【女性向け】事務職への転職で知っておきたいこと|求人・転職エージェント

女性の転職

専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

【女性向け】
事務職への転職で
知っておきたいこと

女性向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

女性が活躍している職種といえば、筆頭として事務職が挙げられます。

女性の雇用人数が多く、女性からの人気も高い事務職は、女性の転職におすすめの職種でもあります。子育て中の既婚女性も多く活躍しており、福利厚生が手厚い傾向があることでも知られています。

ここでは転職を検討している女性に向けて、女性が事務職に転職するメリットや、転職で成功するコツ、取得すると有利になるスキル・資格などをご紹介します。

1. 女性が事務職へ転職するメリットとは?

女性人気が高い事務職は、やはり転職するだけのメリットがたくさんあります。
代表的な3つのメリットをご紹介します。

1.1. ライフスタイルが変わっても働きやすい

事務職は女性が多いのが特徴です。そのため長く働けるように、職場環境や労働環境が整っていることが多く、結婚・出産によりライフスタイルが変わっても育休や産休を活用して働きやすいのがメリットです。

一時的に休職しても、パートとして再就職するケースもよくあります。また、パートであれば未経験でもチャレンジできるなど、比較的間口が広いのもうれしいポイントです。

1.2. 働く場所が多く、就職しやすい

事務職はあらゆる職場で求められているので、働き口が多いのもメリットです。

医療事務だけでも、診療所、病院、歯科、調剤薬局、大学病院など様々な現場で求人があり、自分に合った職場を選びやすいといえます。

1.3. 資格を取得してスキルアップできる

事務職は業界によって様々な資格があり、実務を通じて資格を取得すれば今後のキャリアアップや転職の土台になります。

資格の勉強方法は通学講座から独学まで複数あり、自分に合ったやり方で無理なくチャレンジできるのもメリットです。

2. 女性の事務職転職で失敗しないためのコツ

女性が事務職に転職する際に失敗しないためのコツを4つご紹介します。

2.1 業界や職種ごとの事務職の仕事内容を調べておく

一口に事務といっても、業界や職種によって事務の内容は大きく異なります。

専門スキルが求められる事務もあり給与も様々なので、自分が理想とする働き方や求める仕事内容と照らし合わせて選びましょう。

2.2. 業界経験、未経験の有無をしっかりと確認する

未経験可の事務もあれば経験必須の事務もあり、それに応じて転職準備のボリュームも変わります。ワークライフバランスを重視したいのか、キャリアアップしたいのかで選ぶ事務職も変わるでしょう。

ハードルが高い事務職を目指すなら事前に条件を調べ、準備してから転職に臨んでください。

2.3. 転職エージェントサービスなどを利用し、履歴書・面接対策をする

転職にあたってなにから着手すればいいのかわからない方は、転職エージェントサービスを利用してサポートを受けながら履歴書・面接対策をしましょう。

転職を成功させるコツや進め方を教えてもらえるので、効率的に転職活動を進められます。

> 転職エージェントについてもっと詳しく知る

2.4. 事務職で有利な資格を取得しておく

事務職で有利な資格を取得すれば、好条件の事務職に転職しやすくなります。

資格の勉強方法は、主に通学講座、通信講座、専修学校、独学の4つがあるので、自分に適した学習スタイルを選びましょう。

3. 事務で求められるスキルと持っていると有利になりやすい資格

事務職で求められるスキルと、持っていると有利になりやすい資格の2つをご紹介します。

3.1. 求められるスキル

3.1.1. 作業の正確性とスピード

事務処理は正確性とスピードが命です。事務職は間口が広い分、差をつけるのはこうした処理能力が肝になります。ケアレスミスを極力減らし、優先順位をつけて素早く対応するスキルが必要です。

3.1.2. パソコンのスキル

今はどこの職場でもパソコンスキルは必須。パソコンスキルが高ければ高いほど、事務処理をスピーディーに行うことができ、情報処理のスペシャリストとして活躍できるでしょう。

3.1.3. コミュニケーション能力

事務職はほかの部署から依頼されて対応する仕事が多いため、多くの人とのコミュニケーションが発生します。スムーズに事務処理を行うには、相手の要望を的確に把握してミスを防ぐコミュニケーション能力も必要不可欠です。

3.1.4. スケジュール管理能力

事務処理は月末月初に集中することも多く、確実にミスなく対応するためには期日までにきちんと完了させるスケジュール管理能力も欠かせません。

必ずチェック期間を設けるなどして抜け目ないスケジュールを立てられる人は重宝されます。

3.1.5. 臨機応変な対応力

IT化が進んでコンピュータでの自動処理ができる事務仕事も増えてきましたが、急な変更など臨機応変な対応が求められるケースも多く、周囲と連携しながら最適な処理を取捨選択すべきときもあります。

マニュアル対応だけでなく、臨機応変な対応力も身につけましょう。

3.2. 有利になりやすい資格

3.2.1. マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)とは、Word、Excel、PowerPointなどの利用スキルを証明する資格です。

一般的なパソコンスキルを有している証明になり、事務職に必要不可欠なスキルともいえます。パソコンスキルを充実させたい方におすすめです。

> MOS公式サイト

3.2.2. 文書情報管理士

文書情報管理士とは、文書管理エキスパートであることを証明する資格です。書類の電子化や個人情報の保護の方法、文書の重要性などを学びます。

事務職は文書管理を行うことが多いため、この資格を有していると転職時に評価されやすくなります。

> JIIMA公式サイト

3.2.3. TOEIC

TOEICは「国際コミュニケーション英語能力テスト」の通称で、英語が母国語ではない人の英語コミュニケーション能力を検定するための試験です。

資格ではなく試験なので、点数が目安になります。IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)によると、2018年度の新入社員の平均点は489点となっています。600点以下のスコアだと英語コミュニケーションが難しいとされているため、最低600点はクリアしたいところです。

> (2018年度 新入社員TOEIC Listening&Reading 最新調査)

4. 事務職は女性がチャレンジしやすく、長年活躍できる職種

女性が多く活躍する事務職に転職するためには、こうした下準備やスキル習得が成功のカギです。様々な事務職があるので、自分が理想とする働き方をイメージしてから準備しましょう。

具体的に思い浮かばない方は、転職エージェントサービスを利用して相談し、志望する事務職を絞るのもひとつの方法です。女性が生涯通じて働きやすい事務職で、自分の価値を発揮してはいかがでしょうか。

 関連ページ

【女性向け】事務職への転職で知っておきたいことに関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。