【例文付き】転職成功につながる法人営業職の志望動機の書き方とは?|求人・転職エージェント

営業職のノウハウ

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

転職成功につながる
法人営業のための志望動機

営業職向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

営業職の中で、企業を対象に取引きを行うのが「法人営業」です。法人営業への転職を目指す場合には、個人を対象に営業を行う「個人営業」とは異なるスキルや経験が求められます。

ここでは、法人営業職への転職を目指す人に向け、仕事内容から求められるスキルや能力、志望動機の書き方まで、具体的な例文と併せてご紹介します。

法人営業ってどんな仕事?

法人営業は企業間ビジネスであり、法人営業の担当者は、いわば会社を代表する立場にあります。

そのため、単純に商品やサービスを売ってビジネスが完結するのではなく、クライアントの企業や業界について学び、ニーズや経営戦略を踏まえた上で提案型営業を展開する「エージェント的な役割」があることが特徴です。

法人営業の仕事内容とは?

法人営業の仕事は、大きく分けて「新規開拓営業」と「ルート営業」の2つに分類できます。

<新規開拓営業>

新規開拓営業は、それまで取引きのなかった企業に向けてアプローチし、企画の提案や商品、サービスの説明を行い、新規顧客になってもらう営業活動です。

<ルート営業>

ルート営業とは、すでに取引きのあるクライアントを巡回して、販売した商品やサービスに対するアフターフォロー、また、新たな提案を行い、新規の取引きを行うのが主な業務内容です。

いくつものクライアントを抱えて巡回するスタイルと、大きな取引きのある企業1社専属で、毎日のように訪問して徹底的にフォローを行うスタイルがあります。

法人営業と個人営業で扱う商品やサービスの違い

個人営業で扱うのは、実際にふれることができる有形商材の割合が高いですが、法人営業では有形商材だけでなく、コンサルティングや広告などの目に見えない無形商材を取り扱うことが多くなります。また、同じ分野の商材を販売した場合でも、個人営業と法人営業では取り扱う対象物に違いがあります。

たとえば、不動産営業の場合、個人営業では住宅1棟を販売しますが、法人営業の場合には大型の商業施設や商業地の販売など、扱うスケールが大きくなります。

法人営業は取り扱う額が大きく、扱う商品やサービスの範囲が広いため、営業が成功して契約に至ったときに得られる達成感は格別といわれています。

法人営業の仕事で求められるスキル

法人営業は、会社の代表として取引先の法人と向き合うため、次のようなスキルが求められます。

  • 正しいビジネスマナー
  • 高いコミュニケーション能力、ヒアリング能力
  • 資料作成のための、WordやExcel、PowerPointといったビジネスソフトの基本操作能力
  • 課題発見力
  • 論理的に考え、わかりやすくプレゼンテーションをする能力

法人営業で大切となるのは、取引先企業が抱えている課題を見つけ、それに対して自社の製品やサービスが問題解決に向けてどのように寄与できるのかをプレゼンテーションして相手を納得させる力です。いわゆる単純なセールストークがうまいだけでは、大きなアピールにはつながりません。

法人営業の志望動機の書き方

法人営業に限らず、転職の際に書く志望動機には、いかに自分がこの会社で働きたいかという意欲と、それにふさわしい能力や経験があるというアピールが必要となります。

そのために、志望動機を書く前には、次の点について事前にしっかり準備しておきましょう。

<志望動機を書く前に準備しておくこと>

  • 応募する企業の業界研究をし、どうしてその業種、会社でなくてはいけないかを明確にする
  • 自分のキャリアの棚卸をして、アピールできる経験や資格を洗い出しておく
  • 自分がどのように企業に貢献できるのかを、できるだけエピソードを交えて具体的に表現する

志望動機は面接でも質問されることが多くあります。そのため、書類審査だけでなく、その先にある面接を見据えた準備が大切です。

また、採用担当者は、審査のために数多くの書類に目を通します。その中で強い印象を残すために、なるべく簡潔で、主張すべきアピールポイントが明確な書き方を心掛けてください。

悪い志望動機の例

志望動機を書く際には、前向きな姿勢とやる気が読み取れるような書き方をする必要があります。そのため、相手にネガティブな印象を与える書き方は避けましょう。

特に、次のような要素を志望動機に書くことは良くありませんので注意してください。

  • 参考文例をそのままコピーしたような漠然とした志望動機
  • 不自然なまでに応募企業をほめ称える内容
  • 給与の高さや福利厚生の充実ぶりのみに着目して応募したととられる内容
  • 過剰な印象を与える自己アピール
  • 志望動機が「自宅から職場が近い」といった安易なもの
  • きっかけがあればすぐに退職すると思わせるような内容
  • 前職の退職理由をネガティブに書いたもの

志望動機を書いたら、すぐに退職しそうな人、協調性に欠けそうな人、志望理由が漠然としているといった印象を与える内容になっていないか、何度も読み返してチェックしましょう。

【ケース別】志望動機の書き方例文

志望動機は、これまで同じ業界だったか、営業の経験があるかどうかなど、求職者ごとに書き方は変わります。ここでは、いくつかのケースに分けて、志望動機の例文をご紹介します。

※以下で紹介する書き方例文は、あくまでも一例です。あなたにとって最適な志望動機は、転職エージェントと相談して考えるのが良いでしょう。無料の転職相談はこちらから!

ケース1.未経験からの応募の場合
「アパレル販売スタッフ」から「法人営業職」

大学を卒業後、4年間デパートのアパレル販売スタッフとして働いていました。主な客層は50代以上でしたが、この年代ならこの服装という固定観念を捨てて仕入れに工夫を加えた結果、2017年には◯◯万円と年間売上第2位の成績を収めることができました。

今後は個人から法人へとセールスの対象は変わりますが、これまで培ってきたコミュニケーションスキルや企画力、プレゼンテーション能力を活かして、少しでも貴社のお役に立てればと考えています。

<ここがポイント>

これまでどのような仕事を手掛け、どのような成果を出したのかをわかりやすく相手に伝え、さらにそのスキルが法人営業というフィールドでも活かせる点をアピールすることで、相手にやる気を印象付けるような書き方にしています。

ケース2.営業経験があり他業種から応募の場合
「広告営業」から「不動産営業」

前職では6年間にわたって求人広告の営業に携わり、3年前からはチームリーダーとしてマネジメントも経験しています。

昨年はこのチームで売上目標180%を達成し、また、個人としても契約件数目標210%を達成。全営業社員中1位の成績を収めました。

近年、子供が生まれ、子育て環境についてよく考えるようになりました。そこで、今後はデベロッパーの不動産営業として、街づくりから関わっていきたいと考えております。

これまで築いてきた経験を活かして、貴社のスケールの大きい開発事業に貢献できればと思い、応募させていただきました。

<ここがポイント>

実績を具体的な数字を挙げてアピールするとともに、どうしてこの会社でなければいけないのかを端的にまとめることで、相手に伝わりやすい内容にしています。

志望動機を作る際はマイナビエージェントをご利用ください

ここまでご紹介したように、志望動機を書くためには業界研究や企業研究、そして自分のキャリアの棚卸と、やるべきことがたくさんあります。

マイナビエージェントでは、業界事業に精通した専任のキャリアアドバイザーが、豊富な経験を基に内定が取れる書類づくりの方法をアドバイスします。転職の際にはぜひ、マイナビエージェントの転職支援サービスをご利用ください。

 関連ページ

女性のための転職特集ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。