第二新卒のコミュニケーションを応援するメディア

DAY 2018.10.30 ライフ

カフェをオトクに使うなら、断然カードがあるお店!
チェーン別カード活用法

会社に無料のコーヒーがあるのに、やっぱりふわふわのクリーミーな泡が乗ったラテが恋しくなって、ついついカフェに足が向いてしまう。どうせなら、ちょっとでもおトクに使いたいですよね?そこで注目したいのが、カードです。その理由をご紹介します。

カフェでおトクになるカードの種類

カードといっても、様々な種類があります。カフェがおトクになるカードを種類別にご紹介します。

支払いに使うのは断然プリペイドカード

チェーン店カフェには、その店専用のプリペイドカードがあります。専用のカードを購入、またはもらって、そこへ現金をチャージすることで支払いに使用できます。残金がなくなったら繰り返しチャージが可能。特典やポイント付与が受けられるものがあります。

・ドトール、エクセルシオール カフェ好きならこの1枚!

おトクなプリペイドカードの代表格がドトールバリューカードです。1回の入金で、2000円以上をチャージすると、チャージ額に対応してポイントがつきます。チャージ時につくポイントの還元率は、1年間の使用額によって、ランクがわかれていて、チャージポイント5%のシルバーランク、7%のゴールドランク、そして最高のプラチナランクになると、なんと10%がポイントバックされます。初年度はシルバーランクからスタートになりますが、年間5万円以上の購入で、翌年はプラチナランクに。月5000円はカフェ代に使っているという人なら、翌年は確実にプラチナランクになる計算です。しかも、チャージはいつでもどこでも、スマホからでも簡単にクレジットカードでチャージが可能。クレジットカードのポイントまで貯められます。

つくのはチャージポイントだけではありません、支払い時には100円ごとに1ポイントがつきます。2000円チャージして、チャージポイントをもらい、かつ支払いでも最大20ポイントがもらえるなんて、なんともおトクですね。飲食費だけでなく、コーヒー豆の購入でもポイントはつきます。

その他にも、毎月1日にチャージをすると、ボーナスで10ポイントがもらえたり、新商品発売時には3ポイントの新商品ポイントがもらえたり、さらにキャンペーン時にはドトールバリューカードでの支払いに限り、くじが引けたりとおトク感満載です。

ポイントは10ポイント10円として利用可能で、全国のドトールコーヒーショップ、エクセルシオール カフェ、カフェ レクセル、ル・カフェ ドトールで使えるので、使い勝手も抜群です。

・黒糖ミルク珈琲ラブのあなたには

上島珈琲のPRECIOUS CARD(プレシャスカード)もチャージ時と支払時両方でポイントがつくカード。チャージポイントは、チャージ金額に応じたポイントになり、1000円で2%、2000円で3%、3000円以上は5%が貯まります。利用時は、利用金額の5%をポイント還元。しかも、1ポイント1円として利用可能です。プレシャスカードは、珈琲館でも同様に使えます。

・毎回1杯10円引きになる

チャージポイントはないものの、1杯買うごとに10円引きになるのが、タリーズコーヒーのタリーズカード。クラブタリーズの会員になれば、オートチャージもできるので、残金不足になることもなく、10円引きのチャンスを逃しません。

毎日雨なら5杯で1杯プレゼント

昔ながらの紙でできたカードにスタンプを押してくれる方式がサンマルクカフェメンバーズカード。通常は10杯で1杯(コーヒー・紅茶・カフェラテ・野菜ジュース・オレンジジュースの中から選択)無料でもらえますが、なんと、雨の日に行くと、スタンプ倍押し。つまり、雨の日に5回行くと、それで1杯無料になるのです。

また、カードは20個までスタンプが貯められるので、もうスタンプが10個貯まっているけど、今日は違うものが飲みたいというときも大丈夫です。レジ横にそっと置いてあることが多いので、見かけたらすかさずGETし、スタンプを押してもらいましょう。

クレジットカードでもおトクになるカフェが

カードはクレジットカード一択!というあなたにもおトクになるカフェがあります。

・カフェもいいけどアルコールもならコレ!

楽天スーパーポイントと提携しているのがプロント。ポイントを使って飲むだけでなく、実は支払いにプロン党Edy‐楽天ポイントカードを使用すると、いつでもドリンクが全品10%OFFに。そして、そのEdyへのチャージを楽天カードから行うと、クレジットチャージ分に加え、支払い分とでダブルでポイントが貯まり、かつドリンク10%OFFも適用されるから、とってもおトク。もちろん夜のバータイムにも適用されるので、カフェも好きだけど、暗くなったら断然アルコールという方におすすめです。

・駅カフェの機会が多いならば

JR東日本エリア限定になりますが、BECK'S COFFEE SHOP(ベックスコーヒーショップ)の1杯50円引きクーポンは侮れません。アルコール以外の好きなドリンクの支払金額から50円引いてくれるのです。ブレンドコーヒーのSなら、230円の50円引き、180円で飲めます。ただし、このクーポン、クレジットカード、ビューカード会員へのサービス。会員なら1カ月に4枚もらえます。毎月200円、年間なら2400円もおトク。支払う年会費以上のおトク(「ビュー・スイカ」カードの年会費は税抜477円)です。駅ナカや改札付近にあることが多いので、待ち合わせや移動途中にカフェによることが多い人にはもってこいですね。

ご紹介した以外にも、スタバのスターバックスカードやコメダ珈琲店ならコメカ、会計が10%OFFになるルノアール Edyカードなど、各店がおトクになるカードを発行しています。ただし、発行手数料がかかる、有効期限や一定期間使わないと無効になるなどが定められているカードもあるので、手あたり次第に作るのはダメ。自分がよく使うお店やエリアにあわせて、使い勝手のいいおトクなカードを選んでください。

プロフィール

回遊舎(かいゆうしゃ)

"金融"を専門とする編集・制作プロダクション。お金に関する記事を企画・取材から執筆、制作まで一手に引き受ける。マネー誌以外にも、育児雑誌や女性誌健康関連記事などのライフスタイル分野も幅広く手掛ける。
近著に「貯められない人のための手取り『10分の1』貯金術」、「J-REIT金メダル投資術」(株式会社秀和システム 著者酒井富士子)、「NISA120%活用術」(日本経済出版社)、「めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作った世界で一番わかりやすいニッポンの論点10」(株式会社ダイヤモンド社)、「子育てで破産しないためのお金の本」(株式会社廣済堂出版)など。