女性のための転職特集|求人・転職エージェント

女性の転職

専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

女性のための転職特集

女性向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

改正・育児休業法等によって、女性が出産後も働きやすい環境づくりが進められました。結婚や出産を経ても仕事を持ちたいとする女性が増えています。仕事を人生でどう捉えるかによって、働き方は変わってきます。女性ならではの転職のポイントについてみていきましょう。

女性の転職は男性とは違う!?

男性は定年とされる年齢まで働き続ける人がほとんどですが、女性はキャリア志向の強い人や仕事は結婚までと考える人、ワークライフバランスを重視しながら働きたい人など、働き方は多様です。

どのような考え方を持っていたとしても、実際に結婚や出産の局面を迎えたときには、今後の働き方についての選択を迫られます。男性の育児への参画が進んでいるとはいえ、女性は出産でキャリアを中断せざるを得ないケースも多いでしょう。結婚・出産を経て働きやすい環境を得るために、20代後半から30代前半で転職をしておく人もみられます。

女性の20代や30代の転職では、結婚や出産を経た後にどう働きたいか見据えて考えていく必要があります

女性の転職のポイント

女性に限らず、未経験の職種への転職で採用されやすいのは、20代までです。20代であっても、同業界で異職種、異業界で同職種といったように関連性のある転職の方が実現しやすいです。そのため、20代のうちに30代はどうありたいか、キャリアプランを考えておくことが大切です。30代になって、もっと専門性の高い仕事に就きたいと考えたとき、業界も職種も違う仕事を志すには無理があるのです。40代の女性の転職では、大幅な給与ダウンを覚悟しなければ、未経験の仕事は難しく、現実的には同じ職種で、仕事内容や待遇が希望と合うところを探すことが基本です。

職種によっては転職の際に資格を取得しておくことが武器になります。実務経験が重視される仕事であっても、基本的な知識を身につける、意欲をアピールするという点において、資格の取得は有効です。

結婚後の転職は難しい!?

20代や30代の子どものいない既婚の女性の転職では、子どもの予定を聞かれることが多くみられます。子どもの予定が転職のネックになっていると考えがちですが、家庭の状態や希望など、面接時に現状を正直に話した方が、採用された後もトラブルにならずに済みます

30代や40代でブランクがある人の再就職では、年齢を重ねてブランク期間がある分不利という点は否めません。しかし、面接ではヒューマンスキルで補える面もありますので、歳を重ねた多様な経験が評価されることもあります。年下の上司と良好な関係を築けそうな人材であるかも大切なポイントです。

20代の前半は目先のことを考えがちですが、20代後半以降はその後の転職で有利になる資格の取得などを考えてみましょう。転職でステップアップしたり、理想の仕事に就いたりするためには、5年後、10年後を見据えて行動していくことが大切です。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

 関連ページ

女性のための転職特集ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。