女性の転職理由で多いのは?|求人・転職エージェント

女性の転職

専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

女性の転職理由で
多いのは?

女性向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

働く女性はどんな理由で転職を考えているのでしょうか。女性の転職理由は、キャリアを優先するか、ワークライフバランスを重視するか、人生においての仕事の捉え方やライフステージによっても変わってきます。

転職でステップアップを図るポジティブな理由

女性の転職理由は、「他の仕事に就きたい」や「やりがいがない」、「仕事の幅を広げたい」といったように、専門性の高い仕事や営業職など数字として評価される仕事に就きたいといった理由が目立ちます。「能力を生かせない」、あるいは、「スキルアップを図るため」という理由も、仕事で向上していきたいという意欲の表れと捉えられるでしょう。女性が結婚や出産を経て生涯働くことが一般化していく中、仕事に重点を置いて働き続ける環境を求める女性が増えているようです。
一方で、「給料や昇給に不満がある」という理由で転職を考える方もいます。勤務先の給与水準の問題であるケースと、女性が男性と同等に昇給していかないケースの双方があるとみられます。

ワークライフバランスの重視には家庭環境も影響

一方、ワークライフバランスを重視したいことを挙げる方もいます。「残業時間が多い、休日が少ない」という理由も、女性の転職理由で多いです。共働きの夫婦では、育児や介護によって家庭環境が変化したときに、女性が働き方を調整するケースが多いことも要因に挙げられます。これまで残業や休日出勤を引き受けていた方の場合でも、子育てをしながらも無理なく働ける環境を得たいと考える方も多くみられます。
転職の際には「残業が多い」ことを単に伝えただけでは、ネガティブな印象になりがちです。効率よく働きたいといったように、働く意欲を示せるような転職理由としましょう。

「人間関係の問題」は男女ともにみられる転職理由

「職場の人間関係が悪い」という理由は、男性でもみられるものです。上司のパワハラが原因であるケースや同僚との折り合いが悪いケースがあります。転職に際しては、同じことの繰り返しとならないように、面接の際に社内の雰囲気を観察するとともに、気になる点は採用担当者に質問しましょう。

ただし、転職理由の中でも人間関係が原因の場合には、採用してもすぐに辞めてしまうのではないか、危惧されやすいです。組織への適応力の低さを問題視されることもあります。転職活動ではできる限りポジティブな理由とすることが大切です。

まとめ

転職理由は、ネガティブだった場合にその理由を言葉通りそのままいうと、採用担当者に敬遠されがちです。転職の理由は本音を上手に汲み入れながら、働く意欲が感じられること、ステップアップを目指していることが伝わる内容としましょう。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

 関連ページ

女性の転職理由で多いのは?ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。