第二新卒のコミュニケーションを応援するメディア

DAY 2018.12.17 ライフ

「あー、今日も疲れた!」
--男性は1日の疲れを癒す「寝室」「浴室」を
女性より重視

リフォーム情報サイト「リフォーム速報」は25歳以上の男女800人を対象に一番こだわりたいリフォームについて実施したアンケート調査の結果を発表しました。

女性が最もこだわりたいと答えたのはやはりキッチン(36.4%)で、3人に1人以上の女性が最もこだわりたいリフォーム箇所に選択しました。リフォーム速報では、「毎日使う方も多く、女性にとっては特に大切な場所であることが要因」と分析しています。

レイアウトパターンや使い勝手はもちろんのこと、天板の材質や高さ調整など細かく自分仕様にすることもでき、こだわり始めたらきりがない場所でもあります。

2番目にリビング(23.2%)が続き、キッチンで作った料理を家族揃ってリビングで食べるという流れが目に浮かぶような結果となりました。

女性よりもやや少なくはなったものの男性の回答で最も多かったのも女性と同様にキッチンという答えで、およそ4人に1人の男性が一番こだわりたいと答えています。

「純粋に美味しい料理を作ってくれる奥さんを少しでも楽にしてあげたいという思いや感謝の気持ちなどの現れなのでしょう」(リフォーム速報)。

また、「最近では料理をする男性が増えているのでそういった影響もあるのかもしれません」(リフォーム速報)。

2番目に浴室、3番目にリビングと続き、2番目と3番目の回答は女性と入れ替わる結果となりました。

リフォーム速報では、男性の6位になった寝室に注目。女性で寝室のリフォームを最もこだわりたいと答えた人は4.4%しかいないにも関わらず、男性だと9.8%と女性の2倍以上の差が付いていました。

このことから、「男性は女性よりも浴室や寝室など1日の疲れを癒すための空間に力を入れたい傾向があることがわかる」(リフォーム速報)としています。