知っておきたい転職活動で気を付けるべき注意点とは?|求人・転職エージェント

転職成功ノウハウ

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

知っておきたい転職活動で気を付けるべき注意点とは?

転職ノウハウ
最終更新日:2019/04/23

key_column_important_point.jpg

知っておきたい転職活動で気を付けるべき注意点とは?

転職したにもかかわらず、「転職しなければ良かった」「もう一度転職したい」と入社後に後悔してしまう人がいます。そのようなことにならないためにも、転職活動を行う際の注意点を知っておきましょう。

注意点を理解しておくことで、転職失敗を事前に回避できることはもちろん、内定獲得率を上げることも可能です。

転職活動には誰にでも共通する注意点がある

転職活動の流れは、大きく「情報収集」「応募(書類選考)」「面接」「内定」の4つのステップに分けられます。

業界や職種、転職希望者のキャリアによって、情報収集をする内容、応募書類に書く内容は異なりますが、誰にでも共通する注意点があります。その注意点を、転職活動の4つのステップに分けてご紹介します。

情報収集

転職活動で最初に行うのが、応募したい企業を探す「情報収集」です。ここでの注意点は、「企業をしっかり分析すること」になります。分析を怠ると、「こんな企業とは思わなかった」「やりたい仕事ではなかった」「この仕事量や内容に対し、この賃金では割に合わない」など、後悔してしまうことになりかねません。

その最たる例がブラック企業です。ブラック企業は長時間労働を強いる傾向があるため、再度転職したいと思っても「転職活動をする時間がない」「転職活動をする心理的余裕がない」という事態になりかねません。

しっかり企業を分析すれば、その企業の将来性(今後の成長・拡大)を見極めることができるでしょう。成長著しい企業だとわかれば、新たな事業の拡大により、管理職や重要なポストに就ける可能性があります。

また、起業したばかりの企業でも、製品やサービスを新たに生み出しているのなら今後の成長が望めますし、まだ社員が少ないため、今後の幹部候補として迎えられることも考えられます。

興味を持った企業について詳しく分析すれば、自分が望む仕事ができるのか、自分が望むキャリアアップができるのか、自ずと見えてきます。企業のウェブサイトや会社四季報などの企業研究本、転職エージェントなどを活用し、しっかり情報収集をしてください。

応募(書類選考)

情報収集が終わったら、次に行うのが応募書類の作成です。応募の際には、「しっかりと自己を分析すること」が重要です。

自己分析を怠ると、履歴書に記入する志望動機に説得力がなかったり、職務経歴書の中でこれまで培った強みを伝えられなかったりして、書類選考を通過するのが難しくなってしまいます。

しっかりと自己のスキルや経験、キャリアなどを振り返り、分析してください。そうすれば、履歴書や職務経歴書、そして面接の場で、自分という人間を応募先企業に存分にアピールすることができるようになるでしょう。

また、応募先の企業がどのような回答を求めているのかを考慮して、書類を作成することも重要です。職務経歴書では自己PRを記載しますが、企業が求めている人材とマッチしていなければ、書類選考で通りにくくなったり、面接で落とされやすくなったりします。

応募先企業に響く自己PRにするためには、次の流れを意識して書くようにしましょう。

1.自己PRのタイトル(テーマ)
2.経験した仕事内容
3.その仕事から得た成果
4.その仕事で培った強み
5.その強みを活かして、応募先企業で貢献できることは何か

面接

書類審査を通過した後に待っているのが面接です。面接は、採用を左右する最も重要なポイントとなります。ここでの注意点は、「事前の準備を怠らないこと」に尽きるでしょう。

面接の場では自己紹介を行いますが、このとき面接官が見ているのは、あなたのコミュニケーション能力や全体の印象です。

そのため、簡潔にあなたの職務経歴を話せるように準備しておくことが大切です。要点をしぼらず、ダラダラとまとまりのないことを話すと、面接官が興味を失ってしまうかもしれません。

自己紹介が終わると、面接の核となる過去の職務内容の確認となります。前社を退職した理由など、様々な質問をされますが、面接官が気にしているのは、主に「あなたが会社に入って何をしてくれるのか?」「どんなスキルを持っていて、何ができる人なのか?」ということです。

