第二新卒のコミュニケーションを応援するメディア

DAY 2019.01.24 マネー

短気は損気?
いやいや短気な人こそ得できるんです!

エレベーターで閉のボタンを回数ボタンより先に押す、これって短気の症状らしいです。ところで、そんな短気な皆さん、食事のオーダー、どうしていますか?お店につく前にオーダーして、待たずにさっと料理が提供されたら夢のようじゃありませんか?短気じゃなくても、なるべく待たずにさっと自分の食べたい料理が提供されたらうれしいですよね。そんな願いをかなえるアプリをご紹介します。

アプリでお店に行かなくてもオーダーは完了

お店に行かずに注文するという場合、今までは電話などで直接店員さんと話して、注文をお願いするしかありませんでした。ところが食事をしたい時間は、大抵みんな似たような時間。当然お店にとっては忙しい時間帯になります。電話を何度鳴らしても出てもらえないと言うことも。スマホアプリの登場で、そんな事前注文が変わります。

お店に到着する前に、スマートフォンから注文&決済(事前注文・事前決済)ができる、国内で唯一特許を保有するモバイルオーダーアプリ「O:der」、事前にアプリ内でメニューを選んで、スマートフォンをテーブルに置くことで、注文と決済が完了する「Putmenu」、スマホから飲食店のテイクアウトメニューを事前に注文・決済することでスムーズに料理を受け取ることができる「Picks!」。今回はこの3つのアプリについて紹介していきます。

混雑したお店でもこれを使えば並ばずに商品が受け取れる「O:der」

まずは1つ目のアプリ、「O:der」。これを使えばお店に到着していなくても、オフィスや学校、自宅、さらに電車やタクシーの車内など、どこからでもスマートフォンを通してメニューの事前注文・事前決済が可能です。

行列の耐えない人気のカフェや話題のグルメバーガー、ランチタイムの戦場のようなファーストフード店でも、レジ前の長蛇の列に並ばずに商品を受け取ることができます。食事のために並ぶなんてイヤ!というあなたにぴったりだと思いませんか。行列を横目に受け取り口へ行き、画面を見せるだけでスムーズに商品を受け取り、待つことなくして食事ができます。

短気な皆さんが嫌うもの、それは「ムダ」です。ムダな時間、ムダな労力...。このアプリは、そんなムダがないように設計されています。「O:der」はスマホからモバイルオーダー(事前注文・決済)ができるだけでなく、受け取り時間の指定も可能。「お店に着く前に近くの雑貨屋さんをのぞきたいから受け取りは30分後」「作業のキリが良い所でお昼にしたいから1時間後に行こう」など、テイクアウト時の際に受け取り時間の予約までできるので、無駄なく時間を有効に使うことができます。

ムダがない、ということでもうひとつ。実はこのアプリ、自動でスタンプを貯めてくれます。そのため、店舗ごとのスタンプカードやポイントカードを持つ必要はありません。注文した商品を受取ると、アプリ内にある店舗ごとのデジタルスタンプカードに自動でスタンプが付与されます。今日はカードを忘れちゃったからポイントが付けられない、なんていうこともありません。アプリを使ってもれなくスタンプを貯めることができるからです。もちろんスタンプを貯めるとO:derだけのお得なクーポンももらえて、ムダなくお得なサービスが受けられます。

「注文0分」「会計0分」で快適!「Putmenu」

2つ目にご紹介するアプリは「Putmenu」。こちらはフードコートで便利。

フードコートで面倒なことと言えば、席の確保とレジ前の注文&支払いの行列。そして店舗と確保できた席が遠かった場合、注文後席に戻るか、そのまま店舗の前で待つか悩ましいということ。このアプリがあれば、この面倒が激減します。

使い方はアプリを通してメニューの注文、支払い方法の選択をし、席を確保できたらテーブル上の指定された場所にスマホを置くだけ。呼び出しベルの役割もアプリが行うため、食事を受け取りにいくまで店舗カウンターと席の行き来が不要なんです。メニューの注文はアプリを通していつでもすることができるのはもちろん、スマホをテーブルに置いてからオーダーが通る仕組みなので、席が見つけられないのに、先に料理が出来上がってしまったなんて心配はいりません。

また、お会計は事前にアプリで選択した方法で完了しているので、支払いのためにレジに並ぶ必要もありません。

ちなみに、アプリでメニューと決済方法の選択が済んでいたとしても、スマホをテーブルに置かなければ自動的にオーダーがキャンセルされる仕組みになっているので急な予定の変更にも対応可能です。

フードコートでの「お店を決める」→「お店に行き並ぶ」→「レジで注文・支払い」→「席に戻り料理を待つ」までの行程がスマホ1つで完了させることができるのです。もちろん、フードコート以外の店舗でも、システムがあるお店なら使えます。居酒屋、ラーメン屋、定食屋、最新人気スポット内のチェーン店とバリエーション豊かなラインナップ。変わったところではマッサージまで!

アプリ内にはアレルギーやハラル(イスラム法上で食べることが許されている食材を利用した料理)、ヴィーガン(肉・魚だけでなく、卵や乳製品といった動物性食品をいっさい口にしない、完全菜食主義の料理)などを指定しておくことも可能。アレルギーの場合は指定したアレルゲンが含まれるメニューをアイコンで知らせてくれるので、注文時に避けることができます。

個別会計や割り勘もアプリ上で行うことができるので複数人での利用も便利です。

周辺のお店でテイクアウトメニューを注文するならこれ!「Picks!」

最後に紹介するのがテイクアウトメニューを事前に注文・決済できる「Picks!」。アプリが自動的に周辺のアプリ対応店舗を探し出してくれるので、ユーザーはそのなかから好きなメニューを選択し、事前に注文・決済をすることができます。この機能、残業中になにか食べたくなったとか、夜中に急におなかがすいた!でもコンビニ飯には飽きたしな・・・なんてときにも強い味方です。

注文時に時間指定もできますので、列に並ぶ時間も、その場でお金を払う必要もありません。

「並んで待つ時間こそが最大の調味料」「行列に並んで食べるのが醍醐味」という方にはおすすめしませんが、これらのアプリを使えば、外食やテイクアウトの際の待ち時間をはじめとするあらゆる手間が省けるのです。

短気な方もそうでない方も、アプリを活用してスムーズに食事を取る体験をしてみれば、ムダな待ち時間を過ごすことなく食事を取ることの快適さをわかってもらえるでしょう。アプリを通じたテイクアウトの事前注文・決済は、海外では急速に拡大している領域。コーヒーショップやハンバーガーショップ、宅配ピザチェーンなどが導入しており、今後は日本でも大幅に普及していくかもしれません。

プロフィール

回遊舎(かいゆうしゃ)

"金融"を専門とする編集・制作プロダクション。お金に関する記事を企画・取材から執筆、制作まで一手に引き受ける。マネー誌以外にも、育児雑誌や女性誌健康関連記事などのライフスタイル分野も幅広く手掛ける。
近著に「貯められない人のための手取り『10分の1』貯金術」、「J-REIT金メダル投資術」(株式会社秀和システム 著者酒井富士子)、「NISA120%活用術」(日本経済出版社)、「めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作った世界で一番わかりやすいニッポンの論点10」(株式会社ダイヤモンド社)、「子育てで破産しないためのお金の本」(株式会社廣済堂出版)など。