人間関係が原因で仕事を辞める前に考えたいこと・すべきことは?|求人・転職エージェント

転職成功ノウハウ

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

人間関係が原因で仕事を辞める前に考えたいこと・すべきことは?

転職ノウハウ
最終更新日:2019/02/28

16.jpg職場の人間関係の悪さは、仕事が嫌になる理由の代表格です。人との関わりは毎日のことですから、ストレスも大きく、「もう仕事を辞めたい」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その気持ちはとても自然なものですが、先のことを十分に考えないままに辞めてしまうと、後悔することもありえます。ここでは、仕事上の人間関係に悩んでいるときの対処法として、辞める前にできること、すべきことについてご紹介します。

「仕事を辞めたい」と思っても、すぐには実行しないほうが良い4つの理由

職場の人間関係が悪いと、毎日出勤することが憂鬱になり、すぐにでも仕事を辞めたくなります。

ただ、ストレスが溜まって、普段の生活に影響が出ているという緊急の場合を除き、早々に辞めてしまうことはおすすめできません。その理由は、次のようなものです。

理由1. 転職だけが唯一の解決方法ではない

一人で考えているときは「もう辞めるしかない」と思えても、人に相談すれば、思いがけないアドバイスを聞けることもありますし、友人に悩みを聞いてもらうことで、またがんばろうと思える場合もあります。

まずは、信頼の置ける家族や友人などに相談してみるのがおすすめです。

理由2. 完璧な職場はない

企業は大勢の集まりである以上、人間関係の問題が一切ない職場というものは存在しません。たとえ転職しても、転職先に理想的な人間関係が築けるという保証はありません。

理由3. 次の職場でも同じようなことになる可能性がある

職場の人間関係が悪くなる原因には様々なものがあり、誰か一人だけの責任ということはあまりありません。自分にも原因となる要素があったなら、転職しても、また同じようなことが繰り返される可能性があります。

理由4. 辞めることによる金銭・将来への不安

転職先を決めずに仕事を辞め、収入が途絶えてしまうと、金銭の不安を感じることは避けられません。また、ビジョンを持たないまま辞めてしまうと、将来への不安も大きくなります。

辞める前にすべきこと

すぐに会社を辞めてしまうことには、多くのリスクがあります。

辞めるかどうかを決める前に、一度「本当に転職だけが唯一の解決策なのか」「転職すれば現在の問題が解決するのか」の2点について、しっかり考えてみることがおすすめです。

そこでまずやってみたいのが、人間関係の中でも、特に何が問題なのかを分析することです。自分の行動を変えることで現状が変わる余地があるのか、それとも個人の力で解決できる範囲を超えているのかによって、その対処法は変わってくるからです。

自分の行動で現状が変わる余地がある場合

たとえば、職場にどうしても合わない人がいる場合、上司に相談したり、友達や先輩に愚痴を聞いてもらったりして、ストレスを発散させるのはひとつの方法です。挨拶もせずに無視する人に悩まされているようなら、こちらから積極的に挨拶することで、関係の改善を図れるかもしれません。

また、「職場は仕事をする場所」と割り切って考えるのもひとつの手です。無理に良好な人間関係を築こうするのをやめて、気にせず自分の業務に打ち込むことで、ストレスを軽減できる場合があります。

自分が行動したり、考え方を変えたりすることで、人間関係の改善やストレス解消が見込めるなら、まずは試してみましょう。

個人の力で解決できる範囲を超えている場合

パワハラやセクハラ、いじめなどが横行していたり、職場全体の雰囲気が悪すぎたりと、個人の努力で解決できる範囲を超えている場合は、人事部や社内カウンセラーなどの第三者に相談して、異動願を出したり、会社に対応を求めることが考えられます。

それでも改善が見込めない場合は、転職を視野に入れると良いでしょう。

なお、一人で考えても問題の原因がわからない場合は、誰かに相談して意見を聞くことがおすすめです。第三者に客観的な意見を求めたい場合は、転職エージェントを利用するのも良いでしょう。

>マイナビエージェントを活用して、転職相談をしよう!

職場で良い人間関係を築くための4つの行動

仕事の人間関係は、職場にいる人たちみんなで築くものです。誰かががんばったからといって劇的に変化することはありませんが、それでも良い人間関係を築いていくために、個人ができることはあります。

今の職場の人間関係を改善したいとき、転職先で良い人間関係を築いていきたいときは、次のようなことを実践してみてください。

1. 挨拶を大切にする

出社時の「おはようございます」や退社時の「お疲れさまです」などの挨拶は、小さなことに思えますが、人間関係を築く上でとても重要なことです。

はっきりと大きな声で、相手の目を見て笑顔で挨拶することを心掛けましょう。

2. 感謝の気持ちを伝える

何かしてもらったら、小さなことでも感謝を伝えることを忘れずにしましょう。当たり前のことに感じられますが、意識して行うことで、今以上に人間関係を円滑化させることができるかもしれません。

3. 素直に謝る

自分のミスで相手に迷惑をかけたときは、自分の非を認めて謝ることも大切です。何か理由があって言い訳をしたくなっても、まずは素直に謝りましょう。

4. きちんと仕事をする

責任を持って、自らの仕事をきちんとこなすことは、上司や同僚からの信頼につながります。

辞めようと考える前に、ほかの解決方法を検討することが大切

仕事を辞めることは、人間関係の問題を解決する唯一の方法ではありません。この記事でご紹介してきたように、できることはいろいろとあります。

辞めると決断をする前に、落ち着いて考えてみて、できることを試してみてください。それでも改善できなければ、転職を視野に入れても良いでしょう。

人間関係が原因で仕事を辞める前に考えたいこと・すべきことは?に関するコラムページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。