工程管理とは?仕事内容や役立つ資格・スキルを紹介|求人・転職エージェント

ものづくりメーカーの転職

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

効率的な工場生産を
管理する工程管理とは?
役立つ資格について

メーカー向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

工程管理とは、工場で製品を生産するとき、最も効率的になるように労働力・機械設備・材料・作業手順などを管理することをいいます。

ここでは、工程管理の仕事内容や、役立つ資格の取得方法についてご紹介します。

製造業の工場生産には欠かせない工程管理の仕事

メーカーなどが工場で製品を生産する際、一定の品質、数量、コストの製品を、決められた納期までに生産できるようにするためには、原料や設備、従業員を確保・管理し、生産現場をスムーズに回していく必要があります。

工程管理は、生産工場において最も低コストで最も効率的な生産ができるように、生産性を高める仕事です。

「工程管理」と「生産管理」の違い

「工程管理」と「生産管理」は、どちらも製品の生産プロセスを管理する仕事ですが、その管理対象とする範囲が異なります。

生産管理は、自社の原料や設備、従業員をもとに生産計画を立て、製品企画、原料調達、製造、出荷に至る全生産工程を管理することが役割です。

工程管理は、生産管理の中でも、特に品質と納期を確保するために生産工程を管理します。

工程管理の「生産計画」と「生産統制」

工程管理は、「生産計画」と「生産統制」の2つの部分に分けて考えることができます。

  • 生産計画

    製品を「いつ」「どのように」生産するかを決めます。作業の順序、方法、かかる時間、使う機械、作業場所などを策定し、必要な人員と機械を計算します。

  • 生産統制

    必要な労働力・機械設備・材料を用意し、作業手順を決め、日々の進捗をチェックして目標の日数に間に合わせるための調整を行います。

工程管理の仕事はPDCAサイクルで進む

工程管理の仕事は「PDCAサイクル」で進みます。PDCAサイクルは、Plan(計画)、Do(実施)、Check(評価)、Action(対策)の頭文字を取ったものです。

実際の工程管理には、複雑なプロセスが関わってきますが、迷うことがあれば基本のPDCAサイクルに立ち戻って考えます。

工程管理に役立つインダストリアル・エンジニアリング

「インダストリアル・エンジニアリング」とは工程管理のコンサルティングなどに利用される手法です。
工場の生産性を高めるために、方法工学と呼ばれる改革手法を利用します。

まずは原価や作業時間の理想的な目標を立て、作業測定によって目標と現実の差を数値として把握し、「動作経済」「リーン生産」「KAIZEN」などと呼ばれる改革手法を利用して、目標と現場の数値の差を縮めていくというものです。

工程管理の就職先やキャリアアップは?

工程管理の担当者は、どのような業界で活躍しているのでしょうか?キャリアアップについても確認しましょう。

工程管理の就職先

工程管理の就職先は、工場を持つ製造業全般です。規模の大小はあれど、工程管理を必要とする企業は多いため、様々な現場で自分のスキルを活かすことができるでしょう。

工程管理担当者のキャリアアップ

工程管理にソフトウェアなどを利用する企業も増えており、こういったツールも使いこなせるとより大きな現場を任される可能性が高くなります。

工程管理は、日本の名だたるメーカーがノウハウを蓄積してきた分野でもあり、「オペレーション・マネジメント」と呼ばれるコンサルティングの分野も存在します。工程管理を必要とする企業は多くありますので、コンサルタントへの転身も考えることも可能です。

女性のための転職特集ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。