産後に転職するときに知っておきたい職場選びのポイントとは?|求人・転職エージェント

女性の転職

専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

産後に転職するときに
知っておきたい
職場選びのポイントとは?

女性向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

妊娠中は、「産休や育休が終わったら、また以前と同様にバリバリ働くぞ!」と考えていても、いざ出産して子育てが始まると、思ってもみなかったことが次々と起こってしまいます。

現在の職場で仕事を続けることが難しくなり、転職を考え始める方も少なくありません。ここでは、産後に転職する際の、職場選びのポイントをご紹介します。

産後に転職を希望する方が多い4つの理由

産後、今まで働いていた職場に復帰することは簡単なように思われますが、育休中に人事異動があって職場の雰囲気がガラッと変わってしまったり、新しいシステムが導入されて仕事についていけなくなったりと、意外と難しい部分もあります。

産後に転職を希望する方が多い理由には、どういった背景があるのでしょうか?

1.子育てが始まってから、その大変さを初めて実感する方が多い

兄弟姉妹の人数が少なくなった現在、出産前に乳児に接したことがない方も多いかもしれません。

そこで、出産後に子育てが始まってから、「こんなはずではなかった!」と子育ての大変さを初めて実感し、「こんな状態では仕事に復帰できない!」と転職を考える方は少なくありません。

2.時短などが認められなかった

出産後、保育園の送迎時間などから、フルタイムで働くことが難しくなることもあります。

事前に、会社に時短勤務制度があることを確認していたにもかかわらず、復帰をしてみたら、同時期に退職などが相次ぎ、上司に時短制度の利用を認めてもらえなかったというケースも。

仕事と子育ての両立をこなすために、転職を余儀なくされることもあります。

3.育休明けに復帰したが、職場の雰囲気が変わっていた

現在は、企業によっては育休の期間が長期化しています。そのため、育休中に人事異動で上司が変わっていたり、組織改編があったり、さらには事務所が移転していたりと、職場の雰囲気が以前とは大きく異なっていることもあります。

そうした場合、雰囲気の違いから復帰に不安を感じ、思い切って転職を考えるケースがあります。

4.自宅や保育園の近くで働かないとお迎えに間に合わない

深刻化して久しい待機児童の問題。利用できる保育園がなかなか見つからないといっても、大切な子供を預ける以上、どこの保育園でも良いというわけにはいきません。

納得できる保育園が自宅から遠かったり、職場とは反対方向だったりした場合、保育園を変えることが難しいために、むしろ自分の職場を変えることを選択せざるをえない場合もあります。

産後の転職先の探し方

実は、産後の転職活動は、両親に育児の協力をお願いしたり、ベビーシッターや一時保育を活用したりしない限り、子供の面倒を見ながら行わなければならないという制約があります。

そうした状況においての転職先の探し方には、どういったものがあるのでしょうか。

転職サイトに登録する

転職サイトの一番のメリットは、パソコンやスマホがあれば、自宅にいながら子供のお昼寝中といったちょっとした隙間時間に、手軽に求人条件をしぼって、自分に合った転職先を見つけることができる点にあります。

転職サイトの中には、ターゲットを女性にしぼったものや、ワーママの転職を得意とするサイトなどもありますので上手に活用しましょう。

転職エージェントを活用する

転職サイトがインターネットを通じて自分で情報を探すのに対し、転職エージェントは、登録すると転職支援のプロであるキャリアアドバイザーがマンツーマンでキャリアカウンセリングを行い、その方の適性や条件に合った最適な求人を無料で紹介してくれます。

しかも、面接日のアレンジや労働条件の交渉、キャリアプランの作成のほか、エントリーシートや履歴書の書き方、面接対策までフォローしてくれますので、積極的に活用してください。

マザーズハローワークに相談する

子育て中の方におすすめなのが、仕事と子育ての両立を目指す方の支援に特化した「マザーズハローワーク」です。

子育て中の方や、仕事と家庭の両立を希望している方が働きやすい求人を多く集めているマザーズハローワークでは、授乳室、チャイルドコーナーといった子供連れでも行けるような施設があったり、託児サービスがついたセミナーを開催したりしています。