つまり、自社で成果を出してくれるのかどうか、それを見極めているのです。前述した企業の分析と自己分析を活かし、自分がその企業に入ったらどのように役に立てるのかを伝えられるようにしておきましょう。

特に、中途採用の面接は、最初の面接官を現場責任者が担当することが多くなっています。現場責任者だからこそ、求める人物像は非常に明確です。事前に企業が求める人物像を調べて準備しないと、面接を通過するのは難しいでしょう。

内定

内定が出たからといって、喜んでばかりではいられません。なぜなら、求人情報に載っていた条件と、実際にあなたを処遇する条件が違うことがあるからです。内定を承諾する前に、条件をしっかり確認しましょう。必要であれば、条件面の交渉を行うことも可能です。

また、円満退社するためにも、退職時のマナーを守ることも大切です。気持ち良く送り出してもらい、心機一転して次の仕事に取り組めるように心掛けましょう。

退職時のマナーとしては、次の3点を押さえておいてください。

1.退職希望日の1~2ヵ月以上前には退職について相談する

最低でも退職1ヵ月前には、退職希望する旨を伝えておくと良いでしょう。

2.必ず直属の上司に最初に伝える

まずは、直属の上司へ退職について伝えます。仲の良い同僚に話した後に、同僚を通じて間接的に上司へ知られてしまうというのはNGです。上司と退職交渉を行い、退職希望日の1ヵ月前には退職届を提出します。

3.業務の引き継ぎや社内外への挨拶に必要な期間を考慮する

退職日を決める際は、業務の引き継ぎや社内外への挨拶を済ませる期間も考慮してください。引き継ぎの期間を十分に確保できないと、ミスが発生しやすくなってしまうため、余裕を持たせたスケジュールにしましょう。

入社までブランクができる場合は年金や健康保険の手続きにも注意!

退職日から入社日までに1日でもブランクが生じる場合は、年金や健康保険に関する手続きをしなければなりません。

ブランクがない場合は、次の会社の人事担当者や転職エージェントなどが手続きをしてくれるため、ほとんど手間はかかりません。そのため、退職日の設定に悩んだ場合は、「入社の前日を退職日にする」ことをおすすめします。

1. 年金の手続き

退職日から入社日の間にブランクがある場合、お住まいの市区町村の役所へ行き、国民年金窓口などで手続きを行います。

2. 健康保険の手続き

退職日から入社日までにブランクが生じる場合は、健康保険の手続きに関して、次のいずれかの方法を選択する必要があります。

・国民健康保険に切り替える

国民健康保険は会社員や公務員以外が加入する保険で、自治体によって保険料が異なります。

・現在の社会保険を任意継続する

任意継続は、退職後、最長2年間は継続して社会保険に加入できる制度です。継続といっても、保険料は在職中のおよそ2倍になることに注意しなければなりません。

自身の保険料負担額が少ないのは、通常、国民健康保険になります。

ただし、これまで自身の社会保険に扶養家族も加入していた場合、国民保険に切り替えると、家族の分の保険料を支払わなくてはならなくなります。その場合、任意継続を選んだほうが、保険料負担の総額は少なくなる可能性があるのです。

また、ブランクが長くなるのであれば、家族の保険の扶養に入るという選択肢もあります。しかし、扶養に入るには、年収が被保険者の年収の半分未満かつ130万円未満であることなど、いくつか条件があります。

いずれの保険にも未加入だと、医療費が全額自己負担になったり、最悪の場合は延滞金や罰金が発生したりすることがあるので注意してください。

転職失敗を避けるために転職エージェントをご利用ください

転職活動の注意点をご紹介してきましたが、全てを一人で行うのは大変な労力がかかります。

そこで、転職活動をサポートする転職エージェントのご利用をおすすめします。マイナビエージェントでは、様々な業界に詳しいキャリアアドバイザーが企業の採用担当者とやりとりし、常に最新の情報を持っています。

また、その企業が求める人物像と合致するよう、応募書類作成のアドバイスや面接シミュレーションを行うなど、転職活動のサポートもしております。

苦労して行う転職活動が失敗しないよう、ぜひマイナビエージェントにご相談ください。

知っておきたい転職活動で気を付けるべき注意点とは?に関するコラムページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。