モテナビ|転職・人材紹介サービスのマイナビエージェント 豊富な求人情報で、あなたの転職をサポートします。

転職エージェントのマイナビエージェント >  モテナビ > 

モテナビ|真のお金持ちに学ぶ!意外とシンプルな「お金のたまる習慣&心得」5 01

2013.7.26

真のお金持ちに学ぶ!意外とシンプルな
「お金のたまる習慣&心得」5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
真のお金持ちに学ぶ!意外とシンプルな「お金のたまる習慣&心得」5

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ、ソフトバンクの孫正義…
世の中には超のつくお金持ちがいます。その人たちからちょこっとお金を分けてもらう…なんておいしい話はなかなかないかも知れませんが、その人たちが実践している「お金のたまる習慣&心得」をマネすることなら、私たちにもすぐにできちゃいます! 真のお金持ちたちの「お金のたまる習慣&心得」、ご参考ください。

FacebookのCEO、マーク・ザッカーバーグは、いつも同じグレーのTシャツを身につけています。
どうして?
いわく、毎朝同じ服装をすると服に悩む時間を短縮できる。朝の時間を短縮すると、その分早く出社することができる。結果的に、多く利益につながる行動や思考が可能になる。 ということだそう。なんでも20枚くらい同じグレーのTシャツを持っているのだというのだから、徹底してますね。

いつも同じ服装で有名な人には、黒のタートルネックにジーンズのスティーブ・ジョブスや、白衣を着っぱなしのアインシュタインなどがいます。 比較的カンタンにマネできるこの習慣。お金持ちになる第一歩として、早速取り入れてみましょう!

Microsoftの会長ビル・ゲイツは、根っからの倹約家で有名。あんなにお金持ちなクセに飛行機に乗る時は極力エコノミークラスを利用しているそうです。到着する時間は同じ!ムダな金を使うなよ!というのがビル的考え方なんだとか。
世界最高の投資家と呼ばれるウォーレン・バフェットもかなりの倹約家。彼の車のナンバープレートには『Thrifty(倹約)』の文字が書かれているという変人ぶりです。 ただし、倹約といっても、他人にドン引きされるようなケチになれ、という意味ではありません。 たとえば、キャリアアップのために留学したい…大志があっても貯金がなければ、夢は夢のままで、現実に変えることはできません。
お金持ちの倹約とは、ムダな出費をおさえ、使うべきときにお金を使うという意味。 「浪費」を抑え、然るべきときの「投資」に備えるのが、イケてるお金持ちの作法なのです。

松下電器の創始者である松下幸之助は生前、どんなに偉くなっても率先してトイレ掃除を引き受けていたそうです。お笑い芸人の頂点・ビートたけしも、自分が成功したのは他人が嫌がるトイレ掃除を実践してきたからだと明言しています。

普通、トイレ掃除というのは誰しもが敬遠しますよね。でも、御大が自らトイレ掃除している姿は、周囲の人間にどう見えますか?カッコ良くありませんか? トイレ掃除をすると金運が上がる…という風水は有名ですが、実際、そういう運気を呼び込む秘訣は仕事に対する姿勢に集約されそう。
もしあなたが真剣にお金持ちになりたいと願うなら、今日から職場のトイレ掃除はすべて引き受けてやる!という強い信念が求められるのかもしれません。

専門のキャリアアドバイザーが
あなたの転職活動を無料サポート