企業名非公開 【営業職】『製品保証サービス』営業部門 ※製品保証事業で急成長企業|転職・求人はマイナビエージェント

転職エージェントのマイナビエージェント > 営業職の転職 > 営業職 > 営業職(金融・不動産・医療以外) > 法人営業 >

【営業職】『製品保証サービス』営業部門 ※製品保証事業で急成長企業

  • 更新日:2019年07月02日
  • 急 募
  • 求人No:10087138

企業名非公開

【営業職】『製品保証サービス』営業部門 ※製品保証事業で急成長企業

担当キャリアアドバイザーのレポート◆ワンストップで受託・運営する「保証事業」のパイオニア◆~ 完全週休2日制・残業10時間以内・制度改革に積極的~

年 収
※年齢、経験、能力を考慮のうえ、規定により決定
勤務地
大阪府
募集職種 法人営業,管理職・マネージャー(営業系),金融系営業(ホールセール/リテール)
雇用形態 正社員
仕事内容 【職務内容】
■同社で企画した延長保証サービスのプランを家電メーカー、ハウスメーカー、リフォーム会社、住宅設備機器メーカー、ECサイト、携帯電話販売会社等へご紹介し、導入していただきます。
提案先の9割以上が紹介や既存取引先となっているため飛び込み営業等はございません。基本的には、商社さんや銀行さんからの紹介による営業活動がメインとなります。

■資料作成、企画提案、契約からアフターフォローまで、保証サービスに関わる多彩な業務をトータルでお任せします。
また、お客様のニーズによって保証内容も千差万別ですので顧客の課題に応じたコンサルティングが可能です。

【導入事例】
ハウスメーカー様に対して延長保証サービスの導入。エアコンや給湯器等の商品に対しての延長保証となりますが、導入が決まった背景としては、将来的なリフォーム提案や買い替え需要の獲得を見込んでの導入となりました。同社の保証は数年~10年程度の期間となっており、商品によっては耐久年数を迎える辺りで保証期間満了を迎える物もあります。つまり満了を迎えるタイミングでリフォームや新規商品の買い替え提案が可能となるためエンドユーザーから新たニーズを発掘することが可能となります。本件では年間の契約料金が数千万単位となりました。
応募条件 【必要な経験・スキル】
■営業等の顧客折衝経験を1年以上お持ちの方
■パソコンを使用しての業務経験がある方or抵抗がない方

【尚可】
■法人組織の攻略や決裁者へのアプローチを実施した経験のある方
■組織としての動き方を理解している方
【求める人物像】
■ベンチャーマインドを持ち、主体的に動ける方。

【入社後について】
入社後は1ヶ月程度営業同行を予定しております。※最大3ヶ月程度
先輩社員が丁寧に教えてくれますので未経験の方でも安心して入社いただけます。
1ヶ月程度の営業同行が終了すると1社~引継ぎを行い既存営業をメインに行います。
こちらについても、入社者のレベルや許容量を考えながら引き継ぐため業務過多にならないように意識しております。将来的には1人で担当を20社程度お任せする予定ですが積極的にキャリア形成したい方にはマネージメントをお任せすることもございます。
【部署構成】
7名:男性3名・女性4名
学 歴 大卒
手 当 通勤手当
福利厚生 健康保険,労災保険,厚生年金保険,雇用保険,その他制度
休日・休暇 夏季休暇,完全週休2日制(土・日),年末年始休暇,慶弔休暇,有給休暇,祝日
就業時間 10:00~19:00

企業情報

会社概要
【業務内容】
製品保証サービス事業,コールセンター事業,保証サービス企画立案,修理インフラ構築,損害保険代理事業
上記に関するコンサルタント業務各種製品保証の運営とコンサルティングを行います。クライアントのマーケティングに合わせ製品保証サービスの設計・開発から業務フローの構築、および運営コストや修理コストのコントロールからリスクコントロールに関わる全ての業務。

【特許取得】
「保証システム・保証システムの制御方法・保証情報登録装置及び判断装置」特許第5837001 号 (PATENT NUMBER 5837001)

【事業詳細】
同社のビジネスはメーカーや販売店の代わりに保証を請け負うビジネスモデルとなっております。
具体的には、同社が損害保険会社4社とタッグを組み各メーカーや販売会社に対して延長保証を提案します。メーカーや販売会社はエンドユーザーである購入者に対して延長保証の加入提案を行います。ここで何が良いかというと、延長保証に入ることでエンドユーザーは修理や交換の依頼を同社に行うだけで一括対応が可能です。メーカーや販売会社はコールセンターを維持する必要性がなくなりコストダウンが図れること、そして延長保証が切れる際には再延長の提案か新規商品の提案が可能になるためリピート率向上に繋がります。以上の事からビジネスモデルとしてはwin-win-winのモデルとなっており顧客満足度の高い事業形態となっております。
設立
-
資本金
-
株式公開
従業員数