自己PRの書き方|求人・転職エージェント

職務経歴書の書き方

採用担当者に「会ってみたい」と思わせる職務経歴書の書き方をご紹介

自己PRの書き方

職務経歴書の書き方 お役立ちコンテンツ

フリースタイルの職務経歴書では、自己PRに何をどれだけ書くかは自分次第です。しかし、目的もなく書いてしまっては読んでもらえません。自己PRを書くときに意識して書くことで相手に伝わる大事なポイントがあります。「過去やってきたこと」、「今できること」、「これからやりたいこと」の3つのポイントを軸にして書いていくことで採用担当者が会ってみたいと思うような自己PRを作成することができます

自己PRを書き出す前に棚卸し

書類選考の時点でこの人に会ってみたいと思わせるために、採用担当者の興味を引く自己PRを書かなくてはいけません。ただ、自分のどこをPRするかを客観的に判断することは難しく、独りよがりな主張になってしまう危険性があります。そこで、自己PRを書き出す前に、これまでの仕事を振り返って、具体的なエピソードや数値的な成果、人との関係性など詳細に書き出す作業を最初に行うことが必要です。この作業を行うことで、自分の専門性やスキルが過去の実績から証明できる客観的な事実となります。

そして改めて応募する企業でやりたいことや実現したいことを考えていきます。「過去やってきたこと」と「いまできること」をはっきりとさせたことで、「これからやりたいこと」が自然に浮かび上がってくるでしょう。3つのポイントがぶれずに一つの軸となることで、応募先への志望動機にも信憑性が生まれるのです。過去の根拠を抜きにして、やりたいこと、できることを主観的に熱い思いでアピールしても空回りしてしまいます。

未経験職種の場合の自己PRの書き方

転職する先が同業種や同職種であれば、過去の経験を時系列で話していったときに実績として評価してもらいやすくなります。志望動機も一つの軸として伝えられるので説得力も出てきます。しかし、経験のない業種・職種に転職をするケースでは、過去の経歴をそのまま書いてもPRになりづらいです。過去の仕事がこれからの仕事にどう役立つかを、工夫して伝えなくてはいけません。そこで、棚卸ししたエピソードのなかでも、人並み以上に頑張った経験やコミュニケーション力が仕事に生きた経験など、普遍的な仕事の能力をアピールしてポテンシャルを感じてもらうように心がけます。ただし、注意するべきことは、抽象的な話しになりやすいので、自分が企業でやりたいことと企業のニーズを汲み取ってPR内容を組み立てていきます。

最後に、自己PRはどうしても視野が狭くなりがちなので、必ず第三者の目で確認してもらい、全体を見られる人からの俯瞰した意見を聞いてみましょう。その際には、業種・職種別に豊富な専門知識を持つマイナビエージェントのキャリアアドバイザーに見てもらうことをおすすめいたします。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

 関連ページ

自己PRの書き方ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。