自動車メーカーの営業とディーラーの営業の違いとやりがいについて|求人・転職エージェント

営業職のノウハウ

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

自動車メーカーの営業と
ディーラーの営業はどう違う?
やりがいと転職のポイントについて

営業職向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

自動車メーカーの営業とディーラーの仕事内容はまったく異なるもので、それぞれに魅力ややりがいが存在します。ここでは、自動車メーカーの営業とディーラーの営業の仕事内容とやりがい、そして転職のポイントを紹介します。

自動車メーカーの営業とディーラーの営業、それぞれの仕事内容は?

自動車メーカーの営業とディーラーの営業は、それぞれ役割が異なります。街中で見かける車の販売店はディーラーで、自動車メーカーと専属代理店契約を結んだ上で、一般消費者に向けて小売販売をしています。自動車メーカー自体には、個人向けの小売り部門はありません。

そのため、大まかに分類すると、個人向けの自動車販売はディーラーの営業が、企業や官公庁などの法人向け自動車販売は自動車メーカーの営業が行います。

自動車メーカーの営業の仕事内容

自動車メーカーの営業は、どのような仕事を行っているのでしょうか。その仕事内容を詳しく見ていきましょう。

  • ディーラーへの営業支援

    自動車メーカーの営業の仕事として、ディーラーへの営業支援が挙げられます。販売する車の特徴などを、競合他社の類似車種と比較しながらまとめ、ディーラーが接客販売する際の参考資料として提供します。

    このような営業支援を行うことによって、異なる系列のディーラーでも、販売車種について同じ内容でしっかりとした説明をすることができるようになります。また、ディーラーの営業販売数字の管理の他、店舗ディスプレイ、キャンペーン・イベントの企画などもディーラーと協力して行います。

  • 大口顧客である企業や官公庁向け営業

    企業や官公庁向けの営業など、一般消費者以外に向けた営業は、自動車メーカーの営業の仕事です。公用車や社用車などは、一度の取引台数が多いため入札などを行います。

ディーラーの営業の仕事内容

ディーラーの仕事内容にはどのようなものがあるのでしょうか。具体的に解説します。

  • 一般顧客向けの営業

    ディーラーの営業の主な仕事は、個人顧客向けの営業活動になります。ディーラーにとって、自動車の販売が大事であることはもちろんですが、点検や整備でもディーラーを利用してもらうことで利益につながります。このため、販売後のアフターフォローも重要となります。

    また、契約締結後は、自動車登録申請の手続きや自動車保険加入手続きなどの事務作業も発生します。ディーラーの営業は、1年以上商談してやっと契約につながるといったケースも多いようです。基本的には顧客担当制のため、顧客一人ひとりとしっかりと信頼関係を築いていくことが求められます。

  • イベントの企画運営

    ディーラーの営業にとって、週末に開催される店舗イベントの企画運営も重要な仕事です。新規顧客の来店や既存客との関係づくりのためにイベントを開催し、コミュニケーションを深めることで営業活動につなげていきます。

    四半期イベントやオープンイベント、新車展示会など、様々なイベントが開催されており、その企画や運営を担当します。また、イベント当日はアンケートを回収したり、ノベルティグッズを配布したりするケースもあります。

自動車業界での営業のやりがい

自動車メーカーの営業にもディーラーの営業にも共通するやりがいとして、自分が販売した車でお客様の生活が便利になったり、楽しくなったりすることが挙げられるでしょう。顧客のライフスタイルやニーズに合わせた車種を提案し、喜んでもらえるというのは大きな喜びにつながります。

  • 自動車メーカーの営業のやりがい

    自動車メーカーは一般的に大手企業が多く、福利厚生が充実して年収が高い傾向があります。また、自社の生産する自動車に、プライドを持って働くことができるのも大きなやりがいです。自動車メーカーの営業は、自動車が好きな人にとっては特にやりがいを感じる仕事でしょう。

  • ディーラーの営業のやりがい

    ディーラーの営業は顧客担当制といい、一度担当したお客様とずっとお付き合いをします。信頼関係が深まると、新車に乗り換えるときも依頼を受けたり、別のお客様を紹介してもらったりすることもあるため、やりがいを感じられるでしょう。

    また、ディーラーの営業は、車の販売数に応じてインセンティブが発生します。そのため、がんばった分だけ稼げるという、収入面でのやりがいも大きいのです。

自動車業界の営業に転職するには

自動車業界の営業に転職するには、どのような資格が必要なのでしょうか。転職で有利になる経験や知識についてまとめました。

運転免許証は取得しておく

自動車業界の営業に転職する際、特別な資格が求められることは基本的にありませんが、運転免許証は所有しておくべきといえるでしょう。試乗のサポートや顧客の車を引き取りに行く際などに、車を運転する必要があるためです。

なお、免許証はAT限定でも問題ないケースもあるようですが、マニュアルにも対応していることが望ましいです。

自動車に関する基本的な知識を身に付けておく

自動車業界の営業は、当然のことですが自動車に関する知識を深めておく必要があります。メーカーの営業もディーラーの営業も、顧客は自動車のプロとして見ているため、基本的な知識が欠けていると信頼を得ることができません。元々、自動車に興味がある人にはおすすめの仕事といえます。

営業経験や接客・販売経験をアピールする

自動車業界の営業は、コミュニケーションスキルも重要です。顧客のニーズを聞き出して適切な車種を提案することが求められるため、営業経験や接客・販売経験は転職でも有利に働きます。

自動車メーカーの営業もディーラーの営業もやりがいのある仕事

自動車メーカーの営業とディーラーの営業は、それぞれ役割は異なりますが、どちらもやりがいの大きな仕事です。
自動車に興味のある人や、営業スキルを活かしてキャリアアップを図りたい人は、自動車業界の営業への転職を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 関連ページ

女性のための転職特集ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。