ITエンジニアに必要な今を知れる情報メディア
アフターコロナのIT業界変動を大予想!!
trend

アフターコロナのIT業界変動を大予想!!

2021.01.19

 

IT業界では経済や社会を変革する技術として、いくつかのトレンドワードが定着しつつあります。特に注目されているのは5G、AI、IoTですが、その動向にもコロナは影響しています。IT業界は今後どうなっていくのでしょうか。(Misa)

【関連記事】「未経験だけどIT業界に転職する方法! 職種や仕事内容もご紹介」

【求人特集】「システムエンジニアの転職」

IT業界の今後を左右する3つの要素

5G、AI、IoTは、三者のうちいずれか、もしくはすべてが組み合わさってイノベーションや業務の効率化を実現します。IT業界の今後を左右するトレンドワードですが、その動向にもコロナの影響が出ています。

・5Gの動向

2020年3月から通信キャリア各社は5Gの商用サービスを開始し、5G対応の機種を発表しています。しかし、5Gの契約数は当初の見込みほどには伸びていません。
コロナによってインフラ整備が遅れているなどの影響も多少はありますが、それ以上に、5G対応端末の販売による影響が大きいようです。5Gサービス開始の3月頃からニュースはコロナ一色になり、5Gが取り上げられる機会は非常に少なく、大規模なプロモーションも控えられました。さらに、緊急事態宣言によって通信キャリア各社のショップが休業もしくは時間短縮営業を余儀なくされたことが停滞の原因となりました。

・AIの動向

株式会社グローバルインフォメーションの市場調査レポート(人工知能サービスの世界市場 2020-2030年:Covid 19 による成長と変化)では、コロナの影響で人工知能(AI)の市場規模が80億円程度(前年比マイナス9.46%)縮小すると予想とされています。一方でこの影響は長くは続かず、AI市場は回復すると述べています。新型コロナの感染防止対策や業績影響の予測などでAIが積極的に活用されており、着実にAI活用のフィールドは広がっています。

・IoTの動向

コロナの感染防止対策として、無人化や対人接触を回避するためのIoT活用の事例が話題になりました。特に製造業、物流業、小売業ではIoT導入による生産性の向上やデータ活用と可視化への関心が高まっています。たとえば、コロナの影響で通販や宅配の需要増加と人手不足という課題がありますが、IoTによるWMS(倉庫管理システム)によって、在庫管理や物流を可視化することで業務効率を向上させることができます。


IT業界、今後はどうなっていくの?--5G、AI、IoTの動向にもコロナは影響

コロナ禍がもたらした影響

5G、AI、IoTは今後のIT業界において欠かせない要素ですが、コロナによって、浮き彫りとなった課題もあります。それは政府、地方公共団体のデジタル化の遅れです。

【関連記事】デジタル庁がやるべき事は何か?--行政サービスより高等教育の水準の低さが大問題

企業においても緊急事態宣言による外出自粛でテレワークが一気に加速し、その試行錯誤のなかで、紙ベースの文書や業務フローがネックとなりました。コロナ禍を機に、社内文書や業務フローのデジタル化などのデジタルトランスフォーメーションを、IT投資の優先課題として認識した企業も多いようです。

【関連記事】DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?導入する意味やメリットを徹底解説

テレワークやオンライン会議・商談の活用は、ニューノーマル(新しい日常)を実現するための手段であると同時に、コスト削減や生産性向上といった導入効果も期待できます。中長期の経営計画で予定していたIT投資の方針が変更される場合もあり、コロナはIT投資の方向性にも影響を与えたことになります。

【関連記事】新型コロナがIT業界に与える影響とは。企業のIT投資の動向は?

IT業界、今後の期待と課題

これからの経済を考えるとき、コロナの影響を外して考えることはできません。コロナは経済に深刻なダメージをもたらしましたが、変化した生活様式で新しい消費動向や需要が生まれ、成長した分野もあります。また、外出自粛の中で業態や商材を変えることなく、営業活動の工夫などで業績を伸ばした企業もあります。

あらゆる業種・業界で、ニューノーマルに対応するビジネスモデルやサービスが求められており、ITによるイノベーションがチャンスメイクの鍵となることは間違いありません。
コロナをきっかけに生活様式や社会構造の変革が始まっています。ニューノーマルに代表される“変化”によって生じた隙間を埋めつつ、より効率的なサービスを実現することがITに期待される役割です。

一時的に停滞しているようにみえる5G、AI、IoTは、今後のイノベーションの実現には不可欠な要素です。それらを活用したシステムを実現する人材の育成が求められるのではないでしょうか。

原稿:Misa

ITベンチャーで企画、人材開発、広報などを経て独立。現在はコンサルタント、ときどきライター。ライターとしては、IT系以外、アニメ・マンガ、車から美容・健康まで何でもチャレンジ中。

この記事はどうでしたか?

おすすめの記事

エンジニア向け求人特集

BACK TO TOP ∧

FOLLOW