第二新卒のコミュニケーションを応援するメディア

DAY 2017.04.04 マネー

いまからきっちり貯めよう! FPが教える賢い貯金術5選

一生懸命働いているのにお金が貯まらないと、仕事のモチベーションが下がってしまいますよね。そこでマスターしたいのが、だれでもできるカンタンな「貯金術」!お金の使い方をちょっと工夫したり、生活習慣を変えたりするだけで、サクッとお金が貯まります。
貯蓄のためのステップを実践して、賢い貯金術を身につけましょう!

ステップ1:目標を決めて、1日も早く貯金を始めよう!

お金を貯めるために一番大切なのは、「絶対に貯金をするぞ!」という強い思い。
「月末までにお金が残っていたら、少しずつ貯めていこう」というあいまいな気持ちでは、お金は貯まりません。

「毎月3万円ずつ積み立てて、30歳までに絶対200万円貯める!」のように、期限と目標の金額を具体的にはっきりと決めて、強い気持ちで貯金計画をスタートしましょう。

ステップ2:貯金用の銀行口座を作ろう!ポイントは利息より手数料無料!

貯金額の目標を決めたら、次に取り掛かりたいのが貯金用の銀行口座の準備。給料が振り込まれる銀行口座とは別の口座を作って、毎月決まった金額を積み立てていきましょう。

その際、ポイントとなるのは手数料。低金利の今、もらえる利息はごくわずかなので、預金金利は無視して構いません。一方、利用するたびに支払うATM手数料は、1回の金額がわずかでも、積み重なると効率よく貯金ができません。勤務先から近く、手数料無料で利用できる金融機関を選んで、貯金用の銀行口座を作りましょう。

昼間は仕事が忙しくてなかなか銀行に行けないという人は、ネット銀行がおすすめです。ネット銀行は、コンビニと提携しているため、一定回数まで手数料無料で利用できます。細かな条件を確認して、手数料を気にしないで使えるネット銀行を探しましょう。

ステップ3:給料をもらったらすぐに貯金する習慣を身につけよう!

給料が振り込まれたらすぐに、貯金用の銀行口座へあらかじめ決めた金額を積み立てるのがポイント。「目標を達成するまで絶対にお金を引き出さない」という強い気持ちをもって、上手にやりくりする習慣を身につけましょう。

やりくりが厳しいと感じたら、毎月の貯金額を引き下げることも大切。お金が足りなくなるたびに貯金用の口座からお金を引き出していると、それが習慣になってしまい、お金は貯まりません。悪い習慣が身につかないようにするのも、貯金のための重要なポイントです。

ステップ4:貯金する習慣がついたら、家計の見直しを!

毎月使うお金をリストアップして、どんなものにいくら使っているのかチェックしてみましょう。

「スマホの料金がかなりかかっているな......」
「外食が多かったので、食費が増えちゃったな......」
「フィットネスクラブの会員になっているけど、仕事が忙しくて行けてないな......」

など、知らず知らずのうちにムダな出費をしていることに気づくはずです。ムダを見つけたらお金の使い方を工夫して、出費を抑えていきましょう。そのときには家計簿を上手に使うのもポイントのひとつ。最近では便利な家計簿アプリもあるので、上手に使ってスリムな家計を目指しましょう。

ステップ5:カンタンに実践できる節約術をマスターしよう!

家計の見直しでは、出費を抑える工夫も必要です。カンタンに実践できる節約術をマスターして、浮いたお金を貯金にまわしていきましょう。

スマホ代の節約術
自分の使用状況と照らし合わせて、スマホやケータイの契約プランを見直しましょう。その時には有料オプションもチェックして、必要のないオプションは解約しておきましょう。固定の支払いを抑えられれば、月々の貯金もラクになりますよ。

電気代の節約術
家電製品は使い方をちょっと工夫するだけで電気代が節約できます。

【エアコン】
夏の冷房:設定温度を27℃から28℃に設定すると、年間で約600円の節約に
冬の暖房:設定温度を21℃から20℃に設定すると、年間で約1,060円の節約に
フィルター:月に1~2回掃除をすると、年間で約640円の節約に

【冷蔵庫】
冷蔵庫の中を整理すると、詰め込んだ場合に比べて、年間で約880円の節約に
※1kWhあたり20円で計算

【水道】
・シャワーを3分間流しっぱなしにすると、約36リットルの水を消費
→半分に減らすと、年間で約1,580円の節約に
<計算方法 (36リットル÷2)×0.24円×365日>

・歯磨きで30秒間流しっぱなしにすると、約6リットルの水を消費
→1日2回・コップ1~2杯(1リットル)ですませると、年間で約880円の節約に
(計算方法 5リットル×2回×0.24円×365日)

・食器を洗うのに5分間流しっぱなしにすると、約60リットルの水を消費
→半分に減らすと、年間で約2,630円の節約に
<計算方法 (60リットル÷2)×0.24円×365日>

※リットルあたりの単価を0.24円とした場合


以上5つのステップを実践すれば、お金は着実に貯まるはずです。目標を達成したときの自分をイメージして、毎日コツコツ続けていきましょう!

【平均年収ランキング】20代・30代の業種別・職種別・年代別に平均年収をまとめました。

ライタープロフィール

斉藤 勇(ファイナンシャルプランナー、宅地建物取引士)

オフィスISC代表。保険や貯蓄、住宅ローンなど、お金にまつわる疑問や悩みごとの相談に応じている。不動産取引では不動産投資を通じて得た豊富な取引経験をもとに、売り手と買い手、貸し手と借り手、それぞれの立場でアドバイス