ITストラテジスト試験はキャリアアップにつながる?試験の出題内容は?|求人・転職エージェント

IT業界の転職

転職活動のはじめ方、応募書類の添削、面接対策、円満退社まで転職成功ノウハウを伝授

企業の経営戦略と
IT戦略を担う人材のための
ITストラテジスト試験

IT業界向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

ITストラテジスト試験に合格することで、高度なITスキルと同時に、企業の経営戦略を理解しており、IT戦略を指揮できる「高度IT人材」であることを示すことができます。

CIO(最高情報責任者)やCTO(最高技術責任者)といった、近年ニーズの高まる戦略的ITポジションを目指す人にぴったりの国家試験といえ、今後も取得者への評価は高まりそうです。

ここでは、ITストラテジスト試験の内容やITストラテジスト試験が役立つ職業、難度、受験方法などを紹介します。

ITストラテジスト試験とは?

ITストラテジスト試験は、経済産業省が認定する国家資格である「情報処理技術者試験」の試験区分のひとつで、ITストラテジストを目指す人や、IT戦略に関わる人なら取得しておきたい資格です。

ITストラテジスト試験では、事業環境分析や情報技術動向分析、システム化計画、情報システム戦略などの知識が求められ、ビジネスモデルの策定能力が問われることになります。

企業のIT化を主導できる人材であるかを試される試験のため、ITに関する知識だけでなく、経営に関する知識もしっかりと習得していなければ合格することはできません。

情報処理技術者試験の中でも、レベル4として位置付けられている難関試験で、企業からのニーズは高まっています。

ITストラテジスト試験合格が役立つケース

ITストラテジスト試験は、どのような職業への転職で有利になるのでしょうか。2つのケースでご説明します。

1.ITコンサルタントへの転身

ITストラテジスト試験は、IT戦略に関わりたい場合に役立つ資格です。特に、ITコンサルタントへの転身を目指すエンジニアが取得すれば、そのメリットは大きいでしょう。

ITストラテジストに合格していれば、経営戦略からIT知識まで幅広く身に付いていることを証明できるため、転職でも有利に働くはずです。

2.企業の情報システム部門でキャリアアップ

ITストラテジストの仕事は、情報化社会の中、企業内においてもニーズが高まっています。一般企業の情報システム部門で活躍したり、ITを活用した経営戦略の提案に役立てたりすることもできます。管理職が資格を取得することで、CIOやCTOへのキャリアアップの道が見えてくる可能性もあります。

ITストラテジスト試験の出題内容

試験は午前I・午前II・午後I・午後IIの4項目となっており、午前は4つの選択肢から1つの回答を選択する多肢選択式、午後は記述式の試験が行われます。それぞれの試験時間と出題数、回答数は以下のようになります。

  • 午前I:50分/多肢選択式/30問
  • 午前II:40分/多肢選択式/25問
  • 午後I:90分/記述式/4問中、2問を選択して回答
  • 午後II:120分/記述式/3問中、1問を選択して回答

出題範囲

ITストラテジストは企業のIT戦略を担う人材ですので、試験の出題範囲には企業のマネジメントに関する知識が問われます。また、企業の経営方針を実現するための、システム戦略立案ができるかも問われます。

  1. 業種ごとの事業特性を反映し、情報技術を活用した事業戦略の策定または支援に関すること
  2. 業種ごとの事業特性を反映した情報システム戦略と、全体システム化計画の策定に関すること
  3. 業種ごとの事業特性を反映した個別システム化構想と計画の策定に関すること
  4. 事業ごとの前提や制約を考慮した情報システム戦略の実行管理と評価に関すること
  5. 組込みシステムの企画開発計画の策定・推進に関すること

ITストラテジスト試験の難度

ITストラテジスト試験の合格難度は高いですが、具体的にどの程度難しいのか、独学でも合格できる資格なのか、詳しく見ていきましょう。

難度は高い

ITストラテジスト試験の合格率は2017年現在14.7%となっており、難度の高い試験といえます。また、合格者の平均年齢は39.5歳となっており、ある程度実務経験を積み、ITのスキルと経営的観点を養わないと合格が難しい試験といえます。

独学で合格を目指す場合は過去問演習を中心にしっかりと

ITストラテジスト試験は難度の高い試験ですが、独学での合格も不可能ではありません。

中でも対策に注力すべきなのが、記述式テストとなる午後の試験です。ITや経営の知識だけでなく、読解力や論文構成力も求められる試験になるため、過去問の演習を中心にしっかりと対策することが重要になります。

人によって異なるものの、ゼロから独学で始める場合は30時間程度、ある程度知識がある状態で勉強を始める場合でも15時間程度の学習時間が必要になるでしょう。

ITストラテジスト試験の受験方法

ITストラテジスト試験は毎年10月に実施されており、申込期限は7月初旬から8月中旬までとなっています。インターネットと願書郵送の、いずれかで申し込むことができます。試験の一部免除規定がありますので、事前にチェックしておくと良いでしょう。

受験料

5,700円(税込)

受験資格

ITストラテジスト試験には、年齢制限や受験資格はありません。

合格発表

12月下旬に合格者の受験番号が、試験を主催するIPAd(情報処理推進機構)のWebサイトに掲載され、同時に成績照会、および成績のPDFファイルが掲載されます。閲覧には受験番号とパスワードが必要です。

試験結果の通知はありませんので、自分でWebサイトを見て確認します。合格者の受験番号は後日、官報にも公示されます。

ITストラテジスト試験に合格してキャリアアップしよう

ITストラテジストは、高度な情報化社会においてITと経営の両面を理解し、IT戦略を指揮できる人材としてますます需要が高まっています。難度の高い資格ではありますが、じっくりと勉強に取り組めば独学での合格も夢ではありません。

ITをバックグラウンドに企業の経営戦略に携わる人材へキャリアアップするためにも、ITストラテジスト試験の合格を目指してみてはいかがでしょうか。

 関連ページ

女性のための転職特集ページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。