Trivia

自己肯定感とは?高い人・低い人の特徴や注意すべきポイント

自己肯定感が低いと、自分の判断に自信が持てなかったり、常に他人の反応が気になったりして生きづらさを感じてしまいます。しかし、そんな自分を変えたいと思っても、長く自分に根付いた意識を変えることは簡単なことではありません。自己肯定感が高い人と低い人には、それぞれ共通した特徴が見られます。

今回は、自己肯定感が高い人と低い人のそれぞれの特徴や、自己肯定感を高めるために注意すべきポイントについて紹介します。

1. 自己肯定感とは?

自己肯定感とは、「自分の存在には価値がある」「自分自身に満足できている」と自分の価値や存在意義を肯定できる、自分自身を認め尊重できる感覚のことです。自分が他人からどう評価されているかではなく、自分自身が現状の自分に満足できているかどうかを基準に考えることで、自己肯定感の高さは決まります。

自己肯定感が低い人は心から自分を愛することができず、良くない部分ばかりが目に付いてしまい、なかなか自分を認めてあげることができません。周囲から見ると十分に成果を上げていて評価されていても、本人にとっては「自分はまだまだ能力が不足している」と思い込んでしまっている場合もあります。

2. 自己肯定感が高い人の特徴

自己肯定感が高い人には、次のような共通した特徴が見られます。

2.1. 自分や物事を肯定的に見ることができる

自己肯定感が高い人は自分のあり方に肯定的で、物事を前向きに捉えることができます。ありのままの自分に満足しているため、不得意なことがあったとしても、それが理由で自分が劣っていると考えることはありません。他人に対しても常にプラスの面を見る習慣が根付いているため、相手の粗探しをするのではなく、良い面を見つけて褒めたり、意思を尊重したりしようとします。

2.2. 主体性が高い

自己肯定感の高い人は主体性が高く、自分から積極的に行動しようとします。誰かの評価を気にするのではなく、自らの意思で行動することに迷いがありません。仕事やプライベートに関わらず、「自分はこうしたい」というはっきりとした意思を持っています。

2.3. 自分の強み弱みを把握している

自分の強みや弱みを把握しており、得意なことや苦手なことを理解しています。強みは日々の活動の中で存分に活かす一方、弱みがあっても卑下せず、「それも自分らしさ」と受け入れることができます。

2.4. 他人の意見を尊重できる

自己肯定感が高い人は、「相手よりも自分が劣っている」という思考にとらわれないので、相手の意見が自分と違っても素直に受け入れることができます。他人の意見を尊重して、「自分はこう思うけど、それもいいね」と認めたり、「その意見は素晴らしいね」と素直に称賛したりでき、相手との意見交換を楽しみ、認め合おうとする姿勢をとります。

3. 自己肯定感が低い人の特徴

続いて、自己肯定感が低い人の特徴を紹介します。

3.1. 自己効力感・自己信頼感が低い

自己肯定感が低い人は、すぐに「自分は劣っていて何も成し遂げられない」と考えてしまう傾向にあります。自分自身を信じて認める「自己効力感」が低く、物事に取り組む前から「どうせ失敗するだろう」と考えてしまいがちです。

また、自己効力感が低いと、自分の能力を信じる「自己信頼感」も低下し、何かにチャレンジしようとする意欲を失いやすくなります。

3.2. 物事に対し優柔不断

新しい物事に直面した際になかなか決断ができず、迷った末に一度決めても、すぐに方針を変えてしまいます。自分の決断に自信が持てないため、他人から否定されることを恐れ選択肢を一つに絞り込むまでに大きな労力を必要とします。また、考えが変わりやすいため一貫性がない人だと評価されてしまう場合あります。

3.3. 承認欲求が強い

自分に自信が持てないがゆえ、どうにかして自分に価値があることを他人に認めさせようとする方も多く見られます。他者に認められたい欲求(承認欲求)が強く、武勇伝を一方的に語り続けたり、高級品に身を包んだりして、誰かに称賛されるための行動に必死になります。

一見すると自信があるように見えますが、それは自分で自分を認めることができていないために、客観的に評価されやすい話題やファッションを使って誰かに「すごい」と言ってもらいたいという欲求の現れです。

3.4. 他人に依存してしまう

自分に自信がないために自ら意思決定をすることができず、他人に依存した行動をとるようになります。家庭であれば親、仕事であれば上司など、自分以外の誰かが望んだとおりに動こうとしがちです。

自分以外の誰かの意思決定に従い続けると、自分の取った行動に責任を持つ気持ちが薄れ、「失敗したのはあの人の指示が悪かったからだ」「あの人がもっと良い判断を下していれば成功していたのに」と、他人に責任を押し付けがちになります。