スタッフが自らの経験を基にアドバイスをしてくれるなど、子育て中の方に適した職場を紹介してもらえます。

知人に紹介してもらう

自分のキャリアや経歴を詳しく知っており、子育て中の状況を理解してくれている知人に、転職先を紹介してもらうのもひとつの方法です。

近所に住むママ友であれば、自宅近くで通いやすい職場を紹介してくれる場合もあります。

産後に転職するときの職場選びのポイント

産後に転職を決断したら、どのような視点で職場を選ぶのが良いのでしょうか?産後の転職ならではの、職場を選ぶポイントについて見ていきましょう。

育児に理解があるか

産後の転職を成功させるためには、必要最低限、育児に理解のある職場を選ぶことは欠かせません。育児に理解のある職場かどうかを見極めるためには、次のような点をチェックしてみてください。

  • 実際に子育て中の従業員が働いており、時短制度やフレックスタイム制度を活用している
  • 残業が少ない
  • 基本の退社時刻の設定が早い
  • 子供の病気といった理由での、突然の有休を受け入れてくれる環境が整っている

従業員に子育て中の女性が多ければ、それだけ育児に理解のある職場だといえます。子供の病気などで有休を取得したときも、さりげなく仕事のフォローをしてもらいやすい環境が整っている場合が多いでしょう。

もし、子育て支援制度があっても、実際の職場に子育て中の女性が少なければ、「制度はあっても利用なし」という可能性もあります。

自宅や保育園から通いやすいか

通勤時間は、いわばデッドタイムです。通勤時間が1時間違えば、それだけ早く家や会社を出なければいけません。そのため、中には保育園や会社の場所に合わせて、引越しをする方もいるほどです。

自宅を出て保育園に子供を預けて、そこから職場に通うことを考えると、自宅や保育園の最寄り駅の沿線にある職場を選択するのがベストです。

キャリアやスキルを活かせるか

転職先を探す場合には、今までのキャリアを活かせる職場を選択したほうが良いでしょう。採用に有利になるだけではなく、転職後も一から新しい仕事を覚えるよりも負担が少なく、会社にも貢献できます。

産後の転職活動を成功させるポイント

産後の女性の転職活動は、簡単なものではありません。

もし、能力が同じ人材なら、やはり働き方にある程度の制限がある子育て中の女性よりも、残業や出張にも身軽に対応できる独身女性のほうが、どうしても採用に際して有利になります。

そうした壁を乗り越えて、産後の転職活動を成功させるポイントには、どのようなものがあるのでしょうか?

育児休業中に資格を取得する

育児休業期間中は、自分のキャリアを見つめ直し、子供が生まれてからの新たなキャリアプランをじっくり考えるチャンスでもあります。

その結果、キャリアチェンジをして新たな道に進みたいと考えたり、よりキャリアアップしたいと考えたりした場合には、新たに資格を取得するという方法もあります。

資格を持っていれば、転職の際のアピールポイントになるだけではなく、採用企業に対しても、育休で一時的にキャリアを中断させたブランクを感じさせない効果もあります。

自分のライフスタイルに合った働き方を選択する

現在は、正社員だけではなく、パート、派遣社員と多様な雇用形態があります。キャリアは細く長くでも、つないでおくことが大切です。

産後の転職では、パート勤務で子育てを優先してキャリアをつなぎ、ゆとりができたらフルタイムに復帰する方法や、派遣社員として働きながら、夏休みの長期休暇には一時的に契約が途切れるように調整する方法など、正社員という働き方にこだわらず、自分のライフスタイルに合った働き方をするといった選択肢もあります。

転職条件の優先順位を決めて成功する転職を目指そう!

産後の転職活動は、時間的にも条件的にも厳しいのが現実です。そこでまずは、自分が大切にしたいことの優先順位を書き出してみてください。すると選ぶべき会社が見えてきて、対策をしっかり立てることができるようになるはずです。

また、転職して働き続けるためには、家族の理解も不可欠です。転職活動を始める前には、しっかりとパートナーと話し合いをしておくことも大切です。

女性で転職をお考えの方へ。
まずは、転職の基礎知識を身に着けて、不安のない転職活動を行いましょう。

 人気のコンテンツ

 その他のお役立ちコンテンツ

産後に転職するときに知っておきたい職場選びのポイントとは?に関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。