第二新卒のコミュニケーションを応援するメディア

DAY 2017.07.25 マネー

知らないと損する有給休暇のあれこれ

有給休暇を取りづらく、なかなか消化できないという第二新卒が多いよう。しかし、有給休暇は勤続年数に応じて必ず取得できるもので、その内容は法律で細かくルール化されています。
有給休暇はがんばって働いたごほうびのようなもの!心と身体をリフレッシュさせるためにも、賢く使って仕事とプライベートを充実させましょう。

有給休暇は勤続年数に応じて取得できる

有休は労働者が心身ともに健康に働くためにつくられた制度で、会社は勤続年数に応じて有休を与えなければならないと法律で決まっています。

勤務スタートから6ヵ月が経過すると、最低で10日間の有休がもらえます。その後は1年経過するたびに有休は増え、6年半勤務すると、1年間に最大20日もらえる計算になります。

パートやアルバイトで働く人にも有休の取得は認められていますが、1週間に働く日数や時間が正社員より少ないため、計算方法は正社員と異なります。

社内ルールをチェックして有給休暇を賢く消化しよう

有休の取得方法は、「希望日の2週間前までに所定の書面にて申請すること」「シフト表の作成前に上司へ申し出ること」など、職場内に一定のルールがあるのが一般的です。まずは会社の就業規則を確認して、わからないことがあれば先輩に聞いておくといいでしょう。

また、長く働いていると忌引で休暇が長引いたり、病気やケガで急に休んでしまったりすることがあります。そのような場合でも有休を消化できるケースがあるので、就業規則を細かく確認しておくといいですよ。

有給休暇は希望通りにもらえる?

会社は労働者から有休取得の申し出を受けたら、その日に有休を与えなければならないことになっています。しかし、指定した日に有休を与えると業務に支障が出る場合には、有休の日を変更する権利も持っています。
また、労使間で協定を結べば、次のような取得方法も認められています。

■有給休暇の計画的付与
有休の付与日数のうち5日を超える部分については、会社が計画的に有休の取得日を割り振ることができます。

■有給休暇の時間単位の取得
有休は1日単位で与えるのが原則ですが、1年間で5日分を上限にして時間単位で与えることができます。

このように、有休は申請したからといって、必ず希望どおりに取得できるものではありません。もしも、有休を使って旅行などを計画する場合には、早めに上司へ相談して了解をもらっておきましょう。

有給休暇のギモン...... 時効は?買い取りは?

有休には他にもたくさんのルールがあります。

・有給休暇は時間がたつとなくなる
消化できなかった有休は翌年に繰り越せますが、2年で消滅してしまいます。

・有給休暇の買い取りはNG
有休は労働者に休みを与えるためにある制度なので、買い取りは禁止されています。

・退職時に残っている有給休暇の買い取りはOK
退職時に有休が残っている場合には、引き継ぎを終えた後に消化するのが一般的ですが、業務の都合で有休を消化しきれなかった場合には、残りの買い取りは認められています。

有給休暇をなかなか取れない場合には

職場によっては先輩から、「うちの会社は有休はあるけど取れないよ」などと言われてしまうことがあるかもしれません。しかし、有休は法律で認められた制度なので、あきらめないで会社へ申請してみましょう。

・会社から「忙しいから今は有休を取らないでほしい」と言われたら...
「いつなら有休をもらえますか」と具体的に聞いてみましょう。

・会社から「辞めてもらってもいい」と言われたら...
有休の取得を理由に退職を迫ったり、休暇の制限や減給をしたりするなどの行為は法律で禁じられています。有休の消化に向けて、会社と根気よく話し合いましょう。

いかがでしたか?有休は法律でルール化されていますが、申請方法など細かなルールは就業規則で決まっています。わからないことは先輩や上司に相談しながら、賢く有休を消化していきましょう!

【平均年収ランキング】20代・30代の業種別・職種別・年代別に平均年収をまとめました。

ライタープロフィール

斉藤 勇(ファイナンシャルプランナー、宅地建物取引士)

オフィスISC代表。保険や貯蓄、住宅ローンなど、お金にまつわる疑問や悩みごとの相談に応じている。不動産取引では不動産投資を通じて得た豊富な取引経験をもとに、売り手と買い手、貸し手と借り手、それぞれの立場でアドバイスを実施。モットーは「常に感謝の気持ちを忘れずに」。