未経験業種に正社員転職を考える女性が覚えておきたい転職対策|求人・転職エージェント

女性の転職

専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

未経験業種に
正社員転職を考える
女性が覚えて
おきたい転職対策

女性向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

未経験業種で正社員として働きたい女性は、しっかりとした転職対策を行う必要があります。転職対策のコツを知れば、正社員採用される可能性は一気に高くなるでしょう。

ここでは、未経験業種に正社員として転職したい女性が覚えておくべきポイントを解説。採用につながる履歴書や面接のコツ、おすすめの転職方法をご紹介します。

1. 履歴書・職務経歴書で気をつける4つのこと

未経験業種に正社員転職するために、履歴書で気をつけるポイントを4つご紹介します。

1.1. 応募する企業に合わせた内容にする

履歴書は自分をアピールする重要な材料ですが、単に経歴や強みを書くだけでは採用につながりません。「企業目線」で履歴書を書くことが重要になってきます。

具体的には、志望する企業が扱っている商品やサービス、クライアント、仕事内容に応じて企業が求めている人物像」を想定し、それにマッチした内容を記載することで自分の価値をしっかりとアピールでき、他の応募者に差をつけられるようになります。

1.2. 自分の長所や魅力を簡潔に書く

企業が求めている経験や人物像を設定したら、それに合った長所や魅力を簡潔に書いていきましょう。ゴールをイメージしないまま書き出すと、何を伝えたいのかわからない文章になりがちです。

まず、結論を先に持ってくると簡潔でわかりやすい文章になります。箇条書きの簡潔さをイメージしながら、結論ファーストの文章を心掛けましょう。

1.3. 分量は大枠の8~9割を目安にする

熱意をアピールするためにボリュームを増やし、枠いっぱいに文章を書く方もいますが、採用担当者からすると余白がなく読みにくい印象を受けます。

とはいえ、少なすぎるとやる気がないようにも思われる可能性があります。文章量の目安は、記入欄の8~9割ほどを目安にしましょう。

簡潔に書けば、8~9割の範囲内でも必要な情報は十分に収めることができます。

1.4. 誤字脱字など、見直しはしっかりと

誤字脱字をなくすことは履歴書の基本です。履歴書に誤字脱字があると、それだけケアレスミスが多い人物だとみなされてしまいます。採用に向けて最初の一歩ですから、基本的なことはしっかりとおさえておきましょう。

書き終えたら最初から読み直して、誤字脱字がないかチェックしてください。1回だけだと見落とす可能性があるため、2回読み直すのがおすすめです。

2. 面接で好印象を残す4つのポイント

履歴書を出して書類審査が通ったら、次は面接です。面接で好印象を残すポイントを4つご紹介します。

2.1. 到着時間は5~10分前がベスト

遅刻はご法度ですが、早すぎる到着も迷惑になります。

開始時刻の5~10分前に到着するようにしましょう。早く着いた場合は、周囲のカフェなどで面接の予習をしたりして、時間を調整しましょう。

2.2. TPOを意識した身だしなみに整える

身だしなみは面接で第一印象を決める大きなポイントです。

服装はもちろん、髪型やメイクなどにも気を使いましょう。一度お手洗いに立ち寄って服にシワやほこりがついていないかチェックし、もし髪に乱れがあった場合はセットし直し、メイクを整えてから訪問するのがいいでしょう。

2.3. 明るい挨拶と礼儀正しい言葉遣いで

面接で最初にかわす言葉は挨拶です。数十秒で人の印象は決まると言われているので、声のトーンを少し上げて、明るい挨拶を心掛けましょう。また、言葉遣いにも人となりが出るので、正しい敬語を使うように注意しましょう。

2.4. 自分の思いや希望ははっきりと伝える

面接官は何人もの応募者に会っているため、自分をより良く見せようとして嘘をついても見抜かれてしまうことが多いです。

また、印象を良くしようとするあまり取り繕いすぎると、かえって表面的な言葉に感じられて印象が悪くなりますし、ミスマッチの原因になってしまいます。

自分の思いや希望は自分の言葉で、嘘偽りなく素直に伝えましょう。

3. 正社員の転職を目指すには?

最後に、正社員を目指す女性に向けておすすめの転職方法を3つご紹介します。

3.1. 現職と近しい職種に転職する

企業が重視するのは経験(スキル)と人物像です。業界未経験であっても現職と近しい職種であれば、同業でなくとも経験が重視され、正社員で採用される可能性も高いでしょう。

自己アピールする際の言葉も具体的になり説得力が生まれるので、能力をしっかり伝えられます。経験や実績をアピールすれば、企業が抱えている課題を解決できる能力を持った人材だと認識されるでしょう。

3.2. 転職先で求められる資格を前もって取得しておく

経験同様にスキルとしてアピールできるのが資格です。

資格を取得するだけの知識を持っていることが証明できるため、ビジネススキルがあると判断されます。

もちろん転職先で求められていないスキルだと意味がないので、転職先の業界や職種で求められる資格の取得を目指しましょう。

3.3. 転職エージェントサービスを利用する

未経験業種に挑もうとしている方には、転職エージェントサービスを活用するのもおすすめです。

未経験業種に正社員として採用されるのはハードルが高く、自分の経験や適性とマッチした企業を探す必要があるので、入念な準備と情報収集が重要になります。

転職エージェントサービスでは、非公開求人も多く取り扱っており、求人の母数が多いうえに自分にマッチした求人をピックアップして紹介してくれるため、転職活動がスムーズになります。

4. 入念な転職対策で未経験業種でも正社員になれる

こうしたポイントをおさえて転職対策をすれば、未経験業種でも正社員として採用される可能性は高くなります。

企業が求めている人物像やスキルを想像しながら、自分に足りない部分を補ったり、アピールするべきポイントを履歴書や面接で伝えたりして転職活動を行いましょう。

なかなかイメージできない場合は、ぜひ転職エージェントサービスでサポートを受けてみましょう。

 関連ページ

未経験業種に正社員転職を考える女性が覚えておきたい転職対策に関するページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。