上させたいから」(33.6%)、3位に「外とのつながりを持ってほしいから」(31.9%)が続きました。

さらに、「キャリアを積むことが必要」と答えた人に、「配偶者(妻)がキャリアを積むために、伴侶として自分ができることは何だと思いますか?」と尋ね、選択肢から最も当てはまるものを選んでもらったところ、「家事への参加」と答えた人が半数以上で最も多く(56.2%)、「妻にリフレッシュの時間を持ってもらう」と答えた人が2位(14.2%)、「育児への参加」と答えた人が3位(11.1%)でした。