第二新卒のコミュニケーションを応援するメディア

DAY 2017.06.07 マネー

金運アップは財布次第!?
運気が上がる財布の選び方・使い方指南

お会計のときに取り出した財布で、その人のお金に対する考え方が見えてしまうことがあります。良い印象を与えられれば、同僚や後輩からリスペクトされたり、異性からモテたりして運気がアップしますが、悪い印象をもたれると、仕事ができない、頼りがいがないなどと思われてしまい、運気が下がってしまうことも。
ライバルに先を越されないためにも、運気がアップする財布の選び方・使い方をマスターしましょう!

こんな財布を使うと運気が下がる

なにげなく取り出した財布は、意外とまわりの人から見られているもの。以下のような財布を使っている方は、運気が下がっている可能性が......! 運気をアップさせるためにも、見られても恥ずかしくない財布に取り換えましょう。

(1)財布をもっていない
財布をもっていないのはそもそもNGです。お会計のたびにポケットに手を突っ込んで小銭をジャラジャラ数えたり、シワまみれのお札を伸ばしたりするようでは、金運は逃げてしまいます。お金を大切にするという気持ちが重要なので、きちんと財布はもつようにしましょう。

(2)使い込んでヨレヨレになった財布
モノを大切に使うことはいいことですが、財布がヨレヨレになっていると、生活感が漂いすぎていい印象を受けません。後輩などにごちそうしたとしても、「この人におごってもらうのは申し訳ないから次から自分で出そう」と変な気を遣わせてしまします。使い込んでヨレヨレになった財布は早めに買い替えましょう。

(1)財布をもっていない
財布は使う人の「懐の深さ」も感じさせるため、例えば定期入れのような小さい財布はいい印象を与えません。また、お会計のたびに小さく折りたたんだお札を取り出し、伸ばして使っているのも印象がよくないもの。小さい財布は小銭入れとして使うようにして、お札入れは新調するといいでしょう。

運気がアップする財布の使い方

財布の使い方が下手な人は、お金の管理も甘くなりがちです。運気をアップさせるためにも、スマートな財布の使い方をマスターしましょう。

(1)お金の入れ方にこだわろう
折れ曲がったお札をそのまま入れたり、入れたお札の端がはみ出したりしているようでは、運気は上がりません。お金も人と同じで、大切にしてくれる人のところに集まってくるのです。お札はシワを伸ばして向きをそろえて財布に入れるようにしましょう。

(2)財布の中身を整理整頓しよう
財布の中身がカードやレシートでパンパンだと、だらしない印象を与えてしまいます。不要なレシートは処分し、あまり使わないカードはカードケースに入れて、できるだけシンプルに使いましょう。

(3)小銭入れを上手に使おう
財布に小銭がいっぱい詰まっているのも印象がよくありません。小銭が増えたら、財布に入れる小銭を必要な量まで減らしておくといいでしょう。小銭を使う機会が多い人は、小銭入れを使うようにしましょう。

財布選びのポイントはマネをすること

運気がアップするお財布の選び方や使い方はいろいろと紹介されています。

・お金の居心地がいいように、折り財布は使わない
・風水で運気のいい色を選ぶ
・運気のいい方向の店で買う
・邪気がたまりやすい床に財布を置かない
・お金が逃げないようにお札は頭を下にしてしまう
・家では財布を置く場所を決めておく


それぞれにもっともな理由があるようですが、これだけあると、どれを実践すればいいのか迷ってしまいますよね。

そんなときには、どんな人がどんなお財布を使っているのかチェックして、運気のいい人のマネをするのがポイントです。きっと、会社の社長さんや仕事がデキる先輩は、上質でシンプルなお財布をオシャレに使っているはず。チャンスがあれば、お財布の選び方や使い方など、こだわりを教えてもらいましょう。
もしかしたら、それをきっかけにして親密な関係になり、運気が上昇しはじめるかもしれませんよ!

【平均年収ランキング】20代・30代の業種別・職種別・年代別に平均年収をまとめました。

ライタープロフィール

斉藤 勇(ファイナンシャルプランナー、宅地建物取引士)

オフィスISC代表。保険や貯蓄、住宅ローンなど、お金にまつわる疑問や悩みごとの相談に応じている。不動産取引では不動産投資を通じて得た豊富な取引経験をもとに、売り手と買い手、貸し手と借り手、それぞれの立場でアドバイスを実施。モットーは「常に感謝の気持ちを忘れずに」。