企業が転職希望者に求めるスキルとは?【業界・職種別】|求人・転職エージェント

転職成功ノウハウ

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

企業が転職希望者に求めるスキルとは?【業界・職種別】

転職ノウハウ
最終更新日:2018/12/14

key_column_age.jpg転職希望者に「こんな会社で働きたい」という理想があるのと同様に、採用する企業側にも「こんな人材が欲しい」という希望があります。転職を成功させるには、その企業に合った自分のスキルをアピールすることが大切です。

ここでは、業界や職種によって異なる「企業が求める人材とスキル」と、比較的高いスキルが求められやすい30代以上の転職者が未経験の業種にチャレンジする際のコツをご紹介します。

企業が中途採用を行う理由

多くの企業が行っている中途採用。企業が中途採用を行う理由としては、主に次のようなことが挙げられます。

企業が中途採用を行う主な理由

  • プロジェクトに欠員ができた
  • 新しい事業を立ち上げたいが、社内に適任者がいない

中途採用は明確な目的を持って行うので、即戦力となりうる人材を求めている場合がほとんどですが、経験者しか採用しないかといえば、必ずしもそうとは言い切れません。

採用に至ったケースには、経験自体は浅いものの、「人柄が良かった」「アイディア・発想が斬新だった」といった点を評価されたものもあります。

いくら仕事ができても、周囲とのコミュニケーションがうまくとれず、社内やチームの雰囲気が悪くなってしまう人材であれば、企業側は採用しません。経験や能力ももちろん大切ですが、人間性を重視して採用を行っている企業もあります。

業種別「うちの会社が欲しいのはこんな人」

求人や採用の状況を見ていくと、業種ごとに求められる人材の特徴が明らかになりました。

まず、どんな業種においても共通して求められるのは「積極性」です。これは、与えられた仕事をするだけではなく、組織やチームの目標を達成するために何をすべきか、自分で考えて実行に移せる積極性が求められているからと考えられます。

また、中途採用者には「即戦力」であることも求められます。そのため、転職先を選ぶ際は、これまでにやってきた仕事がその会社でどれくらい役立つか、貢献できるかを考えた選択をすると、転職が成功する確率が高まるといえます。

この他、新しい職場や業務に対する「柔軟性」や、グローバルな業務展開や他領域との融合といった点における「外向性」も求められることが多い要素です。ここではさらに、業種別の「求められる人材の特徴」をご紹介します。

販売・サービス系、事務系

お客様を相手にすることが多い「販売・サービス」や、社内でもサポート的な役割を果たすことが多い「事務」で求められるのは「配慮」と「サービス精神」です。相手の要望を瞬時に察知し、期待以上のものを提供できる人が重宝されるといえるでしょう。

営業系

社内、社外を問わず、多くの人と接しながら仕事をする機会の多い営業は、強い「積極性」と「外向性」が求められます。どんな業種にも求められることとして前述しましたが、営業ではこの2つの要素が強く求められます。

金融系、コンサルタント系

投資運用業務の多い金融系や、専門職種のコンサルタントでは、「緻密性」「機敏性」を求められる傾向があります。これらの職種は顧客の利益に関わる業務が多く、正確さとスピードが勝負となってくるためです。

クリエイティブ系

クリエイティブ系の職種では、自由な発想で創造する「企画発想力」はもちろん、クライアントの意向に対応する「柔軟性」が求められる傾向があります。

30代以上が未経験分野へ転職するコツ

多くの企業が、30代以上の応募者に知見やスキルを求める傾向があります。

ですから、その年齢層で転職をする場合は、その業界や職種の経験があるに越したことはありません。それでは、もし30代以上の人が未経験分野に転職したいと思ったときは、どうすればいいのでしょうか。

30代以上であることでの強みをアピールする

未経験の転職希望者に対して企業側がまず思うのは、「この人にこの仕事が務まるのかどうか」です。そんなときは、これまでの仕事で培ってきた社会人としての経験をアピールしてみましょう。

初めての転職であれば、長く一社で勤めた「粘り強さ」を。チームリーダーとして活躍してきた場合は、「リーダーシップ」や、困難な課題や状況にどう対処したかといった「マネジメント能力」をアピールし、勝負するのも手です。

年齢の若い層で構成されたベンチャー企業を狙う

年齢の若い代表が率いるベンチャー企業などでは、顧客の年齢層拡大を狙って上の世代の人材を求めているケースも多いです。その場合は、業務そのものの経験よりも社会人としての経験を求められる場合があるので狙い目です。

企業側に「採用したい」と思わせるアピールの仕方

転職活動においてポイントとなるのは、採用する側に「この人にうちの会社で働いてもらいたい」「この人と一緒に仕事をしたい」と思わせることです。そのためにも、企業のニーズに合わせて自分のアピールポイントを整理しておきましょう。

もしも自分のアピールポイントがわからない、またはどのように表現したらいいのかわからないというときは、マイナビエージェントにご相談ください。各種業界に詳しいキャリアアドバイザーが、あなたのアピールポイントを明らかにします。

また、マイナビエージェントでは、ここで紹介した「業種別の求められる人材の特徴」以上に、その企業が求める人材についてご紹介することが可能です。あなたが入社したい企業に欲しいと思ってもらえる書類の作成や面接対策についてもサポートいたします。

転職活動の自己PRポイントと企業の気になる採用基準とはに関するコラムページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。