4. 注意すべき行動や意識

自己肯定感が低い人は、無意識に自己肯定感を損なう行動をとっているかもしれません。次の3つのポイントに注意して、行動や意識を変えていくことが大切です。

4.1. 自分を責めすぎない

自己肯定感が低い人は、過剰に自分を責める傾向にあります。「こんな簡単なこともできないなんて、どうして自分はこんなに能力が低いんだ」「つまらないことでミスをして、なんて自分は駄目な人間なんだ」など、自分を必要以上に卑下するとますます自信を失って主体的に行動する意欲が低下してしまいます。もし失敗や思うようにできないことがあったとしても、自分を責めすぎないようにしましょう。

4.2. 何でもネガティブに捉えない

たとえば上司に改善点を指摘された時、「あの人はきっと自分のことが嫌いなんだ」と考えてしまう人もいるでしょう。しかし、実際には今後の成長を期待してアドバイスをしてくれているのかもしれません。

物事は必要以上にネガティブに捉えず、前向きな理由を自分なりに見つけてみましょう。物事を悪く捉えすぎると自己肯定感を損なうだけでなく、周囲の人からも「扱いにくい人だな」と思われてしまう可能性もあります。

4.3. 過度な謙遜はしない

他人の好意的な意見に対して過度に謙遜するのは望ましくありません。相手が褒めてくれている部分は素直に受け入れることを心がけましょう。「謙遜しすぎて卑屈になる」のと「謙虚である」ことは異なります。相手は心から好ましいと思って褒めてくれているにも関わらず頭ごなしに否定してしまうと、人間関係の悪化につながってしまうかもしれません。

5. 自己肯定感を高めるポイントは?

では、自己肯定感を高めるためにはどんな行動を取ればいいのでしょうか。重要な4つのポイントについて解説します。

5.1. 現状の把握と環境を整える

自己肯定感が低いことも含め、まずは今の自分としっかり向き合うことが大切です。すぐに自分を変えるのは難しいことですが、「ネガティブな感情を持っていてもいい」と自分を受け入れるだけでも大きな一歩となります。

自己肯定感を損なっている原因が周囲の環境にある場合は、思い切って環境を変えるのも手段の一つです。例えば職場の同僚や上司にどうしても苦手な人がいたり、仕事が合わないと感じているなら、転職などの方法で環境を一新することで自信が回復する場合もあります。

5.2. 自分のネガティブな気持ちを書き出す

「書くこと」には、物事に区切りを付ける効果があります。ネガティブな思考から抜け出せなくなった時は、頭の中を整理する意味でメモやノートに気持ちを書き出してみましょう。ネガティブな思考の原因となった出来事や、それに対して自分がどう思ったのかを素直に綴ります。書くことによってモヤモヤした気持ちが可視化され、頭の中で「終わったこと」として整理されるようになります。

5.3. 後ろ向きな言葉を肯定的な言葉に変換してみる

「きっと失敗するに決まっている」「どうせ上手くいかない」など、後ろ向きな言葉を多用してしまう人は、意識して肯定的な言葉を使ってみましょう。「次は成功するかもしれない」「もしかしたら上手くいくかも」といった前向きな心構えで行動すると、自然と気持ちもポジティブになってきます。

5.4. 自分の感情や思いを優先してみる

自己肯定感が低い人はいつも周囲の顔色を窺いながら行動するため、「他人がどう思うか」を無意識に優先している傾向にあります。嫌われたくないと思うあまりに、自分が何を望んでいるのかにはなかなか目を向けようとしません。

自己肯定感を高めるには、自分の感情や思いを優先することも大切です。他人ではなく、自分はどうしたいのかを自分自身に問いかけて、気持ちのままに行動してみましょう。自分を尊重できなければ、いつまでも自己肯定感は低いままです。小さなことからでも自分の心の声に耳を傾けて実行してみると、新しい自分を見つけられるかもしれません。

6. まとめ

ここまで、自己肯定感が高い人、低い人の特徴や、自己肯定感を高めるために注意すべきポイントなどをお伝えしてきました。

自己肯定感が高い人は、自分の強みも弱みも受け入れた上で自分を認め、主体性を持って前向きに行動しています。急に意識を変えることは難しいかもしれませんが、まずは現状を振り返りながら、少しずつでも自分を認め、受け入れてみましょう。ポジティブな想いを持つことができれば、あなたの未来はきっと大きく変わっていくはずです。

▶︎ プロフィール

田村彩乃
ITコンサルタントとして7年間システム提案に携わった後、フリーライターとして独立。IT、マーケティングに関するコラムを中心として、人材、ECなどにまつわる記事をWebをはじめとした多くのメディアで執筆。趣味は旅に出ること。

最新コラム記事

GroWomen Leadersとは

リーダーとして活躍中、これからリーダーに成長していきたい、自分の未来を模索中…"GroWomen Leaders(グロウメン リーダーズ)"は、そんな女性たちに向けた情報発信Webメディアです。"理想の自分探し"から"そこへ向かっての成長"まで、あなたのお手伝いができますと幸いです。